Japanese subtitles

← 04-34 Read/Write from Location Table Solution

04-34 Read/Write from Location Table Solution

Get Embed Code
6 Languages

Showing Revision 1 created 04/26/2015 by Udacity.

  1. これがtestLocationTableメソッドです
  2. データベースを変更するため
    書き込み可能なデータベースに参照接続します
  3. そしてTestUtilities内の関数を使って
  4. Locationデータ用のContentValuesを作成します
  5. そしてLocationテーブルに
    ContentValuesオブジェクトをインサートします
  6. 返されるINSERT文の値は行IDです
  7. 値が-1ならインサートの失敗になるため
    アサートします
  8. そしてLcationテーブルにクエリを実行し
    パラメータにNULLを渡し
  9. すべての行と列のデフォルトクエリを取得します
  10. インサートしたレコードしかないことを
    確認したいからです
  11. クエリはCursorを返し
  12. 最初の行に移動できない場合はアサートします
  13. 最後にTestUtilitiesから
    validateCurrentRecordを呼び出し
  14. クエリが正しいレコードを返すことを
    バリデートします
  15. validateCurrentRecordは インサートした
    ContentValuesからの値のセットを取得します
  16. そしてCursor.getColumnIndexを使って
    処理を繰り返し
  17. 列のインデックスを名前で取得します
  18. Cursorからデータを取得するには
    ColumnIndexが必要です
  19. 射影は必ず順番どおりに返ります
  20. そのため射影を特定すればProjectionArryaからの
    インデックスを安全に使用でき
  21. このような検索をする必要はありません
  22. ではテストに戻りましょう
  23. データベースに1行しかないのを
    moveToNextで確認し
  24. Cursorとデータベースを閉じて
    リソース漏れを防ぎます
  25. 最後にlocationRowIdを返します
  26. テストを実行してみましょう
  27. パスしました
    残るテストは1つです