Return to Video

31-16 Reading Tables 3

  • 0:00 - 0:06
    信頼区間を計算した時に学んだことを
    実際に応用してみましょう
  • 0:06 - 0:08
    90%の信頼区間を得たいとします
  • 0:08 - 0:14
    コイン投げで5つの要素を持つ
    データ配列11000が得られたとしましょう
  • 0:14 - 0:20
    最も正確な方法ではないかもしれませんが
    ここではt分布表を使います
  • 0:20 - 0:26
    分散は今まで何回も計算しました
    ここは0.24です
  • 0:26 - 0:33
    n=5なので √σ²/n=約0.219です
  • 0:33 - 0:40
    何度も計算しましたので数字だけ出しました
    求めてもらいたいのは信頼区間です
  • 0:40 - 0:46
    左は平均です
    右の空欄に入る数値を計算してください
Title:
31-16 Reading Tables 3
Description:

31-16 Reading Tables 3

more » « less
Video Language:
English
Team:
Udacity
Project:
ST101 - Intro to Statistics
Duration:
0:49

Japanese subtitles

Revisions Compare revisions