Japanese subtitles

← 16-02 Image Formation

Unit 16 02 Image Formation.mp4

Get Embed Code
2 Languages

Showing Revision 1 created 11/29/2014 by Udacity.

  1. カメラを使ってイメージを作り出すことを
    像形成と言います
  2. ここでの形成とは
    イメージをキャプチャすることを意味しています
  3. おそらくもっとも簡単なカメラは
    ピンホールカメラです
  4. ピンホールカメラは周囲の光を
    様々な小さな穴に通します
  5. 穴は小さいほど理想的です
  6. 奥にあるカメラのチップに投影します
  7. 例えば対象である人物がここにいます
  8. この人物は次のように投影されます
  9. 足がここに投影されます 頭はここです
  10. 投影面またはカメラのチップに
    逆転した人物が写ります
  11. ピンホールカメラの構造を支配する
    とても基本的な計算があります
  12. 対象の高さをX
    投影物の高さを小文字のxとします
  13. 本来の対象と反対方向なので-xと呼びます
  14. 他の値についてもお話ししましょう
  15. Zは対象からカメラの面までの距離です
  16. fはカメラの焦点距離
  17. つまりピンホールと投影面の間の距離です
  18. 簡単な計算で
    4つの変数を全部関連づけることができます
  19. いわゆる相似三角形です
  20. 特にこの三角形をここに描くと
    同じ三角形になります
  21. 反転しているので
    xはここでfはここになります
  22. この大文字のXとZの比率は小文字のxとfと同じです
  23. このように書きます
  24. これが相似三角形の結果です
  25. ある形の三角形を書くとします
  26. 大きく拡大してもこの比率は同じです
  27. 従って大文字のXをZで割った数字と
    小文字xをfで割った数字は同じです
  28. これを変換すると小文字のxの投影が分かります
  29. 対象の実際のサイズである大文字のXに
  30. カメラの焦点距離と距離の商を掛けます
  31. 面白い方程式です
  32. 対象が離れるほど小さくなります
  33. カメラの焦点距離が大きくなるほど
    投影された対象は大きくなります
  34. もちろん対象のサイズは
    イメージがどれぐらい大きくなるかに関して
  35. 直接影響します
  36. その方程式を使えるか
    小テストで試してみましょう