Return to Video

16-12 Vanishing Points Question Solution

  • 0:00 - 0:03
    答えは無限です
  • 0:03 - 0:10
    仮に3つとしましょう
    立方体には3つの消失点があります
  • 0:10 - 0:14
    透視投影で描いた立方体です
  • 0:14 - 0:16
    実際に消失点が3つあります
  • 0:16 - 0:21
    1つ目、2つ目、3つ目です
  • 0:21 - 0:25
    それは立方体が3面を持っているからです
  • 0:25 - 0:29
    カメラとの距離zが変われば面も違ってきます
  • 0:29 - 0:33
    その面に実空間では平行である線を
    つけ加えると
  • 0:33 - 0:36
    また別の消失点ができます
  • 0:36 - 0:42
    従って無限数の消失点を持つ物体を
    作ることは理論的に可能です
Title:
16-12 Vanishing Points Question Solution
Description:

Unit 16 12 Vanishing Points Answer.mp4

more » « less
Team:
Udacity
Project:
CS271 - Intro to Artificial Intelligence
Duration:
0:43

Japanese subtitles

Revisions