Japanese subtitles

← Inheriting Behavior

Get Embed Code
13 Languages

Showing Revision 5 created 10/08/2015 by tama_ino.

  1. ちょっとだけ JustJava アプリに戻りましょう
  2. 「 MainActivity 」クラスの
    「 displayMessage 」を見ましょう
  3. ここに少し分かりやすく書いてあります
  4. 作っている変数「 orderSummaryTextView 」が
    ここにあるのが分かりますね
  5. この変数のデータタイプは
    「 TextView 」でした
  6. まだ ここの部分は理解していないのですけどね
  7. 次の行はテキストビューに入る方式を入れます
  8. 今回は上に書いてある変数名と
    同じものを使います
  9. ですから「 orderSummaryTextView.setText 」
    と入れます
  10. それから 方式の入力の形で
    ストリングを渡します
  11. このストリングメッセージは元々は
    入力パラメーターとして
  12. ディスプレイのメッセージ式になりました
  13. ここで まだ理解していない
    この部分のコードを詳しく見ていきましょう
  14. 「 findViewById 」とあるのは
    方式の呼び方のようです
  15. なぜなら これはカッコ内の
    入力引数に見える部分の前にあるからです
  16. しかし 奇妙なことにこの方式は
    このクラスの中のどこにも見当たらないです
  17. もし この名前をダブルクリックして
    コマンドキー+ F もしくは
  18. Windows で Ctrl + F を押しすと
    ファイル内を検索できます
  19. 2つだけ「 findViewById 」を見つけました
  20. 2つとも似たように使われています
  21. 他に「 findViewById 」の方式は無いですね
  22. そういえば
    前に MainActivity のクラスで
  23. 「 setContentView 」を呼び出す場面に
    出くわしましたが ファイル内検索をしても
  24. 今回と同様に MainActivity 内では
    見つかりませんでした
  25. では どこにその方式が出ているのでしょうか?
  26. まず MainActivity は
    実はとても小さいファイルなのです
  27. およそ 90 行の長さです
  28. しかし 実はそこには目に見えない
    より多くのクラスがあるのです
  29. コードは「 extends AppCompatActivity 」と
    命じます
  30. これは MainActivity が
    AppCompatActivity クラス内の
  31. 機能的拡張子だという意味です
  32. コンピューターのここに
    ActionBarActibity があっても構いません
  33. 古いバージョンがあるだけです
  34. 使うべき最新バージョンは
    AppCompatActivity です
  35. そして AppCompatActivity は
    古いアンドロイドデバイスを
  36. サポートする上位互換性があります
  37. AppCompatActivity は
    アンドロイドサポートライブラリの一部です
  38. そこならアンドロイドに適応した最新の
    ユーザーインターフェイスを使えます
  39. 古いアンドロイドデバイスを
    使っていたとしても
  40. AppCompatActivity クラスを
    拡張することによって
  41. MainActivity の無料範囲で
    全ての機能性や公式と方式を
  42. ここから手に入れることができます