Japanese subtitles

← 05-19 Connecting Turtle, open and urllib

05-19 Connecting Turtle, open and urllib

Get Embed Code
8 Languages

Showing Revision 2 created 08/06/2014 by Udacity.

  1. プロジェクトを終わりにする前に
  2. 今までのレッスンで見てきた考え方を
    おさらいしましょう
  3. 四角を作ることから始めて
  4. brad=turtle.Turtle()というコードを書きました
  5. この裏で行われていたのは
  6. Turtleクラスのオブジェクトまたは
    インスタンスの作成でした
  7. このインスタンスはbrad.forwardのようなものです
  8. 次にコンピュータ上のファイルから
  9. 内容を読み込みました
  10. quotes=open(ファイルのパス)と書いて
    ファイルを開きました
  11. 裏で実行されていたのは
  12. ファイルオブジェクトの作成です
  13. これはquotes.readと同じようなオブジェクトです
  14. インターネット上のサイトにアクセスするために
  15. connection=urllib.urlopen()というコードを
    書きました
  16. このコードはファイルのようなオブジェクトや
    インスタンスを返します
  17. このインスタンスは
  18. connection.readと同じようなことを行いました
  19. 3つの事例でインスタンスやオブジェクトを作りました
  20. そしてオブジェクトを使いました
  21. 暴言チェックに使ったのはすべて関数です
  22. openやurlopenのような関数を使い
  23. turtleの事例で見たクラスはありませんでした
  24. 暴言チェックにはクラスを
    使用していなかったように見えます
  25. Pythonでopenやurlopenのような関数が
    どのように実装されるかを見れば
  26. オブジェクトを返すために
    関数のようなinitクラスが呼ばれることが分かります
  27. クラスの使用事例をもう1つ見てみましょう
  28. あとでよく分かるようになります