Return to Video

Code your own Flappy Game

  • 0:00 - 0:01
    こんにちは
  • 0:01 - 0:07
    プログラムで一番ワクワクするのはインタラクティブになり得ることです
  • 0:07 - 0:12
    誰かがコンピューターやスマートフォンでクリックしたり、何かを入力すると、何かが起きます
  • 0:12 - 0:16
    そして何が起こるか決めるコードがいくつかあります
  • 0:16 - 0:20
    たとえば、イベントハンドラーを使って
  • 0:20 - 0:22
    「マウスをクリックすると、音が鳴る」ようにすることができます
  • 0:24 - 0:26
    実際にやってみて仕組みを見てみましょう
  • 0:26 - 0:28
    Flappy Birdというゲームについて聞いたことはありますか?
  • 0:28 - 0:34
    イベントハンドラーを使うことで、Flappy Birdをプログラムする方法を学ぶことができます
  • 0:34 - 0:41
    書くコードにはコンピューターへのコマンドが表示されたブロックのドラッグやドロップが含まれます
  • 0:41 - 0:44
    ドラッグアンドドロッププログラミングは最も簡単に学ぶ方法です...
  • 0:44 - 0:47
    大学生でさえ、このようにコードする方法を学びます
  • 0:47 - 0:51
    しかし、内部では、各ブロックは本物のコードで表示されています
  • 0:51 - 0:56
    ワークスペースに目を向けると、いくつかの緑色のブロックで埋められています
  • 0:56 - 0:58
    これがイベントハンドラーです
  • 0:58 - 1:05
    マウスをクリックすると、フリップブロックを適切なイベントハンドラーにくっつけることで鳥が飛びます
  • 1:05 - 1:09
    ゲームでは、マウスをクリックすればいつでも、鳥が飛びます
  • 1:09 - 1:15
    この活動における各パズルでは、ワークスペースの緑色のブロックのように新しいタイプのイベントをご紹介していきます
  • 1:15 - 1:20
    これらのイベントに応じて適切なブロックを決めることができます
  • 1:20 - 1:24
    このような矢印を見かけたら、設定を変えることができます
  • 1:24 - 1:27
    鳥が地面に触れたら、音を再生させることができます
  • 1:27 - 1:31
    最後のパズルでは、自分だけのゲームを作ってお友達に共有できます
  • 1:31 - 1:33
    楽しんでくださいね!
Title:
Code your own Flappy Game
Description:

more » « less
Video Language:
English
Duration:
01:34

Japanese subtitles

Revisions Compare revisions