YouTube

Got a YouTube account?

New: enable viewer-created translations and captions on your YouTube channel!

Japanese subtitles

← 18-31 Conclusion

Get Embed Code
3 Languages

Showing Revision 2 created 08/22/2014 by Udacity.

  1. それではまとめです コインをn回投げた時
    kはn以下になります
  2. コインをn回投げた時に表がk回出る確率を求めます
  3. 表が出る確率pのコインを使った場合
    確率は次の式で求めることができます
  4. n!/{(n-k)!k!}は
    表がk回出る時の場合の数です
  5. それに表裏が出る確率を掛けます
  6. まずpのk乗 これは(0.8)⁹の部分ですね
  7. そして(1-p)のn-k乗
    つまり例では3乗になります
  8. この公式で二項分布の確率を求めることができます
  9. これは同じコインを何度も投げて出た結果を
    蓄積することによって生まれました
  10. この知識を基にして次のレッスンでは
  11. 大規模な実験と正規分布について学びます
  12. コインを投げる回数が増え
    実験規模がどんなに大きくなっても応用できます
  13. ある回数 表が出る場合の確率は
  14. このレッスンで皆さんが学んだ公式を使って
    計算できるのです