Return to Video

バリー・マッギー: タギング | "Exclusive" | Art21

  • 0:08 - 0:12
    [バリー・マッギー:タギング]
  • 0:16 - 0:22
    子供たちが何かへ自分の名前を残す。
    その事に今でも惹き付けられる。
  • 0:22 - 0:25
    僕がティーンエイジャーだった頃のようにね。
  • 0:27 - 0:32
    サンフランシスコの路上はすごい人口密度なんだ。
  • 0:37 - 0:41
    グラフィティをやっているとたいがい他の誰かと出会う。
  • 0:41 - 0:47
    まるで同じような場所で、夜中にうろついているんだ。
  • 0:47 - 0:52
    時々、走ったり逮捕から逃れなきゃならなくて、
    茂みへ隠れようとすると
  • 0:52 - 0:55
    そこにはもう他の人がいるんだ。
  • 0:56 - 0:59
    そこではいつも、何かしらやっていたり、
  • 0:59 - 1:05
    路上や街角でどうにか生き抜いている人の存在があって、
  • 1:05 - 1:09
    魅力的な文字があったんだ…。
  • 1:11 - 1:18
    それにいつも友好的だった、なるべく早く逃げようと
    茂みへバイクを突っ込んでいたら、
  • 1:18 - 1:22
    彼らは手招きして、「こっちだ、こっち -- 大丈夫だ…」
  • 1:22 - 1:25
    「ここなら誰にも見つからない」[笑い声]
  • 1:26 - 1:32
    落書きの数ですぐに街がどれだけ健全か分かるんだ。
  • 1:32 - 1:36
    広告と真っ向から競うようなものだ。
  • 1:36 - 1:41
    落書きは今でも、堕落していないと
    思う最後のものだ。
  • 1:41 - 1:47
    [笑い声] ...僕にとってはね。
    子供たちがやるようにだらだらとしたものさ。
  • 1:49 - 1:52
    今でもチャンスがあればやっている。
  • 1:53 - 1:56
    完璧な流れでなきゃいけない。
  • 1:58 - 2:03
    落ち着かなくて心を騒がせる何かがある。
  • 2:03 - 2:07
    外側へ向けて突進していき、持ち去っていく。
  • 2:07 - 2:13
    ずっと長い時間、あらゆる物の間に
    居座り続ける充足感。
  • 2:13 - 2:18
    まさに人生のように、やって来ては去る。
  • 2:18 - 2:20
    過ぎ去ったものは身近になり、
    記憶に残る。
  • 2:21 - 2:25
    スタジオで再現するのは難しい。実践が困難だ。
  • 2:26 - 2:29
    [機械仕掛けで動く金属の彫像がキーキー、
    ホイール音をたてている]
  • 2:45 - 2:51
    落書きをしているマネキン達は
  • 2:51 - 2:56
    若いころ友達と私がやっていた頃のように、
    いつまでも落書きの模様を示してくれる。
  • 2:56 - 3:00
    こちらは、お互いに肩車をして
  • 3:00 - 3:03
    できるだけ高いところで落書きをしている場面だ。
  • 3:10 - 3:15
    落書きする人が実のところ罪を犯しているのか、
  • 3:15 - 3:17
    アートなのかそれとも一体何をしているのか分からないだろうね。
  • 3:17 - 3:22
    だからこうして状況を再現するのは実に面白かったんだ。
  • 3:23 - 3:27
    [機械仕掛けの彫像がホイール音とともに動いている]
  • 3:46 - 3:49
    この展示では20代半ばの熱心な子供たちが
  • 3:49 - 3:52
    どのようにグラフィティをやってきたかが分かるよ。
  • 3:52 - 3:55
    ガイドブック的なものと言っていい。
  • 3:57 - 4:04
    すべての作品はまるで次のように語る、
    「僕達は手を取って連れていくよ。興味があるなら」
Title:
バリー・マッギー: タギング | "Exclusive" | Art21
Description:

エピソード #177: 2012年制作, この"Exclusive"ではベーカリー・アートミュージアムとパシフィックフィルムアーカイヴで個人回顧展を開催したバリー・マッギーを追っている。彼は、サンフランシスコで育つ内にタギングに興味を持つようになり、新たにタグを付ける興奮とそこから逃げ去る激しさを述懐している。
ストリート・カルチャーにおける継続的で親密な参画と並行して、マッギーは精力的なスタジオでの実践を続けており、それはある種「全く異なる」ものを表現している。作る事と見せる事、これら2つの相反するやり方は、ボストン・コンテンポラリーアート美術館の「バリー・マッギー」展で出会う事ができる。
スケーターとグラフィティ・アーティストとの間のカルト的な彫像、ドローイング、ペインティング、ミクスト・メディアインスタレーションといった作品はコンテンポラリーな都市文化と空の酒瓶、ペイント用のスプレー缶、タグ付けされたサイン、レンチ、廃材、廃金属を合成した素材からそのインスピレーションを得ている。マッギーは"Twist."のタグで知られるグラフィティ・アーティストでもある。

このアーティストについての詳細は:
http://www.art21.org/artists/barry-mcgee

クレジット: プロデューサー: Ian Forster. コンサルティング プロデューサー: Wesley Miller & Nick Ravich. インタビュー: Bob Elfstrom. カメラ: Bob Elfstrom. 音声: Doug Dunderdale. 編集: Morgan Riles. アートワーク提供: Barry McGee. 記録映像提供: Videograf Productions. 記録写真提供: Barry McGee. スペシャルサンクス: UC Berkeley Art Museum and Pacific Film Archive.

"Barry McGee" at the Berkeley Art Museum and Pacific Film Archive (BAM/PFA)
August 24--December 9, 2012
http://bampfa.berkeley.edu/exhibition/mcgee

"Barry McGee" at the ICA Boston
April 6--September 2, 2013
http://www.icaboston.org/exhibitions/exhibit/BarryMcGee/

more » « less
Video Language:
English
Team:
Art21
Project:
"Extended Play" series
Duration:
04:20

Japanese subtitles

Revisions Compare revisions