Japanese subtitles

← 26-04 A Gruesome Problem Solution

26-04 A Gruesome Problem Solution

Get Embed Code
2 Languages

Showing Revision 1 created 10/23/2014 by Udacity.

  1. ここにGruesomeな問題があります
  2. 文字どおり恐ろしい問題ではなく
  3. 単に言葉に色をつけることをします
  4. まず青と緑の2つの色を使います
  5. bがtより前にある単語は青とします
  6. gがtよりあとにある単語は緑とします
  7. 青の単語の例はwombatです
  8. bがtの前にあるからです
  9. 緑の単語の例はracketeeringです
  10. gがtのあとにあるからです
  11. 最後の例はabatingという単語です
  12. bがtの前にあるので青く
  13. gがtのあとにあるので緑でもあります
  14. 1つの単語は青と緑の両方になり得ます
  15. 最後に新しい色Grueを紹介します
  16. 紫っぽいピンク色のようですが
  17. 新しいと宣言したので
    間違いなく見たことのない新しい色です
  18. 単語がBlueかGreenであればGrueです
  19. 単語が青と緑の両方でもGrueです
  20. 従って3つの例すべてがGrueとなります
  21. これがGrue色の言葉の意味です
  22. 与えられた文字列の中から
    Grue色の単語をすべて見つける場合
  23. 実装には正規表現の知識を使います
  24. ではどのような正規表現になるでしょうか?
  25. 基本的な戦略は次のようになります
  26. 青と緑の単語の表現をそれぞれ定義し
  27. そのどちらにも一致するように
    正規表現のor演算子を使います
  28. まず青を見てみましょう
  29. これが青の単語の正規表現です
  30. 0個以上の文字のあとにbが続きます
  31. bとtの間に0個以上の文字があり
  32. tのあとにも0個以上の文字が入ります
  33. 緑に関しても同じです
  34. tとgがありその前、間、あとに
    0個以上の文字が入ります
  35. 従ってこれが問題の答えです
  36. 正規表現ライブラリをインポートし
  37. re.findallを先ほど完成した正規表現と
    一緒に用います
  38. 最初に青の単語と一致させ
    あとで緑の単語と一致させます
  39. そしてその関数に与えられた文字列を
    渡していきます