Japanese subtitles

← Plotting It All Together

Get Embed Code
5 Languages

Showing Revision 1 created 08/03/2014 by Udacity.

  1. ここまでで2つのことができました
  2. 保持期間の変数を基にyear_joinedという変数を作り
  3. year_joinedをyear_joined.bucketという変数に
    変換しました
  4. ユーザを各グループに分けたカテゴリ変数です
  5. この変数を表にして各グループの分布を見ましょう
  6. Facebookへの加入時期によって
  7. ユーザが4つのビンに分けられています
  8. 2人のユーザがNAとなっているようです
  9. このyear_joined.bucket変数を使って
  10. 線グラフを作成しましょう
  11. これは先ほどこの図を作り出した時のコードです
  12. 各年齢の友達数の中央値を算出するのに
  13. fun.yパラメータを使っており
  14. サマリを出すのにstatパラメータを使っています
  15. このようなコード構成を使い
    友達数対年齢を作図しましょう
  16. それぞれの加入年のまとまりの線グラフが出ます
  17. つまりそれぞれのまとまりがユーザの友達数の中央値と
  18. 年齢の交差点をトラックする色線で現れます
  19. この図で性別ごとに現れたのと同様です