Japanese subtitles

← 世界に野生を取り戻そう

地球と人類と自然は密接な関係にあり切り離せません。世界に野生を取り戻して、私たち皆の健康を取り戻そうと、環境保護活動家のクリスティン・トンプキンスは訴えます。
パタゴニア社のCEOを経て熱心な活動家になった人生と、南アメリカに何千平方キロメートルもの土地と海からなる国立公園を設立するのを支援した経緯を振り返り、さらに私たちが地球を修復するために行うべき重要な役割を論じます。
「私たちは運命共同体であり、繁栄の道を歩むにしても苦難の道を歩むにしても、皆が共に歩むしかないのです」とクリスティンは語ります。

Get Embed Code
34 Languages

Showing Revision 46 created Today by Natsuhiko Mizutani.

  1. 私と兄弟はカリフォルニアの
    曽祖父の牧場で育ちました
  2. 牧場の風景は私の家族と家を象徴するものです
  3. 私たちの代になって 牧場の厳しい仕事を
    誰も継ぎたくないことがはっきりしたので
  4. 牧場は近くの人に売り払いました
  5. 私たちの人生は錨を失い
  6. 土地が無くなってからは
    漂流を続けている気分でした
  7. このとき初めて分かりました
  8. 価値ある物を本当に理解することは
  9. それが存在している間は難しく
  10. 無くなってから分かるのだと
  11. ただその時には
  12. いろいろな愛する物を失ったことが
  13. 私の将来にどれほどの影響を及ぼすかを
    見通すことはできませんでした
  14. 23年にわたって
    私はイボン・シュナードと働きました

  15. 私が働き始めたのは
    彼が 岩と氷壁の登攀に使う —
  16. 道具の開発と製造を
  17. ベンチュラで 線路の近くの
    トタンぶきの小屋で始めたときでした
  18. イボンが クライマー向けの
    ウェアを作ろうと決めて
  19. その商売をパタゴニアと名付けたときに
  20. 私は最初の6人の従業員の一人となり
  21. そののちに CEO まで務めて
  22. 会社の成長に貢献しました
  23. 最良の製品を作り世界に貢献するという言葉が
  24. 単なるキャッチフレーズ以上の
    意味を持つ会社です
  25. ダグ・トンプキンスは
    何年かのちに私の夫となりましたが

  26. イボンの旧友で
    クライマー仲間でもあると共に
  27. 起業家でもあり
  28. ザ・ノース・フェイスとエスプリの
    共同創始者でした
  29. 3つの会社はいずれも
  30. 創業者が青春を過ごした60年代の
  31. 市民権運動や反戦運動、フェミニズムや
    平和活動に影響を受けていました
  32. 当時はこういう価値観が注目され
  33. 3つの会社の掲げる価値の中に
    反映されていました
  34. 1980年代の終わりには

  35. ダグは事業の一切から手を引き
  36. 人生の残り3分の1を捧げて
  37. 「地球に賃料を支払う」と呼んだ
    活動をすると決めました
  38. 同じ頃 私は40歳を迎え
  39. まったく新しいことに
    挑戦したい気持ちになっていました
  40. パタゴニア社を退職した翌日に
  41. 私は1万キロを飛んで
    パタゴニアの地に向かい
  42. 人生の残り3分の1で最初の
    自然保護プロジェクトを開始していた
  43. ダグと合流しました
  44. 私たちは
    実業の世界からの避難民として

  45. チリの南部にある
    海岸近くの小屋に引きこもりました
  46. 周りを囲む原生の雨林には
  47. 樹齢1000年以上の
    パタゴニアヒバがそびえていました
  48. そこは大きな原生林の真ん中で
  49. パンアメリカンハイウェイが
    アラスカのフェアバンクスから
  50. ホーン岬に至る途中で
    未開通の2箇所の片方です
  51. 私たちの日常生活に
    根本的な変化が急がれると痛感したのは
  52. 自然の美しさと生物多様性が
  53. 至るところで損なわれていると
    分ってきたからです
  54. 地上で最後まで
    未開のまま守られたこの地が
  55. 残っていた理由は
  56. 容赦ない開発の最前線が
  57. まだ到達していなかっただけのことでした
  58. ダグと私は地球上でもっとも
    遠隔の地にいましたが

