Japanese subtitles

← Scatter Plot Transformation

Get Embed Code
5 Languages

Showing Revision 1 created 08/03/2014 by Udacity.

  1. 変数とダイヤモンドの総需要について
  2. 理解が深まったと思います
    データを再プロットしてみましょう
  3. 価格をlog10目盛にしました このようになります
  4. 前よりも見やすくなりました
  5. 対数目盛では横軸の右端において
    価格の分散は小さいようです
  6. でももっと分かりやすくできます
  7. より体積の大きいダイヤモンドに
  8. キズが生じる確率は指数関数的に
    増えるだろうという私たちの推測を踏まえて
  9. カラットの立方根を使います
  10. 体積の単位は3条のオーダーです
  11. カラットの変数に変換する関数が必要です
  12. R言語の関数の書き方を勉強したい場合は
  13. インストラクターノートのリンクから確認してください
  14. たくさんのコードが書いてありますが
    新しいものはこれだけです
  15. cuberoot_trans関数です
  16. 入力の値の立方根をとる関数です
  17. 図を正しく表示する必要があるので
  18. 操作を取り消す働きをするinverse関数も用意します
  19. ggplotコマンドに戻ります
  20. scale_x_continuous引数を使って
  21. x軸をcuberoot_trans関数で変換します
  22. y軸も前にお話した
    log10 transformationで変換します
  23. どうなるでしょうか
  24. 図を見てみましょう
  25. この目盛でデータを表すために使った変換で
  26. 見ることができます
  27. ほぼ線形に見えます
    次に進みましょう
  28. 線形モデルを使った
    データのモデル化について見ていきます