Japanese subtitles

← 05-45 Calling Functions

dummy description

Get Embed Code
3 Languages

Showing Revision 1 created 10/23/2014 by Udacity.

  1. 関数を呼び出して
    戻ってくるまでの方法が分かりました
  2. 二重にうれしいことです
  3. しかし両方とも関数が
    どこかで作られていることを仮定していますが
  4. 今のところ作れません
  5. 作り方を知らないのです
  6. 従って今からすぐ関数を定義して
  7. 無から関数を作り出しましょう
  8. 同じ関数を左にPython
    右にJavaScriptで定義しました
  9. 文法は変わり言葉のつづりも違いますが
  10. 要点は一緒です
  11. 関数名fnameを挙げ
  12. 仮引数を前の例同様fparamとして並べ
  13. 中身がなくてはなりません
  14. 前の例で言ったとおり0番目の要素が
    “function”という文字列のタプルにします
  15. このようなコードを書いてWebブラウザの
    JavaScriptインタプリタに通した時
  16. どのようにすればよいでしょう
  17. 関数の値は4つの部分に分かれます
  18. “function”という文字列で
    それが呼び出せるものであると示し
  19. 引数のリスト そしてxやyやzが含まれ
  20. 中には文のリストがあり
  21. 関数が定義された時の環境が含まれます
  22. 関数名は名前と
    この関数自体の対応を環境に作って
  23. 古い環境に加えるので不要です
  24. これは古い環境で この新しい方ではありません