Return to Video

『巨匠とマルガリータ』を読むべき理由 ― アレックス・ジェンドラー

  • 0:08 - 0:11
    悪魔が街にやってきました
  • 0:11 - 0:15
    でも ご心配なく―彼は魔術ショーを
    開きたいだけです
  • 0:15 - 0:20
    このようなナンセンスな設定が
    ミハイル・ブルガーコフの代表作である
  • 0:20 - 0:22
    『巨匠とマルガリータ』の
    中心プロットです
  • 0:22 - 0:25
    この作品は
    1930年代のモスクワで書かれ
  • 0:25 - 0:31
    政治風刺や歴史小説
    オカルト神秘主義をシュールにブレンドした
  • 0:31 - 0:35
    20世紀最大の名作のひとつとして
  • 0:35 - 0:37
    またその奇妙さで名をはせてきました
  • 0:37 - 0:42
    この物語はモスクワで
    2人の文学エリートメンバーが
  • 0:42 - 0:45
    外国からやってきた学者で
    ヴォランドだと名乗る
  • 0:45 - 0:48
    不思議な紳士に会話を遮られて
  • 0:48 - 0:51
    黒魔術の披露に誘われる
    ところから始まります
  • 0:51 - 0:55
    この見知らぬ男が
    2人の哲学的な論争に加わり
  • 0:55 - 0:58
    不吉な彼らの運命を予言したかと思えば
  • 0:58 - 1:02
    読者は突然 1世紀のエルサレムへと
    移動させられます
  • 1:02 - 1:04
    そこでは 煩悶する
    ポンティウス・ピラトゥスが
  • 1:04 - 1:09
    ナザレのイエスに
    不承不承ながら死刑を宣告します
  • 1:09 - 1:11
    物語はこの2つの設定を往来し
  • 1:11 - 1:16
    ヴォランドと 取り巻きであるアザゼッロ
    コロヴィエフにへルラ
  • 1:16 - 1:19
    巨大な猫であるベゲモートが
  • 1:19 - 1:21
    舞台上のパフォーマンスとして
  • 1:21 - 1:24
    超人的な魔力を行使し
  • 1:24 - 1:28
    大混乱に陥れます
  • 1:28 - 1:33
    この小説のダークユーモアの多くは
    悪魔のいたずらによるものだけではなく
  • 1:33 - 1:36
    時代背景にも由来しています
  • 1:36 - 1:40
    ブルガーコフの作品の時代設定は
    作品が書かれた時と同じで
  • 1:40 - 1:43
    スターリン時代のソビエト連邦の
    真っただ中でした
  • 1:43 - 1:47
    そこでは 芸術家や作家には
    厳しい検閲が課され
  • 1:47 - 1:50
    彼らが国家のイデオロギーを揶揄していると
    判断されれば
  • 1:50 - 1:54
    投獄や流刑
    死刑となりました
  • 1:54 - 1:56
    承認されたとしても
    彼らの作品や
  • 1:56 - 1:58
    住処や旅行に至るまで 何もかもが
  • 1:58 - 2:01
    入り組んだ官僚主義によって
    管理されていました
  • 2:01 - 2:07
    この小説では 現実の構造に加えて
    ヴォランドがこのシステムを操ることで
  • 2:07 - 2:09
    滑稽な結果をもたらしています
  • 2:09 - 2:13
    首が胴体から切り離され
    札束が宙を舞うと
  • 2:13 - 2:16
    モスクワ市民は 利己的な反応を示し
  • 2:16 - 2:22
    ソビエト社会が その理想とは異なり
    貪欲でシニカルであることが分かります
  • 2:22 - 2:26
    淡々と進む物語は 意図的に
  • 2:26 - 2:28
    超常的な出来事と
  • 2:28 - 2:32
    ソビエトの日常生活における不条理を
    ブレンドしています
  • 2:32 - 2:36
    では ブルガーコフはどうやって
    このように破壊的な小説を
  • 2:36 - 2:38
    抑圧的な体制下で
    出版できたのでしょうか?
  • 2:38 - 2:40
    実はしていないのです
  • 2:40 - 2:43
    彼は『巨匠とマルガリータ』を
    10年以上かけて書きました
  • 2:43 - 2:45
    スターリンの個人的な好意が
  • 2:45 - 2:49
    ブルガーコフを厳しい迫害から
    保護したのかもしれませんが
  • 2:49 - 2:52
    彼の戯曲や作品の多くは
    出版されることはなく
  • 2:52 - 2:55
    身の安全は確保されていたものの
    事実上 沈黙させられていました
  • 2:55 - 2:58
    1940年に彼は亡くなりましたが
  • 2:58 - 3:00
    やはり作品は出版されないままでした
  • 3:00 - 3:04
    検閲済みの版が1960年代に
    ようやく出版されましたが
  • 3:04 - 3:07
    完全版は 文学ファンの間で
  • 3:07 - 3:09
    こっそりと回し読みされていました
  • 3:09 - 3:13
    完全版は やっと1973年に
    出版されましたが
  • 3:13 - 3:16
    これは 作品が完成した
    30年以上後のことでした
  • 3:16 - 3:20
    ブルガーコフが受けた検閲の経験や
    芸術的な欲求不満が
  • 3:20 - 3:23
    作品の後半に自伝的な要素として
    表れていて
  • 3:23 - 3:26
    ようやく題名の由来が明かされます
  • 3:26 - 3:30
    「巨匠」とは 一編の小説に
    何年も取り組みながらも
  • 3:30 - 3:34
    ブルガーコフと同じく
    出版社に拒絶された原稿を燃やした
  • 3:34 - 3:37
    名もなき作家のことなのです
  • 3:37 - 3:41
    しかし 本当の主人公は
    巨匠の愛人であるマルガリータです
  • 3:41 - 3:45
    巨匠があきらめた夢を救おうとする
    彼女の献身が
  • 3:45 - 3:48
    悪魔の仲間の突飛な行為へと奇妙につながり
  • 3:48 - 3:52
    物語はシュールな結末を迎えるのです
  • 3:52 - 3:55
    ダークユーモアと
    複雑な構造にもかかわらず
  • 3:55 - 4:02
    『巨匠とマルガリータ』は
    皮肉の中でも決して失われることのない
  • 4:02 - 4:05
    芸術 愛 あがないへの瞑想が
    核となっています
  • 4:05 - 4:10
    出版に至るまでの長い時間にも関わらず
    この本が生き延びられたのは
  • 4:10 - 4:14
    ヴォランドが巨匠に告げたように
  • 4:14 - 4:17
    「原稿は燃えないもの」だからです
Title:
『巨匠とマルガリータ』を読むべき理由 ― アレックス・ジェンドラー
Speaker:
アレックス・ジェンドラー
Description:

悪魔が街にやってきました。でも ご心配なく―彼は魔術ショーを開きたいだけです。このようなナンセンスな設定がミハイル・ブルガーコフの代表作である『巨匠とマルガリータ』の中心プロットです。政治風刺や歴史小説、オカルト神秘主義をシュールにブレンドした20世紀最大の名作のひとつとして、またその奇妙さで名をはせてきました。アレックス・ジェンドラーがこの反体制的な小説を探ります。

講師:アレックス・ジェンドラー、監督:Adriatic Animation
このビデオの教材 : https://ed.ted.com/lessons/why-should-you-read-the-master-and-margarita-alex-gendler

more » « less
Video Language:
English
Team:
TED
Project:
TED-Ed
Duration:
04:12

Japanese subtitles

Revisions