Return to Video

04-34 Read/Write from Location Table Solution

  • 0:01 - 0:04
    これがtestLocationTableメソッドです
  • 0:04 - 0:09
    データベースを変更するため
    書き込み可能なデータベースに参照接続します
  • 0:09 - 0:12
    そしてTestUtilities内の関数を使って
  • 0:12 - 0:16
    Locationデータ用のContentValuesを作成します
  • 0:16 - 0:20
    そしてLocationテーブルに
    ContentValuesオブジェクトをインサートします
  • 0:20 - 0:24
    返されるINSERT文の値は行IDです
  • 0:24 - 0:28
    値が-1ならインサートの失敗になるため
    アサートします
  • 0:28 - 0:32
    そしてLcationテーブルにクエリを実行し
    パラメータにNULLを渡し
  • 0:32 - 0:36
    すべての行と列のデフォルトクエリを取得します
  • 0:36 - 0:40
    インサートしたレコードしかないことを
    確認したいからです
  • 0:40 - 0:42
    クエリはCursorを返し
  • 0:42 - 0:45
    最初の行に移動できない場合はアサートします
  • 0:45 - 0:50
    最後にTestUtilitiesから
    validateCurrentRecordを呼び出し
  • 0:50 - 0:52
    クエリが正しいレコードを返すことを
    バリデートします
  • 0:52 - 0:57
    validateCurrentRecordは インサートした
    ContentValuesからの値のセットを取得します
  • 0:57 - 1:01
    そしてCursor.getColumnIndexを使って
    処理を繰り返し
  • 1:01 - 1:04
    列のインデックスを名前で取得します
  • 1:05 - 1:08
    Cursorからデータを取得するには
    ColumnIndexが必要です
  • 1:08 - 1:11
    射影は必ず順番どおりに返ります
  • 1:11 - 1:15
    そのため射影を特定すればProjectionArryaからの
    インデックスを安全に使用でき
  • 1:15 - 1:18
    このような検索をする必要はありません
  • 1:18 - 1:20
    ではテストに戻りましょう
  • 1:20 - 1:24
    データベースに1行しかないのを
    moveToNextで確認し
  • 1:24 - 1:29
    Cursorとデータベースを閉じて
    リソース漏れを防ぎます
  • 1:29 - 1:31
    最後にlocationRowIdを返します
  • 1:31 - 1:34
    テストを実行してみましょう
  • 1:34 - 1:38
    パスしました
    残るテストは1つです
Title:
04-34 Read/Write from Location Table Solution
Description:

04-34 Read/Write from Location Table Solution

more » « less
Video Language:
English
Team:
Udacity
Project:
UD853 - Developing Android Apps
Duration:
01:39

Japanese subtitles

Revisions