Japanese subtitles

← 3つの問いを通じてアメリカの市民権について考える

ジャーナリストであり映画監督でもあるホセ・アントニオ・ヴァルガスは、16歳の時に自分がアメリカに不法滞在していることを知りました。それ以来、彼は移民問題について、そしてアメリカ市民であるとはどういうことかについて、深く考え続けてきました。アメリカ市民であるかどうかが決まるのは、生まれによるのか、法律によるのか、それとも他の要件によるのでしょうか。この力強いトークで、ヴァルガスは市民権についての考え方を変えようと呼びかけるとともに、次の3つの問いを通じて自分の来歴について考えてみるよう促します。自分はどこから来たのか? どのようにしてここに来たのか? そしてそのお金を出したのは誰なのか?

Get Embed Code
37 Languages