Japanese subtitles

← 10-08 Using Alarms

10-08 Using Alarms

Get Embed Code
7 Languages

Showing Revision 1 created 04/26/2015 by Udacity.

  1. これで単純なServiceができました 簡単でしたね
  2. しかしまだ自分で起動できません
  3. 幸運にもそのためのシステムがあります
  4. AlarmManagerを導入するよい機会です
  5. AlarmManagerは一定時間経過後に
  6. 起動したいアプリケーションコンポーネントを
    システムに告げて
  7. バックグラウンドでいくつかの処理を
    させることができます
  8. アプリを定期的に起動することもできますが
  9. バックグラウンドでは
    何を起動させればいいでしょうか?
  10. それはBroadcastReceiverと呼ばれる
  11. まだ紹介していないAndroidコンポーネントです
  12. BroadcastReceiverは特別なクラスで
  13. 他のアプリからIntentBroadcastを
    頻繁に受信するために使用します
  14. 通常BroadcastReceiverはこれらの
    ブロードキャストのために
  15. IntentFilterを登録します
  16. またアプリがアラームをlistenする
    1つの方法でもあります
  17. アラームはPendingIntentという
    新しいインテントを活用します
  18. PendingIntentとは
    あるアプリから別のアプリに渡される
  19. 特別な種類のインテントです
  20. 通常のインテントとの大きな違いは
    作成したインテントを他のアプリに渡すことで
  21. 他のアプリに対して
    同じpermissionとIDを送信して
  22. 指定した操作を実行する権限を付与する
    機能を持つことです
  23. これによってAndroidのセキュリティモデルに
    不正アクセスすることなく
  24. 特定の非同期的方法によるアプリのコールバックを
    システムプロセスに許可します
  25. AlarmManagerはPendingIntentを使って
  26. 私たちが作成した
    BroadcastReceiverと話します
  27. では アラームを追加しましょう
  28. 最初にBroadcastReceiverを
  29. SunshineServiceの
    静的な内部クラスとして加えます
  30. これはAndroidコンポーネントなので
  31. マニフェストにBroadcastReceiverを登録します
  32. 静的な内部クラスの書き方に
    注意してください
  33. アラームを扱えるBroadcastReceiverの
    骨格を与えたので
  34. 今度は皆さんの出番です
  35. AlarmManagerにBroadcastReceiverを
    アクティベートさせる明示的インテントから
  36. PendingIntentを作成できます
  37. アラームは極端に短く
    5秒くらいに設定することをお勧めします
  38. そうすると機能している様子を
    簡単にテストできます