  59. 私たちが自然保護に最初に着手した
    このプマリン・パークの周囲ですら
  60. 水産養殖産業が
    悪性腫瘍のように成長していました
  61. まもなく
    その他の脅威もパタゴニア地域に到達しました
  62. 金の採掘や 手つかずの流域に持ち上がった
    ダムのプロジェクト
  63. その他の摩擦も増えていきます
  64. 世界の経済成長が暴走する音は
  65. 南アメリカの最南端にも
    響きわたっていました
  66. 進歩は一般的には
    とても前向きなこと

  67. ある種の望ましい進化と
    みなされていることを知っています
  68. ただこの地から見ていると
  69. 経済成長の負の側面も見えてきます
  70. 経済を軸とする世界観で
  71. 全ての生命を支える
    自然環境のシステムを眺めると
  72. 地球を 私たちが必要と考える物を
    全て生産する―
  73. 工場として扱うことに陥ります
  74. そんな世界観は人類の幸福や
  75. 地球の気候や
    野生動物に対して
  76. 破壊的な結果をもたらすと気づき
    皆が心を痛めています
  77. ダグはそれを進歩の対価と呼びました
  78. こういう世界を眺めると
  79. それに対して抵抗する側に
    加わりたいと考えました
  80. 一方的な進歩を押し戻すのです
  81. 購入した私有地を寄贈して

  82. 国立公園を作るという発想は
  83. 特に新しいものではありません
  84. ワイオミングのグランドティトン国立公園で
    眺望を楽しんだり
  85. メインのアーカディア国立公園でキャンプを
    したことのある人は
  86. この偉大なアイデアから恩恵を受けています
  87. 家族財団を通じて
  88. 私たちはチリとアルゼンチンで
    野生動物の生息地を購入し始めました
  89. 保全生物学の知見に従って
  90. 野生の土地を繋げていけるように
    大規模に購入しました
  91. ある場所は手つかずのままの姿であり
  92. 別の場所は再び自然を取り戻すために
  93. 時間をかけて修復することが必要でした
  94. 最終的には
    8000平方キロメートルの土地を
  95. 協力の得られる売り手から取得し
  96. それを繋げて
    私的な管理のもとで保護地域としました
  97. 並行してキャンプ場やトレイルなど
    公園としての基盤を整備しました
  98. 将来は一般に向けて公開し
  99. 誰でも受け入れます
  100. 私たちのゴールは この土地全てを
    新しい国立公園として寄付することでした

  101. これを資本主義の柔道技と
    呼んでも良いでしょう
  102. 事業を通じて私有財産を築き
  103. それを投じて 世界の経済が進出して
  104. 自然を貪り食うのを防ぐのです
  105. 良さそうな話ですが
  106. 90年代初頭のチリでは
  107. 私たちが称する原生地保護の慈善事業は
  108. まったく未知の取り組みであり
  109. 多大な疑念に直面することになりました
  110. 多くの地域では
    あからさまに敵視されました
  111. 時間をかけて
    約束を実現することを軸にして
  112. 支持者を獲得してきました
  113. 27年間にわたって
  114. 6万平方キロ近くの
  115. 温帯降雨林と
    パタゴニアの草原地域と
  116. 沿岸地域と淡水の湿地帯を永続的に保護し
  117. 13カ所の国立公園を作りました
  118. どの公園も私たちが寄付した土地と
  119. これらの土地に隣接する
    国有地から構成されています
  120. 4年前 カヤックの事故によって
    ダグが亡くなると

