Return to Video

Web 2.0 Summit 2010: Toni Schneider, "Point of Control: You"

  • 0:01 - 0:03
    おはようございます。
  • 0:03 - 0:07
    トニー・シュナイダー、Automattic 社の CEO です。
  • 0:07 - 0:11
    今日はこれから10分間、
  • 0:11 - 0:17
    ブログと独立系パブリッシングの世界で起こっているトレンドについてお話しします。
  • 0:17 - 0:20
    まず、私たちについて紹介させてください。
  • 0:20 - 0:23
    Automattic は創立5年のスタートアップです。
  • 0:23 - 0:25
    72人の社員がいます。
  • 0:25 - 0:29
    本社はサンフランシスコにありますが、実際は分散型で活動しています。
  • 0:29 - 0:31
    私たちは世界中に散らばっています。
  • 0:31 - 0:38
    とても国際的なグループで、現在18カ国で働いている社員がいます。
  • 0:38 - 0:40
    私たちのミッションは、
  • 0:40 - 0:45
    世界中の人達がオンラインパブリッシングを利用できるようにすることです。
  • 0:45 - 0:50
    私たちはこれを実現するために、様々なプロダクトを開発しています。
  • 0:50 - 0:52
    こういったプロダクトによって、
  • 0:52 - 0:58
    ウェブでコンテンツを公開し、読者を獲得し、関心を集め、
  • 0:58 - 1:02
    そしてスパマーやハードドライブの破損などからコンテンツを守る、といったことを
  • 1:02 - 1:04
    より簡単にできます。
  • 1:04 - 1:08
    私たちの会社ではみんな、オープンソースに強い信頼を置いています。
  • 1:08 - 1:13
    全体の2割の時間と予算を使ってオープンソースプロジェクトに貢献しています。
  • 1:13 - 1:15
    そのなかでも一番よく知られているのが
  • 1:15 - 1:17
    WordPress です。
  • 1:17 - 1:19
    WordPress はオンラインのパブリッシング・プラットフォームです。
  • 1:19 - 1:27
    コードを書かなくてもすごいウェブサイトを構築するのを簡単にしてくれるツールです。
  • 1:27 - 1:29
    WordPress には2つのフレーバーがあります。
  • 1:29 - 1:34
    WordPress.org はオープンソースのソフトウェアパッケージ。
  • 1:34 - 1:36
    こちらは私たちの会社とは別のものです。
  • 1:36 - 1:38
    そして、WordPress.com。
  • 1:38 - 1:44
    これは SaaS バージョンの WordPress。私たちが所有し、運営するレンタルブログです。
  • 1:44 - 1:49
    WordPress は過去数年間、順調に成長を遂げています。
  • 1:49 - 1:54
    これは世界中のアクティブな WordPress サイトの数を示すグラフです。
  • 1:54 - 1:57
    現在3000万サイト以上あることが分かってもらえると思います。
  • 1:57 - 1:59
    そして、成長が加速していることも。
  • 1:59 - 2:03
    毎月、100万サイト以上の WordPress サイトが新しく増えていっています。
  • 2:03 - 2:06
    このうち約半分は、
  • 2:06 - 2:10
    WordPress のオープンソースパッケージを自分でホスティングしているサイトです。
  • 2:10 - 2:15
    そして残りは WordPress.com のサイト。
  • 2:15 - 2:20
    WordPress.com のサイトは全体で、約2500万の読者を毎月獲得しています。
  • 2:20 - 2:24
    これはネット上でもトップランクに入る読者数の多さです。
  • 2:24 - 2:28
    それでも、WordPress 全体の半分ですが。
  • 2:28 - 2:30
    もうひとつ、私たちのお気に入りの統計情報があります。
  • 2:30 - 2:36
    WordPress は、ネット上のすべてのサイトのうち8.5%で使用されています。
  • 2:36 - 2:41
    WordPress はとても巨大です。ネットでのパブリッシングレイヤーのうちで
  • 2:41 - 2:44
    とても重要なパーツの一つになりつつあります。
  • 2:44 - 2:51
    この WordPress エコシステムに見られる、4つのキートレンドについてお話ししましょう。
  • 2:51 - 2:55
    最初のトレンド。WordPress はもちろんブログツールとして有名です。
  • 2:55 - 3:00
    現時点ではおそらく世界一の規模のブログツールと言えるでしょう。
  • 3:00 - 3:03
    しかし最近目につくのは、WordPress を使って
  • 3:03 - 3:05
    ブログだけではなく Web サイトを構築している人が増えているという点です。
  • 3:05 - 3:11
    そして、ブログと Web サイトはだんだん似てきているとも言えます。
  • 3:11 - 3:15
    この例として、いくつかスクリーンショットをご覧いただきましょう。
