Return to Video

Statistical Rigor Exercise

  • 0:00 - 0:04
    有意差検定が有益な理由は2つあります
  • 0:04 - 0:08
    データの比較評価を正しく行う
    フレームワークを提示すること
  • 0:08 - 0:11
    そしてデータセットから得たある結果を
  • 0:11 - 0:15
    母集団にわたる影響として反映できるということです
  • 0:15 - 0:17
    悪い結果の見栄えを良くすることはありません
  • 0:17 - 0:22
    有意差検定はデータの比較評価を正しく行う
    フレームワークを提示します
  • 0:22 - 0:26
    検定ごとのそれぞれの仮説やルールを組み合わせて
  • 0:26 - 0:32
    データにおける推測に関しては
    どれも同じ条件であると保証します
  • 0:32 - 0:35
    また有意差検定でデータから得た結果は
  • 0:35 - 0:38
    母集団にわたる影響だと捉えることができます
  • 0:38 - 0:44
    10人の社員の好きな色が
    すべて青色だったという例がそうです
  • 0:45 - 0:48
    小さい標本からの結果だけでは
  • 0:48 - 0:52
    母集団に当てはめることができない場合もあります
  • 0:52 - 0:55
    そこで有意差検定を行って確かめるのです
  • 0:55 - 0:58
    しかし悪い結果が出てしまうと
  • 0:58 - 1:02
    有意差検定を用いても効果がありません
  • 1:02 - 1:07
    データ自体が悪かったり
    2つの標本間の差異がまったくなくても
  • 1:07 - 1:09
    検定でそれを取り消すことはできません
  • 1:09 - 1:13
    しかし別の検定を使えば
    違った結果が出るかもしれません
  • 1:14 - 1:18
    適切な検定を適切な条件で行う必要があるのです
  • 1:18 - 1:23
    実際に検定を行う方法を詳しく見ていきましょう
Title:
Statistical Rigor Exercise
Description:

more » « less
Video Language:
English
Team:
Udacity
Project:
ud359: Intro to Data Science
Duration:
01:24

Japanese subtitles

Revisions