Japanese subtitles

← Inheriting Behavior

Get Embed Code
13 Languages

Showing Revision 7 created 10/08/2015 by tama_ino.

  1. ちょっとだけ JustJava アプリに戻りましょう
  2. 「 MainActivity 」クラスの
    「 displayMessage 」を見ましょう
  3. ここに少し分かりやすく書いてあります
  4. 作っている変数「 orderSummaryTextView 」が
    ここにあるのが分かりますね
  5. この変数のデータタイプは
    「 TextView 」でした
  6. まだ ここの部分は理解していないのですけどね
  7. 次の行はテキストビューに入る方式を入れます
  8. 今回は上に書いてある変数名と
    同じものを使います
  9. ですから「 orderSummaryTextView.setText 」
    と入れます
  10. それから 方式の入力の形で
    ストリングを渡します
  11. このストリングメッセージは元々は
    入力パラメーターとして
  12. ディスプレイのメッセージ式になりました
  13. ここで まだ理解していない
    この部分のコードを詳しく見ていきましょう
  14. 「 findViewById 」とあるのは
    方式の呼び方のようです
  15. なぜなら これはカッコ内の
    入力引数に見える部分の前にあるからです
  16. しかし 奇妙なことにこの方式は
    このクラスの中のどこにも見当たらないです
  17. もし この名前をダブルクリックして
    コマンドキー+ F もしくは
  18. Windows で Ctrl + F を押しすと
    ファイル内を検索できます
  19. 2つだけ「 findViewById 」を見つけました
  20. 2つとも似たように使われています
  21. 他に「 findViewById 」の方式は無いですね
  22. そういえば
    前に MainActivity のクラスで
  23. 「 setContentView 」を呼び出す場面に
    出くわしましたが ファイル内検索をしても
  24. 今回と同様に MainActivity 内では
    見つかりませんでした
  25. では どこにその方式が出ているのでしょうか?
  26. まず MainActivity は
    実はとても小さいファイルなのです
  27. およそ 90 行の長さです
  28. しかし 実はそこには目に見えない
    より多くのクラスがあるのです
  29. コードは「 extends AppCompatActivity 」と
    命じます
  30. これは MainActivity が
    AppCompatActivity クラス内の
  31. 機能的拡張子だという意味です
  32. コンピューターのここに
    ActionBarActibity があっても構いません
  33. 古いバージョンがあるだけです
  34. 使うべき最新バージョンは
    AppCompatActivity です
  35. そして AppCompatActivity は
    古いアンドロイドデバイスを
  36. サポートする上位互換性があります
  37. AppCompatActivity は
    アンドロイドサポートライブラリの一部です
  38. そこならアンドロイドに適応した最新の
    ユーザーインターフェイスを使えます
  39. 古いアンドロイドデバイスを
    使っていたとしても
  40. AppCompatActivity クラスを
    拡張することによって
  41. MainActivity の無料範囲で
    全ての機能性や公式と方式を
  42. ここから手に入れることができます
  43. ここからコードをコピー&ペースト
    する必要はないのです
  44. シンプルにそのクラスを拡張できます
  45. 興味がありましたら
  46. AppCompatActivity の情報を
    もっと Google 検索で見つけ出せます
  47. ここには AppCompatActivity クラスの
    参考になるドキュメントがあります
  48. 私は Chrome 拡張子を
    インストールしているので
  49. ソースも見ることができます
  50. これが AppCompatActivity クラスが
    明示されたコードです
  51. 多くの機能がここにあるのが
    分かると思いますが
  52. その動きを理解する必要はないのです
  53. 知るべきことは AppCompatActivity を
    拡張した時に
  54. 全ての機能を無料で手に入れられる
    ということです
  55. ハイレベルになると
    この様に視覚化ができます
  56. これは MainActivity のクラスを
    定義したものです
  57. いくつかの方式はここに書かれます
  58. AppCompatActivity を拡張したら
    この文章にアクセスして
  59. AppCompatActivity から
    方式を持ってこれます
  60. 今 物理的にここに
    書きこむことはできませんが
  61. それらをここに想像することはできます
  62. ここに文章を 同様に方式を
    引用できるからです