  • 3:15 - 3:17
    GigaOM は良い例のひとつです。
  • 3:17 - 3:21
    創始者オム・マリックはかなり早いうちから WordPress で個人ブログをやっていました。
  • 3:21 - 3:22
    そして会社を立ち上げ、
  • 3:22 - 3:26
    最近はリニューアルを経て、メディアサイトに成長しました。
  • 3:26 - 3:31
    エディトリアル、フロントページコンテンツ、たくさんのライター、課金制度、
  • 3:31 - 3:33
    すべて Powered by WordPress。
  • 3:33 - 3:37
    ひとつのブログから「Web サイト」に進化した例です。
  • 3:37 - 3:41
    Wired.com。インターネット初期からのメディアサイトのひとつです。
  • 3:41 - 3:42
    現在は100% WordPress でできています。
  • 3:42 - 3:48
    こちらは大学のサイト。ブログみたいには見えませんよね。
  • 3:48 - 3:50
    女優のサイト。
  • 3:50 - 3:54
    これらのサイトは WordPress.org のショーケースからランダムに選んでいますので
  • 3:54 - 3:57
    全部最新のサイトです。
  • 3:57 - 4:00
    Web ホスティング会社のサイト。
  • 4:00 - 4:05
    音楽系のスタートアップ。これらはすべて WordPress でできています。
  • 4:05 - 4:10
    このサイトを入れずにはいられなかったんですが、葉巻のサイト。
  • 4:10 - 4:14
    このトレンドについて興味深いところは2点。
  • 4:14 - 4:18
    ひとつめは、ブログと Web サイトの境界線が薄くなっていっているところ。
  • 4:18 - 4:24
    そして、WordPress を使ってサイト全体を作る大企業が増えているところ。
  • 4:24 - 4:28
    WordPress は今後数年間、エンタープライズ CMS のマーケットを
  • 4:28 - 4:31
    混乱させるかもしれないという興味深いポジションにあると思います。
  • 4:31 - 4:34
    2つ目のトレンドは、
  • 4:34 - 4:39
    検索エンジン最適化(SEO)からソーシャルメディア最適化(SMO)への移り変わりです。
  • 4:39 - 4:42
    長い間、ブログが始まった頃から
  • 4:42 - 4:45
    トラフィックをブログに送ってくれるリンク元の No. 1 の座にいるのは
  • 4:45 - 4:48
    Google だということは誰もが認める事実でした。
  • 4:48 - 4:51
    だからこそ、SEO 業界が生まれました。
  • 4:51 - 4:55
    しかし、以来初めてそのポジションを脅かすものが現れてきました。
  • 4:55 - 4:57
    興味深いトレンドが最近起こっています。
  • 4:57 - 5:02
    WordPress.com のブログ全体を見ると
  • 5:02 - 5:09
    ソーシャルネットワークからブログに来るトラフィックと検索からのリファラの割合は
  • 5:09 - 5:13
    2年前以来、3%から15%に推移しています。
  • 5:13 - 5:15
    5倍の成長率です。
  • 5:15 - 5:20
    Google からのトラフィック量も増えていますが、ソーシャルネットワークの成長率のほうが
  • 5:20 - 5:23
    急上昇中であるということです。
  • 5:23 - 5:27
    先ほどお話した GigaOM のようなサイトはすでにこのトレンドの最先端にあり
  • 5:27 - 5:32
    3割のトラフィックが Twitter のみからきています。
  • 5:32 - 5:37
    WordPress 以外での例を挙げると、Bandcamp。
  • 5:37 - 5:42
    ミュージシャンやバンド向けの音楽共有やプロフィールサイトサービスです。
  • 5:42 - 5:50
    先月初めて Facebook からのトラフィックが Google からのものを抜きました。
  • 5:50 - 5:57
    Google の独り勝ちに挑戦するものが現れたという非常に興味深いトレンドです。
  • 5:57 - 6:04
    3つ目のトレンド。モバイルパブリッシング。
  • 6:04 - 6:07
    これは先ほどブライアンが話していたことに関連しています。
  • 6:07 - 6:15
    このグラフの上のラインはブラウザからの WordPress への投稿数のグラフです。
  • 6:15 - 6:20
    ご覧のとおり、確実に、平均的に伸びていっています。
  • 6:20 - 6:23
    そして下のラインはモバイルからの投稿。
  • 6:23 - 6:29
    もしこのトレンドが続けばあと1、2年でグラフが逆転してしまうというのは面白い点です。
  • 6:29 - 6:34
    モバイルからのコンテンツ作成が、ブラウザからのそれを上回るということです。
  • 6:34 - 6:38
    さらに注目すべきところは、上のラインは徐々に伸び続けていっていますが
  • 6:38 - 6:41
    モバイルデバイスからの入力によって、追加コンテンツが増えているという点です。
  • 6:41 - 6:46
    ブラウザからの投稿をしなくなっているわけではありません。
  • 6:46 - 6:52
