YouTube

Got a YouTube account?

New: enable viewer-created translations and captions on your YouTube channel!

Japanese subtitles

← 05-28 Edge Caching

05-28 Edge Caching

Get Embed Code
6 Languages

Showing Revision 3 created 01/13/2015 by Udacity.

  1. もう1つ知っておくとよい重要なトピックは
    エッジキャッシングです
  2. これを説明するために
  3. App Engineアプリケーションの
    情報の流れを見てみましょう
  4. まずアプリを使いたいユーザは
  5. インターネットサービスプロバイダに
    つながっています
  6. プロバイダからGoogle
    データセンタへつながります
  7. DNSルックアップがGoogleによって
    ホストされていると判断すると
  8. GoogleはApp Engineのアプリが起動する
    データセンタを突き止めます
  9. そしてApp Engineのフロントエンドと通信します
  10. 内容が動的であればフロントエンドは
  11. 要求を処理すべきインスタンスを決定します
  12. これがアプリケーションコードを起動する
  13. App Engineのインスタンスです
  14. しかしその要求が画像やHTMLなど
    静的なものだった場合
  15. フロントエンドは静的サーバから
    直接取り戻すことができます
  16. その両方のケースにおいて
    要求はユーザに返されます
  17. これはすばらしい構造ですが
  18. すべての要求はデータセンタへ
    送られなければなりません
  19. それがApp Engineアプリケーションを
    ホストしています
  20. もしより多くのコンテンツが直接
  21. こちらのデータセンタで
    処理されたらもっとよいでしょう
  22. そうすれば右側のデータセンタの負荷が減ります
  23. またユーザに近いのでレスポンスも早くなります
  24. まさにこれがエッジキャッシングです
  25. エッジキャッシングはユーザに最も近い
  26. データセンタにあるキャッシュです
  27. ですからキャッシュが使用可能であれば
  28. 要求がある時はデータセンタ2を経由せずに
  29. 結果がキャッシュから直接出されます
  30. つまりデータセンタ2の負荷も減り
  31. ユーザへのレスポンスも早くなりwin-winです
  32. エッジキャッシングを使うには
    2つの方法があります
  33. 1つ目はHTTPレスポンスにキャッシュ
    コントロールヘッダを設定する方法です
  34. そのあとの要求が同じ結果を
  35. 返した場合にのみ行われます
  36. 2つ目はコンテンツを可能な限り
    静的と定義する方法です
  37. 静的コンテンツは変化しないので最適です
  38. どのコンテンツが静的かは
    設定ファイルで確認できるので
  39. オンラインドキュメンテーションを
    活用してください
  40. そしてキャッシングをする時に
    そのコンテンツが必ずしも
  41. キャッシュされる保証はないことを
    覚えていてください
  42. しかしキャッシュされればアプリにとっても
  43. ユーザにとってもよい結果をもたらします