Return to Video

11-43 Index Solution

  • 0:00 - 0:04
    これがindexを使用して
    find_elementを定義する1つの方法です
  • 0:04 - 0:09
    pに要素が存在している場合
    indexによって求めている結果が得られます
  • 0:09 - 0:14
    if文を使用します
    t in pを使用してtがpにあるかどうかチェックします
  • 0:14 - 0:18
    ある場合はifのブロックがその値を返します
  • 0:18 - 0:21
    p.index(t)を返します
  • 0:21 - 0:24
    else節では要素がpに存在していませんでした
  • 0:24 - 0:26
    ですから-1を返します
  • 0:26 - 0:30
    indexを使用してfind_elementを定義できる
    別の方法があります
  • 0:30 - 0:34
    今回はtがpにあるかどうかチェックするのではなく
    tがpにないかどうかチェックします
  • 0:34 - 0:38
    もしtがpになければ結果が-1になると分かります
  • 0:38 - 0:40
    すぐに-1を返します
  • 0:40 - 0:43
    次の文に達したらtがpにあることが分かります
  • 0:43 - 0:47
    p.indexの結果を返してtを渡します
  • 0:47 - 0:50
    find_element関数を定義する
    4つの異なる方法を見てきました
  • 0:50 - 0:54
    すべて同じ作用があります whileループで定義したり
  • 0:54 - 0:58
    forループで定義したり
    indexメソッドを使用した2つの方法を見てきました
  • 0:58 - 1:01
    indexを使用する際は
    要素がpにない場合の結果をすぐに出すために
  • 1:01 - 1:06
    if文を同じように使用する必要があります
Title:
11-43 Index Solution
Description:

11-43 Index Solution

more » « less
Video Language:
English
Team:
Udacity
Project:
CS101 - Intro to Computer Science
Duration:
01:07

Japanese subtitles

Revisions