Return to Video

01-27 Olympics Medal Points

  • 0:01 - 0:03
    答えを見てみましょう
  • 0:03 - 0:06
    先ほども使ったolympic_medal_counts_dfという
  • 0:06 - 0:08
    データフレームを使います
  • 0:08 - 0:12
    ますこのデータフレームから
  • 0:12 - 0:17
    gold、silver、bronzeの列だけを持つ
    新しいデータフレーム medal_countsを作ります
  • 0:18 - 0:22
    NumPy.dot関数を使って
  • 0:22 - 0:27
    メダル数の行列と4、2、1の配列を乗算します
  • 0:27 - 0:30
    配列の値はそれぞれ金、銀、銅のメダルを
    獲得した時のポイントです
  • 0:31 - 0:34
    これによって得られるのは
  • 0:34 - 0:40
    4×金メダルの数、2×銀メダルの数、
    1×銅メダルの数の和です
  • 0:41 - 0:45
    olympic_pointsというPythonの辞書を定義し
  • 0:45 - 0:50
    キーは列の名前を、
    値はpandasシリーズを指定します
  • 0:50 - 0:55
    最初の引数は国名のリストで
  • 0:55 - 0:58
    この配列pointsは
    各国が獲得した合計ポイントを表します
  • 0:59 - 1:06
    最後にolympic_points_dfは
    DataFrame(olympic_points)と等しいとします
  • 1:06 - 1:11
    NumPyとpandasの機能の
    ほんの一部を紹介しました
  • 1:11 - 1:14
    これらのライブラリについて
    もっと詳しく知りたい人は
  • 1:14 - 1:19
    下の講師メモにあるドキュメントのURLを
    チェックしてください
Title:
01-27 Olympics Medal Points
Description:

01-27 Olympics Medal Points

more » « less
Video Language:
English
Team:
Udacity
Project:
ud359: Intro to Data Science
Duration:
01:20

Japanese subtitles

Revisions Compare revisions