YouTube

Got a YouTube account?

New: enable viewer-created translations and captions on your YouTube channel!

Japanese subtitles

← 03-15 Implicit and Explicit Keys

03-15 Implicit and Explicit Keys

Get Embed Code
6 Languages

Showing Revision 1 created 01/13/2015 by Udacity.

  1. おかえりなさい
    練習問題はちゃんと解けたでしょうか
  2. 今回はDatastoreのもう1つの重要な概念である
    キーについてお話しします
  3. エンティティが保存されるとDatastoreは
    エンティティにキーを割り当てます
  4. このキーはエンティティを識別し
    様々な目的のために使われます
  5. キーの生成方法は2通りです
  6. 1つはDatastoreが自動的にキーを生成します
  7. profileカインドが
    図のようなプロパティを持つと定義します
  8. 初めてDatastoreに書き込まれる時に
    自動的にキーが割り当てられます
  9. もう1つはKeyname/IDを
    自分で設定することです
  10. この場合はDatastoreはその値を使用して
    キーを生成します
  11. この方法は各エンティティに
    一意的な情報がある場合に有効です
  12. なぜならこの値を使うことで
    エンティティを見つけやすくなるからです
  13. Keyname/IDは各エンティティ独自のものにする
    必要があるので注意してください
  14. 今回のprofileカインドでは後者を使います
  15. ユーザIDを使って
    各profileを識別することに決めたからです
  16. つまりユーザIDを使って
    エンティティを取り出すことができるのです
  17. ユーザオブジェクトはCloud Endpointsの
    APIメソッドの第1パラメータなので
  18. profileを取得するのに便利です
    これに関してはまたあとで説明します
  19. リレーショナルデータベースのモデル化に
    詳しい方なら
  20. この概念が主キーとよく似ていることに
    気づくでしょう
  21. Datastoreの場合と同様に
    主キーをデータベースに生成させるか
  22. 自分で決めた値を使うかを選ぶことができるのです
  23. では実際に作業をしてみましょう