Return to Video

鳥の渡りに関する3つの奇説 ― ルーシー・クック

  • 0:09 - 0:13
    1822年5月 クリスチャン・ルートヴィヒ・
    フォン・ボスマー伯爵は
  • 0:13 - 0:18
    北ドイツの城の敷地内で
    コウノトリを撃ち落としました
  • 0:18 - 0:23
    しかし その鳥を仕留めたのは
    彼が初めてではありませんでした
  • 0:23 - 0:25
    コウノトリを回収した際に
  • 0:25 - 0:30
    ボスマーはその鳥に約90センチの
    木の槍が突き刺さっているのを目にけました
  • 0:30 - 0:34
    地元の教授は その武器は
    アフリカのものだと同定しました
  • 0:34 - 0:39
    このコウノトリはどういうわけか
    アフリカで槍で刺された後
  • 0:39 - 0:44
    伯爵の城まで
    2500キロ以上飛んで来たのです
  • 0:44 - 0:49
    この驚異的な飛行は
    コウノトリの回復力の証拠のみならず
  • 0:49 - 0:55
    何世紀にもわたって科学者を悩ませてきた
    謎を解く重要な手がかりとなったのです
  • 0:55 - 0:58
    鳥が季節ごとに姿を消すという謎です
  • 0:58 - 1:03
    現在 私たちが渡りと呼ぶ
    鳥が毎年姿をくらます行動について
  • 1:03 - 1:06
    古代の博物学者たちの中で
    さまざまな学説がありました
  • 1:06 - 1:11
    アリストテレスは 特に評判のよい
    3つの説を提唱しました
  • 1:11 - 1:17
    その1つに 鳥は季節に合わせて
    体を変化させるという説がありました
  • 1:17 - 1:20
    例えば夏場に姿を現すウグイスは
  • 1:20 - 1:24
    毎年冬になると黒い帽子をかぶる
    とされていましたが
  • 1:24 - 1:29
    決して同時に現れることがないものの
  • 1:29 - 1:32
    実際には形や大きさが似ている別種です
  • 1:32 - 1:36
    その後 何世紀にもわたり
    鳥は人間
  • 1:36 - 1:40
    植物 さらには船の材木にまで
    変身すると言われていました
  • 1:40 - 1:45
    この最後の変身は多くのキリスト教の聖職者に
    特に人気がありました
  • 1:45 - 1:48
    もしカオジロガンが
    本当に木でできていたなら
  • 1:48 - 1:54
    聖職者たちはベジタリアンとみなされ
    肉を断った期間も楽しめたことでしょう
  • 1:54 - 2:00
    アリストテレスの より真実味がある
    2番目の仮説は鳥は冬眠するというものでした
  • 2:00 - 2:02
    これは それほど非現実的ではありません
  • 2:02 - 2:09
    種によっては 短く深い眠りに入り
    心拍数や代謝を低下させるものもいます
  • 2:09 - 2:12
    実際 冬眠する鳥は少なくとも1種はいます
  • 2:12 - 2:17
    プアーウィルヨタカは
    北アメリカの砂漠で冬眠します
  • 2:17 - 2:21
    しかし研究者たちは19世紀に入ってからも
  • 2:21 - 2:24
    もっと奇抜な冬眠の方法を提案しました
  • 2:24 - 2:29
    ツバメは羽が抜け
    穴の中で冬眠したり
  • 2:29 - 2:34
    湖や川の底で冬を越すという考えでした
  • 2:34 - 2:37
    アリストテレスの3つめの説は
  • 2:37 - 2:40
    より合理的で
    現実的な移住のようなものです
  • 2:40 - 2:45
    しかし この説はまた極端なものに発展します
  • 2:45 - 2:51
    1666年に 移住論を唱える第一人者が
    毎年冬になると 鳥は月に向かって
  • 2:51 - 2:53
    飛んでいくと確信しました
  • 2:53 - 2:58
    著名な研究者がこのような奇想天外なことを
    考えるのは奇妙に思えるでしょう
  • 2:58 - 3:01
    しかし実際のところ
    渡りの本当の話は
  • 3:01 - 3:05
    彼らの荒唐無稽な理論よりもさらに
