Return to Video

01x-13 2 Sided Market

  • 0:00 - 0:06
    ビジネスモデル・キャンバス全体や
    顧客セグメントで理解しておくべきことは
  • 0:06 - 0:11
    顧客セグメントは多面的になる場合もあることです
  • 0:11 - 0:15
    Googleを例にしてみると興味深いことが分かります
  • 0:15 - 0:18
    Google検索の場合を考えてみましょう
  • 0:18 - 0:22
    まず顧客は誰でしょうか
  • 0:22 - 0:25
    Webやモバイルで検索している人です
  • 0:25 - 0:29
    商品は無料の検索バーやモバイル・アプリです
  • 0:29 - 0:32
    キーリソースは何でしょうか
  • 0:32 - 0:37
    ソフトウエア、ソフトウエア開発者、
    導入ユーザベースなどが必要です
  • 0:37 - 0:40
    重要なのはこの商品が無料なことです
  • 0:40 - 0:46
    必要なコストとしては
    大量のデータセンターやソフトウエア開発があります
  • 0:46 - 0:50
    主な活動はデータセンターの規模やスピードです
  • 0:50 - 0:54
    重要なのは収益モデルが無料なことです
  • 0:54 - 0:59
    しかしGoogleとGoogle検索は
    世界でも有数の利益の高いビジネスです
  • 0:59 - 1:02
    Googleはどうやって利益をあげているのでしょうか
  • 1:02 - 1:08
    これまでやってきたことを踏まえて考えてみると
    Googleにはユーザーがいます
  • 1:08 - 1:12
    でも他の誰かが商品の支払いをしています
  • 1:12 - 1:17
    他の誰かというのは
    広告主という別の顧客セグメントです
  • 1:17 - 1:22
    ここにユーザーがいて
    ここに支払人がいます
  • 1:22 - 1:30
    そして両方の顧客セグメントに価値提案があります
  • 1:30 - 1:33
    ユーザーには無料検索バーがあります
  • 1:33 - 1:38
    広告主にはまったく異なる商品である
    Google AdWordsがあります
  • 1:38 - 1:41
    そして顧客との関係も異なります
  • 1:41 - 1:44
    ユーザーの場合は自動処理で
  • 1:44 - 1:48
    Googleサイトを見たり
    Googleツールバーをダウンロードすることです
  • 1:48 - 1:50
    支払人の場合は自動処理もあり得ますが
  • 1:50 - 1:54
    大々的な広告を伴う
    テレマーケティングや直接販売があります
  • 1:54 - 2:00
    流通チャネルは自動処理以外に
    セルフサービスや直接販売があります
  • 2:00 - 2:05
    重要なのは異なるセグメント、異なる価値提案、
  • 2:05 - 2:08
    異なる顧客との関係があるだけでなく
  • 2:08 - 2:13
    異なる収益モデルがあることです
    これは重要なポイントです
  • 2:13 - 2:17
    多面的な顧客セグメントには多面的な価値提案、
  • 2:17 - 2:21
    多面的な顧客との関係、時には異なるチャネルがありますが
  • 2:21 - 2:27
    常に異なる収益モデルがあります
    そしてこれが支払人です
  • 2:27 - 2:31
    Google検索は2面的市場と呼ばれ
  • 2:31 - 2:33
    ユーザーと支払人から成り立っています
Title:
01x-13 2 Sided Market
Description:

more » « less
Video Language:
English
Team:
Udacity
Project:
EP245 - Lean Launchpad
Duration:
02:35
Fran Ontanaya edited Japanese subtitles for 06-12 2_Sided_Market

Japanese subtitles

Revisions