YouTube

Got a YouTube account?

New: enable viewer-created translations and captions on your YouTube channel!

Japanese subtitles

← 05-36 Greetings Solution

dummy description

Get Embed Code
3 Languages

Showing Revision 1 created 10/23/2014 by Udacity.

  1. 考え方の1つとして関数を呼び出す時の
    規則を思い出してみるとよいでしょう
  2. 関数の中身を新しい引数の環境で評価します
  3. sayhelloの中身はgreeting+“”+personですが
  4. インタプリタで見たとおり
    何を出力するのかは知っています
  5. “hello from u.p.”
    “gracie”を出力するはずです
  6. 今はまだ“gracie”が環境にないので
  7. 加える必要があると推測できます
  8. 環境を作る時の規則を
    思い出してみてもいいでしょう
  9. personという仮引数の場所を作りたいので
  10. そこに実引数の値“gracie”を入れます
  11. greetingを評価する時 ここにはないので
  12. 1つ上を見て“hello from u.p.”を得ます
  13. その後personを捜す時はここにあるので
    “gracie”が得られます
  14. これらをつなげ
    先ほどインタプリタで見たとおりの出力をします
  15. この小テストは なかなか難しかったですね
  16. 入れ子になった関数は
    Pythonではあまり使われませんが
  17. 言語のすべてを理解するような
    完全なインタプリタを作りたいなら
  18. 扱えなければなりません
  19. ロマンス語圏の仮定法のようなものです
  20. 英語ではあまり使われませんが
    他の場所ではよく使われます