    最後にお話ししたいトレンドは、このプレゼンのタイトルでもあります。
  • 6:52 - 6:56
    「コントロール・ポイント = あなた」
  • 6:56 - 7:02
    WordPress ユーザー、特に積極的に参加している熱狂的ファンの人たちに
  • 7:02 - 7:07
    「どうしてこのソフトウェアをそんなに気に入ってくれているのですか?」と聞くと
  • 7:07 - 7:10
    様々な意見をもらいますが、その答えにはひとつ共通したテーマがあります。
  • 7:10 - 7:13
    ユーザーの方が一番気に入っているのは、WordPress を使えば
  • 7:13 - 7:16
    自分自身のオンラインの存在を完全にコントロールできるということです。
  • 7:16 - 7:20
    実際にこれが何を意味しているかは人によって少しずつ違います。
  • 7:20 - 7:28
    自分や会社のサイトデザインを完全にコントロールしたいという人は多いです。
  • 7:28 - 7:32
    コンテンツを自分で所有したい、誰か他の人にあげてしまいたくない。
  • 7:32 - 7:35
    広告を入れるか入れないか、自分で決めたい。
  • 7:35 - 7:39
    オンラインでの評判やプライバシーの保護といったことを気にする人も少なくありません。
  • 7:39 - 7:41
    私たちが目にしているトレンドは、
  • 7:41 - 7:45
    人々はもっとこういったことをコントロールしたいと考え始めているということです。
  • 7:45 - 7:48
    実際、何によってこういったことが可能になるかを発見するには
  • 7:48 - 7:51
    もう一レベル深いところまで行かなくてはなりません。
  • 7:51 - 7:54
    こういったコントロールを実際に可能にしてくれるのは、
  • 7:54 - 7:57
    自分のドメインを持つことです。
  • 7:57 - 8:01
    ちょっと古臭く聞こえるかもしれませんが
  • 8:01 - 8:05
    ネット上で自分自身のコントロール・ポイントを確保したいということであれば
  • 8:05 - 8:11
    やはり現在でも自分のドメインを取って自分のサイトを作るのがベストです。
  • 8:11 - 8:17
    自分のドメインを持つのと、他の誰かのドメイン内で名前を持つことには差があります。
  • 8:17 - 8:20
    ここで Facebook をいじめるつもりはないんですよ。
  • 8:20 - 8:24
    Twitter、Google、Yahoo、何に置き換えてもいいし、WordPress.com だってかまいませんが
  • 8:24 - 8:28
    あなたのアイデンティティを所有やコントロールしようとする誰かにとっては、
  • 8:28 - 8:31
    そのサービスのドメイン上に置くのがもっとも望むところでしょう。
  • 8:31 - 8:35
    ドメインを持つということは、シングルコントロールポイントを持つことです。
  • 8:35 - 8:38
    1億2400万のコントロールポイントの代わりに。
  • 8:38 - 8:41
    この数は、ネット上のアクティブなドメインの総数です。
  • 8:41 - 8:44
    我々が信じているトレンドはこうです。
  • 8:44 - 8:48
    人々は徐々に、もっと自分でコントロールをしたいと思うようになるでしょう。
  • 8:48 - 8:52
    もっと大量の、特に個人的なコンテンツをネット上に公開するに従って
  • 8:52 - 8:54
    このトレンドはますます強まるはずです。
  • 8:54 - 8:58
    そしてこれが、WordPress のようなプラットフォームの成長を後押しする
  • 8:58 - 9:01
    基本的な力になるでしょう。
  • 9:02 - 9:05
    これも統計情報に現れています。
  • 9:05 - 9:08
    WordPress.com ではドメインを販売しています。
  • 9:08 - 9:10
    このグラフは、ドメインの販売数を表しています。
  • 9:10 - 9:14
    ドメイン販売は、WordPress.com のアップグレードのうちベストセラーであり
  • 9:14 - 9:18
    最も成長率の高いアイテムでもあります。
  • 9:18 - 9:22
    最後に皆さんへお伝えしたいこと。
  • 9:22 - 9:27
    オンライン・アイデンティティについてはまだ、黎明期ではないかなと思います。
  • 9:27 - 9:32
    人々が本当に求めているソリューションは、まだ存在していません。
  • 9:32 - 9:40
    自分のサイトとアイデンティティをコントロールできる独立性と、
  • 9:40 - 9:44
    ソーシャルネットワークの一部によって得られるつながり、両方が欲しいのです。
  • 9:44 - 9:48
    オンライン・アイデンティティの次世代ソリューションは
  • 9:48 - 9:52
    これら両方を提供することになるでしょう。
  • 9:52 - 9:54
    ありがとうございました。
Title:
Web 2.0 Summit 2010: Toni Schneider, "Point of Control: You"
Video Language:
English
Duration:
10:00

Japanese subtitles

Revisions Compare revisions