YouTube

Got a YouTube account?

New: enable viewer-created translations and captions on your YouTube channel!

Japanese subtitles

← Responsive デザイン思考

このビデオは「Androidアプリ開発:Android 基礎」のオンラインコースの一つです:
https://www.udacity.com/course/ud853

Androidアプリ開発の基礎についてGoogleエキスパートのレト マイヤー ダン ギャルピン そして キャサリン クアン から理論と実践がブレンドされたアプリ開発術を学びましょう

このコースの終了時までに、クラウド接続Androidアプリの作成法、ツール、原則、そしてパターンを理解出来るようになります 
携帯に適用する際の問題点や解決策 上質なユーザー経験の提供法をご自身のプロジェクトに活用出来るようになります

Get Embed Code
10 Languages

Showing Revision 5 created 04/26/2015 by Udacity.

  1. Webブラウザのサイズを変えて
    閲覧中のサイトがリサイズするか

  2. または大きいままでスクロールバーが出てくるか
    試してみるのは面白いですね
  3. しかしレスポンシブデザインは
    Webだけのための技術ではありません
  4. 最近はスマートフォンとタブレットを
    分ける境界線がなくなってきているので
  5. アプリのUIも様々なサイズの画面に
    適応できる柔軟さが必要です
  6. 心配しないでください
    基本はWebのデザインと同じです
  7. 適当に柔軟性のあるレイアウトか
    一般的なデバイスサイズのレイアウトを作ります
  8. 次にデザインが替わるブレイクポイントを決めます
  9. デザインは画面のサイズによって切り替わるので
  10. 大小のデバイス、中間サイズのタブレット、
    大きいタブレットに分類します