Return to Video

Unplugged - Variables in Envelopes

  • 0:23 - 0:26
    これはふうとうの中の変数というレッスンです
  • 0:26 - 0:30
    ワークシートには、空白があります。そこに どのように文字を うめればいいのか 学習します。
  • 0:30 - 0:34
    空白をうめるのは、やったことがありますよね。
  • 0:34 - 0:37
    たとえば、宿題には、名前を書くとか。
  • 0:37 - 0:41
    ときには、たくさん空白をうめなければなりません。
  • 0:42 - 0:46
    こんなとき、どれがどれか わかるように 空白に名前をつけます。
  • 0:47 - 0:51
    『変数』は、情報を入れておくための入れ物で、あとから中身を変えることもできます。
  • 0:51 - 0:56
    名前をつけて変数にすれば、やっていることをスムーズに進めることができて、
  • 0:56 - 1:00
    後で、だれかに たのむことも できます。
  • 1:00 - 1:02
    ソフトウエアでは、たくさん変数を使います。
  • 1:02 - 1:07
    名前、メールアドレス、ユーザー名を入れておく入れ物として、変数を使います。
  • 1:07 - 1:10
    変数にしておけば、ユーザーが入力した値を、
  • 1:10 - 1:12
    プログラムの中で 後から つかうことができます。
  • 1:13 - 1:15
    仕事では、いつも変数を使います。
  • 1:15 - 1:20
    後で その情報を 使いたい時に 変数を使います。
  • 1:21 - 1:24
    わたしたちは、ユーザーがツイートした回数を数えています。
  • 1:25 - 1:29
    ユーザーがツイートしたら、回数に1プラス。
  • 1:29 - 1:32
    ユーザーがツイートを消したら、1マイナス。
  • 1:33 - 1:36
    ユーザーがツイートした回数を知りたいときは、いつでも
  • 1:36 - 1:38
    この変数を見ればわかります。
Title:
Unplugged - Variables in Envelopes
Video Language:
English
Duration:
01:43

Japanese subtitles

Revisions Compare revisions