Japanese subtitles

← Overplotting and Domain Knowledge

Get Embed Code
5 Languages

Showing Revision 1 created 08/03/2014 by Udacity.

  1. 練習問題でアルファとジッタを使って
  2. 度数の大小を表しましたがまだ何かできそうです
  3. モイラが彼女の知識と変数変換を用いて
  4. どう散布図を調整したか聞いてみましょう
  5. 次に私がしたことは
  6. まず再度 閲覧者数の推測値と実際の閲覧者数を出して
  7. この軸を変換することです
  8. 今度は友達数のパーセンテージが軸となります
  9. ユーザの中には友達が50人の人
  10. 100人の人、2,000人の人などがいますので
  11. 推測閲覧者数を可能な閲覧者数の
  12. 割合として考える方が理にかなっているのです
  13. 調査対象のユーザ全員が
    投稿を友達間でシェアしていたので
  14. 友達数が閲覧者の最大数になると予想できます
  15. これで発見したことは
  16. この方法で作図するとすべての点が
  17. この斜線つまり完全な相関を表す線の
    ずいぶん下にあるということです
  18. この図で気をつけたいのは
  19. これが2つの異なる調査であるという点です
  20. 1つ目の調査は特定の1つの投稿に対し
  21. 何人がそれを見たと思うか聞きました
  22. もう1つはFacebookでシェアしている内容全体に対し
  23. 何人が見ると思うか質問しました
  24. こちらがその質問に関する図です
  25. こちらの方の予想数は少し高めでした
  26. それでも人々は友達の10%程度と考えています
  27. でも実際は1ヵ月以内に
  28. 40%か50% 時には60%の友達が
  29. 内容を目にしているのです
  30. この図を見れば前月に
  31. 何パーセントの友達が見たか分かるわけです
  32. ここでも推測は実際より低い数字です