Return to Video

古代岩石が変える生命の起源説

  • 0:01 - 0:06
    地球の年齢は46億歳です
  • 0:06 - 0:11
    でも人間の寿命は
    100年にも満たないことが多いです
  • 0:11 - 0:15
    では 遠い昔の話など
    日常生活には関係なさそうなのに
  • 0:15 - 0:20
    地球の歴史を知りたいと
    思うのはなぜでしょうか?
  • 0:21 - 0:23
    ご存じの通り
    私たちの知る限り
  • 0:23 - 0:26
    地球は太陽系で唯一
  • 0:26 - 0:29
    生命が誕生した惑星です
  • 0:29 - 0:34
    唯一 人類の生命維持を可能にする
    仕組みを有しています
  • 0:35 - 0:36
    では なぜ地球だったのか?
  • 0:37 - 0:40
    珍しいことに 地球には
    地殻変動が見られ
  • 0:40 - 0:42
    表面に液体水をたたえ
  • 0:42 - 0:44
    酸素が豊富な大気があるのは
    ご存じの通りです
  • 0:44 - 0:47
    しかし 常にそうであったわけではなく
  • 0:47 - 0:52
    このことは 地球の惑星としての
    進化の重要な瞬間を記録している
  • 0:52 - 0:54
    古代の岩石から分かっています
  • 0:56 - 0:59
    こうした古代の岩石を観察するのに
    最適な場所のひとつが
  • 0:59 - 1:02
    オーストラリア西部のピルバラです
  • 1:03 - 1:08
    ここで見られる岩石は
    35億年前のもので
  • 1:08 - 1:13
    地球でも最古の生物を
    示すものが含まれています
  • 1:13 - 1:16
    古生物といって思い浮かべるのは
  • 1:16 - 1:19
    ステゴサウルスだとか
  • 1:19 - 1:22
    陸地に上がろうとする魚
    かもしれませんが
  • 1:23 - 1:25
    私の言う古生物というのは
  • 1:25 - 1:29
    バクテリアのような微生物のことです
  • 1:30 - 1:34
    微生物の化石は層状構造の岩石に
    保存されていることが多く
  • 1:34 - 1:36
    ストロマトライトと呼ばれます
  • 1:37 - 1:41
    最初の30億年間の地球上の生命について
    目にする記録といえば
  • 1:42 - 1:46
    こうした単純な生命形態の化石が
    ほとんどです
  • 1:46 - 1:50
    化石として残っている人類の記録は
    さかのぼっても
  • 1:50 - 1:52
    せいぜい数十万年です
  • 1:52 - 1:54
    化石の記録から
  • 1:54 - 1:58
    バクテリアのような生命体が
    繁栄の足がかりを得たのは
  • 1:58 - 2:02
    35億年から40億年前だと
    分かっています
  • 2:02 - 2:06
    これより古い岩石は
    破壊されてしまったか
  • 2:06 - 2:09
    地殻変動によって
    大きく変形してしまったかです
  • 2:10 - 2:12
    ですから 残された謎は
  • 2:12 - 2:17
    いつどのようにして
    地球上に生命が誕生したかなのです
  • 2:19 - 2:23
    こちらは 火山によって作られた
    ピルバラに古くからある地形です
  • 2:23 - 2:28
    この場所での私たちの研究が
    生命の起源の謎に迫る手がかりを
  • 2:28 - 2:30
    探り当てるとは
    知る由もありませんでした
  • 2:31 - 2:33
    ここでの初めての
    フィールドワークで
  • 2:33 - 2:37
    1週間にわたるマッピングプロジェクトが
    終わりに近づいた頃
  • 2:37 - 2:40
    なにやら特別なものに
    行き当たりました
  • 2:41 - 2:45
    ただのしわしわで古い岩に
    見えるものは
  • 2:45 - 2:47
    実は ストロマトライトです
  • 2:47 - 2:51
    この隆起部分の中央には
    子供の手のひらくらいの大きさの
  • 2:51 - 2:54
    珍しい小さな岩がありました
  • 2:54 - 2:59
    この岩を顕微鏡で調べるまでに
    半年ほどかかり
  • 2:59 - 3:02
    当時 指導を受けていた内の1人の
    マルコム・ウォルターから
  • 3:02 - 3:06
    間欠石に似ているのではと
    示唆されました
  • 3:06 - 3:10
    間欠石というのは
  • 3:10 - 3:14
    温泉周辺でしか生成されない岩石です
