Return to Video

11-38 Measure Udacity

  • 0:00 - 0:04
    このUDACITY特有の小テストにおいて
  • 0:04 - 0:07
    あなたの目標は
    measure_udacity関数を定義することです
  • 0:07 - 0:10
    入力として文字列のリストを使用し
  • 0:10 - 0:15
    入力リストの要素の数値をカウントした数を出力します
  • 0:15 - 0:19
    文字Uから開始します 小文字のuでは
  • 0:19 - 0:23
    十分UDACITY特有とはいえないので
    Uは大文字を使用しなければなりません
  • 0:23 - 0:26
    例えばmeasure_udacityを評価し
  • 0:26 - 0:32
    入力として文字列Dave、Sebastian、Katyを含む
    リストを渡した場合
  • 0:32 - 0:35
    結果は残念なことにゼロになるでしょう
  • 0:35 - 0:39
    この文字列は1つも大文字のUから
    始まっていないからです
  • 0:39 - 0:43
    その代わりに文字列UmikaとUmbertoを含む
    リストを渡したら
  • 0:43 - 0:50
    2つの文字列とも大文字のUから始まっているので
    結果は2になります
  • 0:50 - 0:53
    measure_udacity関数を定義できるか
    確認してみてください
  • 0:53 - 0:56
    これがとても役立つ関数だと言い切れませんが
  • 0:56 - 1:02
    リストの要素を処理するforループの使用方法を
    理解できているかテストするにはよいでしょう
Title:
11-38 Measure Udacity
Description:

11-38 Measure Udacity

more » « less
Video Language:
English
Team:
Udacity
Project:
CS101 - Intro to Computer Science
Duration:
01:03

Japanese subtitles

Revisions