    信じがたいものなのかもしれません
  • 3:05 - 3:09
    全鳥類の約20%が毎年
  • 3:09 - 3:13
    温暖な気候と新鮮な食料を求めて
    地球上を移動しています
  • 3:13 - 3:16
    北半球で夏を過ごす鳥の場合
  • 3:16 - 3:22
    この旅は700kmから
    17000km以上にも及び
  • 3:22 - 3:26
    中には4ヶ月もかけて
    移動するものもあります
  • 3:26 - 3:33
    大洋を渡る鳥たちは 100時間以上も
    休むことなしに空を飛ぶこともあるでしょう
  • 3:33 - 3:37
    飛んだままで 眠たり食べたりしながら
    果てしなく続く大海原を
  • 3:37 - 3:42
    星や風の流れ
    地球の磁場を頼りに移動します
  • 3:42 - 3:47
    これらの壮大な旅の詳細を追跡することは
    極めて困難です
  • 3:47 - 3:51
    また鳥たちは可能な限り最も直線的なルートを
    通ることが多いのですが
  • 3:51 - 3:55
    嵐や人間による開発のせいで
    そのルートが変わることがあり
  • 3:55 - 3:59
    移動経路の解明が
    さらに複雑になります
  • 3:59 - 4:03
    幸いなことに
    フォン・ボスマー伯爵のコウノトリは
  • 4:03 - 4:07
    ヨーロッパのコウノトリが冬に南下することを
    物理的に証明してくれただけでなく
  • 4:07 - 4:10
    どこへ移動していたのかも
    示してくれました
  • 4:10 - 4:12
    ヨーロッパ中の鳥類学者たちは
  • 4:12 - 4:15
    このコウノトリの航跡を
    地図に表そうと躍起になりました
  • 4:15 - 4:18
    ヨハネス・ティエネマンもその1人でした
  • 4:18 - 4:22
    世界初の常設鳥類観測所の所有者です
  • 4:22 - 4:26
    ティエネマンは鳥類研究における
    第一人者でありました
  • 4:26 - 4:29
    そして この分野における
    最大の謎を解くために
  • 4:29 - 4:33
    ドイツ中から
    大勢のボランティアを集めました
  • 4:33 - 4:39
    彼のチームは2000羽のコウノトリの足に
    アルミの輪をつけ
  • 4:39 - 4:43
    そこに 個体番号と
    彼のオフィスの住所を記しました
  • 4:43 - 4:47
    そして
    この実験をできるだけ広く宣伝しました
  • 4:47 - 4:52
    彼の願いは 実験の話が
    アフリカにまで伝わり
  • 4:52 - 4:57
    タグを見つけた人たちが 情報を添えて
    これを送り返してくれることでした
  • 4:57 - 5:01
    案の定 1908年から1913年まで
  • 5:01 - 5:08
    ティエネマンは178個の輪を受け取り
    そのうち48個はアフリカで発見されました
  • 5:08 - 5:13
    このデータをもとに 彼は
    初の発見となる移動ルート図を作成し
  • 5:13 - 5:18
    コウノトリが月に飛んでいたのではないことが
    決定的になりました
Title:
鳥の渡りに関する3つの奇説 ― ルーシー・クック
Speaker:
ルーシー・クック
Description:

1822年、ドイツでフォン・ボスマー伯爵がコウノトリを撃ち落としました。しかし、この鳥にはすでに長さ約90センチの木の槍が刺さっていました。コウノトリはアフリカで槍に刺された後、2,500km以上の距離を飛んでいたのです。この驚くべき飛行は、何世紀にもわたって科学者を悩ませてきた謎、すなわち鳥が季節によって姿を消すことについて、重要な手がかりであることを証明したのです。ルーシー・クックが鳥の渡りの発見に迫ります。

講師:ルーシー・クック
監督: Visorama
ナレーション:アディソン・アンダーソン
音楽:Bamm Bamm Wolfgang & Gavin Dodds

more » « less
Video Language:
English
Team:
TED
Project:
TED-Ed
Duration:
05:20

Japanese subtitles

Revisions