  121. またあの喪失の感覚に
    直面することになりました
  122. ただ 私たちトンプキンス・
    コンサベーションのメンバーは
  123. 悲しみを受け止め
    仕事を加速しようと努めました
  124. たとえば2018年には
  125. 南太平洋沿いに
    10万平方キロメートルの
  126. 新しい海洋公園を開設しました
  127. 商用の漁獲とあらゆる採掘を
    禁じています
  128. 2019年には史上最大の
    私有地贈与を完了し
  129. 私たちが所有する自然保護区域の
    最後の4千平方キロメートルを
  130. チリ政府に引き渡しました
  131. 公民の連携によって
  132. 5つの新しい国立公園が生まれ
    また3つの国立公園が拡張されました
  133. 全てを合計すると
    スイスの国土よりも広い地域となります
  134. 私たちのプロジェクトは全て
    連携の成果です

  135. まず何よりもチリ政府や
    アルゼンチン政府との連携です
  136. さらにこれには
  137. 両国の貴重な財産の価値を理解し
    守ろうとするリーダーシップが
  138. 今日のためだけでなく
    はるか将来のためにも欠かせません
  139. 同じ思いを持った
    自然保護の慈善活動家との連携も
  140. 全ての成果に関わっています
  141. 15年前には よく自問したものでした

  142. ただ自然を守るだけではなく
  143. 完全に機能する生態系を作るためには
    何をする必要があるだろうか
  144. そして活動している
    それぞれの場所について考えました
  145. 欠けているのは何か
  146. どんな種が消滅しているのか
  147. あるいは数が減って脆弱な種はどれか
    などです
  148. また 合わせて考える必要があったのは
  149. そういう種が絶滅の憂き目にあった
  150. 直接の理由を取り除くことです
  151. 今となっては自明に見えても
  152. 当時の私たちには
    雷に打たれるほどの衝撃でした
  153. そして私たちの取り組み全ての性質を
  154. 完全に塗り替えました
  155. 生態系の全ての構成員が
    そこに居て繁栄していなければ
  156. のちの世界に 完全に生きた生態系を
    残すことは不可能でしょう
  157. それ以来 いくつかの固有種を
    イベラ湿地に導入してきました
  158. オオアリクイ
  159. パンパスジカ
  160. ヘソイノシシ
  161. そして かなり苦労することになったのですが
  162. 100年にわたって生態系から失われていた
    ベニコンゴウインコを復元しました
  163. 今日 この鳥は戻ってきて
    自由に飛び回って種子を播くなど
  164. まったく自然に生息しています
  165. イベラでのこういう活動の

  166. 目玉は頂点捕食者を
    復元することです
  167. 陸上ではジャガー
    水中ではオオカワウソ
  168. 何年かの試行錯誤を経て
    生まれたジャガーの子供は
  169. この半世紀ではじめて
  170. イベラの湿地に返される予定です
  171. 今や 7000平方キロメートルの
    イベラ公園には十分な空間があり
  172. ジャガーの個体数が増えてきても
  173. 近隣の牧場に影響するリスクはわずかです
  174. チリでの自然復元プロジェクトは
  175. パタゴニア地域で 個体数が少なかった
    大事な数種に関して
  176. 着実に進展しています
  177. 絶滅寸前だったフエムルジカや
  178. ダーウィン・レアを保護し
  179. ピュマとキツネの個体数を復活させました
  180. 何かを失ったからといって
    単に郷愁の念を覚えたり絶望するだけなら

  181. 何の役にも立ちません
  182. そうではなくて
  183. 失われたものを取り返そうとする
  184. 意欲を生み出す力となってはじめて
    有用なのです
  185. もちろん 再野生化の最初のステップは
  186. それが可能だと想像するところからです
  187. 昔の日記に登場する
    大量の野生の生き物は
  188. ほこりをまとった古い本に書かれた
    ただの物語ではないのです
  189. 想像できますか
  190. 世界はもっと美しく
    もっと公平なものにできると
  191. 信じられますか
  192. 私はできます
  193. それを見てきたからです
  194. これがその実例です
  195. 2004年に 私たちが
    チリとパタゴニアにおける