  • 3:14 - 3:18
    間欠石の重要性を
    お伝えするためには
  • 3:18 - 3:22
    数百年さかのぼって
    お話ししなければなりません
  • 3:23 - 3:28
    1871年に 友人の
    ジョセフ・フッカーに宛てた手紙で
  • 3:28 - 3:29
    チャールズ・ダーウィンは
    こう書きました
  • 3:30 - 3:34
    「生命が温かい泉で
    誕生したとしたらどうだろう
  • 3:34 - 3:36
    様々な化学物質が
  • 3:36 - 3:40
    そこから さらに複雑な変化を
    遂げたのだとしたら?」
  • 3:41 - 3:44
    「温かい泉」というのは
    温泉のことですね
  • 3:44 - 3:46
    このような環境下では 温泉に
  • 3:46 - 3:49
    地中の岩石に含まれる鉱物が
    溶け込んでいます
  • 3:50 - 3:55
    この水溶液が
    有機化合物と混ざり合うと
  • 3:55 - 3:58
    いわば化学工場のような
    場所になるのです
  • 3:58 - 4:04
    ここでは単純な細胞構造が
    生まれうることが研究で示されており
  • 4:04 - 4:07
    これが生命の最初の一歩に
    なりうるのです
  • 4:07 - 4:10
    ダーウィンの手紙から
    100年後に
  • 4:10 - 4:14
    深海熱水噴出孔が
    海中で発見されました
  • 4:14 - 4:16
    これらも化学工場のようなものです
  • 4:16 - 4:20
    こちらの深海熱水噴出孔は
    トンガの火山弧にあるもので
  • 4:20 - 4:24
    太平洋の水深1,100メートルに
    位置しています
  • 4:26 - 4:29
    煙突のような部分から
    もくもくと湧き出る黒い煙のようなものも
  • 4:29 - 4:31
    鉱物を豊富に含んだ液体で
  • 4:31 - 4:34
    バクテリアの養分となるものです
  • 4:35 - 4:37
    深海熱水噴出孔の発見以来
  • 4:37 - 4:42
    生命が誕生したのは
    海中であると考えられてきました
  • 4:42 - 4:44
    これには妥当な根拠があります
  • 4:45 - 4:48
    深海熱水噴出孔は
    古代岩石によく見られるもので
  • 4:48 - 4:52
    初期の地球は
    全体が海で覆われており
  • 4:52 - 4:54
    ほとんど地表がなかったと
    考えられているのです
  • 4:54 - 4:59
    初期の地球に深海熱水噴出孔が
    多く見られた可能性は
  • 4:59 - 5:02
    生命が誕生したのは
    海であるという説に
  • 5:02 - 5:03
    よく当てはまります
  • 5:04 - 5:05
    とはいうものの―
  • 5:07 - 5:11
    ピルバラでの私たちの研究によって
    新たな視点が生まれ
  • 5:11 - 5:13
    また実証されています
  • 5:14 - 5:19
    3年かかりましたが
    私たちは ついにこの岩が
  • 5:20 - 5:23
    間欠石であると
    明らかにできたのです
  • 5:23 - 5:27
    この結論によって示されたのは
    35億年前に
  • 5:27 - 5:31
    ピルバラの火山に
    温泉があったということだけでなく
  • 5:31 - 5:37
    陸上の温泉に
    生命が存在したという証拠が
  • 5:37 - 5:40
    地球の地質記録上
  • 5:40 - 5:44
    30億年もさかのぼれると
    いうことでした
  • 5:45 - 5:48
    ですから 地質学的な観点から言うと
  • 5:48 - 5:55
    ダーウィンの唱えた「温かい泉」が
    妥当な生命の起源説になりえるのです
  • 5:57 - 6:01
    もちろん 地球上でいかに
    生命が誕生したかは議論の余地があり
  • 6:01 - 6:03
    それは これからも
    変わらないでしょう
  • 6:03 - 6:06
    ですが 生命が繁栄したことは確かです
  • 6:06 - 6:07
    様々に進化を遂げて
  • 6:07 - 6:10
    いまだかつてなく
    複雑になっています
  • 6:10 - 6:13
    最終的に 人類の時代に達し
  • 6:13 - 6:17
    人類は自らの存在を
    探求し始め
  • 6:17 - 6:20
    地球外の生命を探し始めました
  • 6:21 - 6:24
    人類を待ち受けている共同体が
    宇宙のどこかにあるのか
  • 6:24 - 6:26
