Return to Video

Ordered Factors

  • 0:00 - 0:04
    これらのfactorを詳しく見ていきましょう
  • 0:04 - 0:07
    age.range変数に注目してください
  • 0:07 - 0:13
    異なる7つのレベルのfactorがあるのが分かります
  • 0:13 - 0:17
    変数のレベルを導くにはコマンドにlevelsと入力して
  • 0:17 - 0:19
    ここに変数を入れていきます
  • 0:19 - 0:23
    するとコンソールに
    age.rangeの7つのレベルが現れます
  • 0:23 - 0:26
    age.range変数の表を作る代わりに
  • 0:26 - 0:29
    各グループのユーザ数が分かる図を作りましょう
  • 0:29 - 0:32
    調査の回答者のうち何人が
  • 0:32 - 0:35
    18~24歳なのか 25~34歳なのかを知りたいのです
  • 0:35 - 0:38
    ggplot2パッケージと付属のgplot機能を使って
  • 0:38 - 0:41
    この表を作っていきます
  • 0:41 - 0:45
    次のレッスンで練習しますのでこのコードについては
  • 0:45 - 0:48
    そんなに心配しなくて大丈夫です
  • 0:48 - 0:51
    コードを実行すると表がここに現れます
  • 0:51 - 0:53
    図を拡大してみると
  • 0:53 - 0:56
    グループが年齢順に現れていると分かります
  • 0:56 - 0:59
    18歳以下の回答者以外は順番通りです
  • 0:59 - 1:05
    もしこの縦棒がこちら側にあるとよりよいといえます
  • 1:05 - 1:09
    グループ毎の比較がしやすいですからね
  • 1:09 - 1:13
    そのため順序付きファクターが
    必要となってくるわけです
  • 1:13 - 1:16
    このage.range変数は
    7レベルのfactorを含んでいますが
  • 1:16 - 1:19
    レベルの順番は特に決まっておらず
  • 1:19 - 1:23
    データ集合を整列させて読みやすい図を作成します
  • 1:23 - 1:26
    順序付きファクターについて少し理解したところで
  • 1:26 - 1:30
    次の問題をやってみましょう
  • 1:30 - 1:32
    まずRedditの調査データをダウンロードし
  • 1:32 - 1:36
    変数の構造を見てください
  • 1:36 - 1:37
    構造を見たら問題に答えてください
  • 1:37 - 1:42
    次のうちage.rangeのように
    順序付きファクターに変換できるのは
  • 1:42 - 1:44
    どの変数でしょうか
  • 1:44 - 1:46
    該当する変数を選んでください
Title:
Ordered Factors
Video Language:
English
Team:
Udacity
Project:
UD651: Exploratory Data Analysis
Duration:
01:47

Japanese subtitles

Revisions Compare revisions