  196. 最大級の牧場を購入したとき
  197. こんな光景が広がっていました
  198. この土地は1世紀にわたって
    家畜が過放牧され
  199. 世界中の草地と同様のひどい状態でした
  200. いたるところで土壌が浸食され
  201. 数百キロにわたって設置された囲いが
  202. 野生動物の自由な行動を妨げていました
  203. もはや残された野生動物は
    ほとんどいないというのに
  204. 地域固有の ヤマネコやキツネは
    何十年も虐げられ続け
  205. わずかな個体数が残るばかりでした
  206. その土地が今では
    3000平方キロのパタゴニア国立公園となり
  207. ご覧のような景色になりました
  208. 以前は牧場で働いていたアルケリオは
  209. かつては ヤマネコを
    見つけて殺すのが最優先の仕事でしたが
  210. 今では公園の野生動物保護官の
    チーフとして働いています
  211. 彼の話は何が可能なのかについて
    世界中の人の想像力を捉えます
  212. こういう考え方と映像を紹介しているのは
    自己満足のためではなく

  213. お伝えしたいことがあり
  214. 差し迫った課題に取り組んでほしいからです
  215. 生存に関わる問いであればすなわち
  216. 生存する生物の多様性と
    人類の尊厳と
  217. 健全な人間社会について問うならば
  218. その答えは 地球に野生の地を
    復元することを含むはずです
  219. できるだけ広く できるだけ迅速に
  220. そのためには 誰もにできることがあります
  221. ただとりわけ 特権を手にし
  222. 政治的な力と
  223. 富を有するみなさん
  224. 事態をきちんと直視してください
    好むと好まざるとにかかわらず
  225. 私たちの未来を巡る
    勝負の舞台はここになります
  226. そしていよいよ問題の核心に迫ります
  227. 世界の行く末を変えるために必要なことに
    取り組む準備はできているでしょうか

  228. ここ数カ月の間
    新型コロナウイルスの蔓延を防ぐために
  229. 世界中で生じた変化は
  230. とても希望の持てるものでした
  231. それは 厳しい環境下でも力を合わせて
    活動できることを示しているからです
  232. 今乗り越えようとしていることは
    地球温暖化の結果生じるであろう―
  233. より広範な被害の
    先駆けなのかもしれません
  234. 警告なしで訪れた危機に対して
  235. 世界は 想像もしなかったやり方での
    共同の取り組みを学んでいます
  236. 世界中の若者が
    立ち上がり 街に出て
  237. 私たちの責任を問い
  238. 私たちの無為を責めているのに
  239. 私は勇気づけられます
  240. どれも 前にも聞いたことのある話でしょう

  241. ただ 全てのものがお互いに全て
    つながっているという現実に
  242. 目覚めるべき時があるならば
  243. 今こそ その時期です
  244. 全ての人の暮らしが
    世界中のあらゆる人の行為に影響されます
  245. 人類の運命は
    この地球の健康状態と固く結びついています
  246. 私たちは運命共同体であり
  247. 繁栄の道を歩むにしても
  248. 苦難の道を歩むにしても
  249. 皆が共に歩むしかないのです
  250. ここが大事なポイントです

  251. 私たちはすでに 個人個人が
    行動するしかない事態を迎えています
  252. 私はこう考えます
  253. 倫理的な義務として
    私たちの一人ひとりが
  254. 自分のいる場所を生命の循環の中で
    捉え直すことが求められています
  255. 自分が中心と考えないで
    全体の一部として考えるのです
  256. こうありたいと選んだ姿が
  257. 私たちの行動に反映されることを
    忘れてはいけません
  258. すべての生命のそれぞれに価値を認めるような
    文明を作りましょう
  259. たとえ誰であっても
  260. どんなことに取り組まないといけなくても
  261. 毎朝 起きたときには必ず
  262. 何か自分自身とは関わりがなく
  263. 自分の愛することと大いに関わることを
    何かしてください
  264. それが真実であるとわかっていることを
    行ってください
  265. 人類の進歩を こんなふうに
    想像するようになってください
  266. 私たちを全体性に近づけるもの
  267. 健全さをめざすもの
  268. 人の尊厳を目指すもの
  269. 常に
  270. そして永遠に
  271. 野生の美を目指すもの
  272. ありがとう