    それとも 我々しかいないのか?
  • 6:27 - 6:31
    この謎への手がかりもまた
    古代の岩石の記録にあります
  • 6:32 - 6:35
    25億年ほど前
  • 6:35 - 6:39
    バクテリアが酸素を
    生成し始めたという記録があります
  • 6:39 - 6:42
    現在の植物のようにです
  • 6:42 - 6:44
    地質学者らは
    この後に続く時代を
  • 6:44 - 6:47
    大酸化イベントと呼びます
  • 6:47 - 6:52
    これは縞状鉄鉱床という
    岩石により示されています
  • 6:52 - 6:57
    その多くは何百メートルもの
    岩石の層になって
  • 6:57 - 6:59
    オーストラリア西部の
  • 6:59 - 7:03
    カリジニ国立公園の中を
    通っている渓谷に
  • 7:03 - 7:05
    露出しています
  • 7:05 - 7:10
    空気中に酸素が生まれたことで
    地球で2つの大きな変化が起きました
  • 7:10 - 7:13
    まず 複雑な生物が
    進化できるようになりました
  • 7:13 - 7:17
    生物が大きく複雑になるには
    酸素が必要なのです
  • 7:18 - 7:21
    それから オゾン層もできました
    このおかげで現代の生物は
  • 7:21 - 7:24
    B領域紫外線(UV-B)の
    有害な影響から守られています
  • 7:25 - 7:30
    皮肉なことに 微生物のおかげで
    複雑な生物が生まれることとなり
  • 7:30 - 7:35
    端的に言うと 30億年にわたる
    地球の支配を譲り渡したのです
  • 7:35 - 7:39
    現在では 人間は
    複雑な生物の化石を採掘して
  • 7:39 - 7:40
    燃料としています
  • 7:41 - 7:46
    これにより膨大な量の二酸化炭素が
    大気中に放たれて
  • 7:46 - 7:48
    私たちの先祖の微生物のように
  • 7:48 - 7:51
    私たちも地球に大きな変化を
    もたらしつつあります
  • 7:53 - 7:57
    この影響により
    地球温暖化がもたらされました
  • 7:59 - 8:04
    残念ながら ここでの皮肉な結末は
    人類の絶滅にもなりかねません
  • 8:04 - 8:08
    ですから 地球外の生命に
    到達することができないのは
  • 8:08 - 8:10
    知的生命体が
    どこかにいたとしても
  • 8:10 - 8:13
    進化を遂げてしまうと
  • 8:13 - 8:15
    自ら絶滅の道を
    たどるからなのかもしれません
  • 8:16 - 8:18
    岩石に話すことができたなら
  • 8:18 - 8:21
    こう言うのではないかと思います
  • 8:22 - 8:25
    「地球上の生命は貴重なのだ」と
  • 8:27 - 8:31
    40億年もの時間をかけて
  • 8:31 - 8:36
    生命と地球が
    繊細で複雑な進化を
  • 8:36 - 8:38
    共に遂げてきたことの
    産物なのですから
  • 8:38 - 8:44
    その中で人類は最後の
    ほんの少ししか担っていません
  • 8:45 - 8:50
    皆さんは この事実を
    指針や予測とすることもできますし
  • 8:50 - 8:55
    宇宙の片隅で人類がこれほど孤独なことの
    説明とすることもできるでしょう
  • 8:57 - 9:00
    いずれにせよ なんらかの視点を
    得るために使ってください
  • 9:01 - 9:06
    皆さんが「故郷」と呼ぶこの地球で
  • 9:06 - 9:11
    後に残したい遺産についての
    視点を得るためにです
  • 9:12 - 9:13
    ありがとうございました
  • 9:13 - 9:16
    (拍手)
Title:
古代岩石が変える生命の起源説
Speaker:
タラ・ジョキッチ
Description:

正確には、いつどこで地球上に生命が誕生したのか? 科学者らは長い間、生命は30億年前に海で生まれたのだと考えてきました。そこに天文生物学者のタラ・ジョキッチと彼女の率いるチームが、オーストラリア西部の砂漠で驚くべき発見をしたのです。火山性の温泉のそばで見つかった古代岩石によって、生命の起源に関する謎についての私たちの理解が、どのように変わろうとしているのでしょうか。

more » « less
Video Language:
English
Team:
TED
Project:
TEDTalks
Duration:
09:30

Japanese subtitles

Revisions Compare revisions