Return to Video

ニューヨーカー誌、象徴的な表紙イラストの舞台裏

  • 0:01 - 0:03
    私は24年前
  • 0:03 - 0:04
    アートディレクターとして
  • 0:04 - 0:06
    ニューヨーカー誌に招かれました
  • 0:06 - 0:11
    当時 少し古臭くなっていた体制を
  • 0:11 - 0:15
    若返らせること そして
  • 0:15 - 0:18
    新たなアーティストを招いて
  • 0:18 - 0:21
    この雑誌を象牙の塔から
    引きずり出し
  • 0:21 - 0:25
    時代との関わりを
    築くことが目的でした
  • 0:25 - 0:27
    これは私には まさに
    うってつけの仕事でした
  • 0:27 - 0:32
    というのも 私がいつも惹かれるのは
    たった1つのイメージ —
  • 0:32 - 0:34
    1枚のシンプルなイラストが
  • 0:34 - 0:38
    日々 目に入るイメージの洪水を
    突き抜けて現れる様子や
  • 0:39 - 0:41
    イメージが瞬間を捉える様子 —
  • 0:41 - 0:46
    そしてイメージが
    社会の動向や複雑な出来事を
  • 0:46 - 0:51
    言葉では不可能なやり方で
    はっきりと具体化し
  • 0:51 - 0:55
    本質を取り出して
    漫画にしていく様子だからです
  • 0:56 - 0:58
    そこで私は図書館へ行き
  • 0:58 - 1:04
    リー・アーヴィンが1925年に描いた
    創刊号の表紙を見ました
  • 1:04 - 1:09
    片めがね越しに蝶を覗く
    紳士のイラストで 彼の愛称は
  • 1:09 - 1:12
    「ユースタス・ティリー」です
  • 1:12 - 1:16
    ニューヨーカー誌が
    徹底した調査と長文の記事で
  • 1:16 - 1:22
    知られるようになるにつれて
    次第にユーモアが
  • 1:22 - 1:25
    失われていったことに
    気づきました
  • 1:25 - 1:29
    というのも ユースタス・ティリーは
    今でこそ高慢で きざだと思われがちですが
  • 1:29 - 1:33
    実際には リー・アーヴィンが1925年に
  • 1:33 - 1:36
    このイラストを初めて描いた時は
  • 1:36 - 1:39
    ユーモア雑誌の表紙として
  • 1:39 - 1:41
    その時代の若者たち —
  • 1:41 - 1:45
    狂騒の20年代に生きる 奔放なおてんば娘を
    喜ばせることが目的だったからです
  • 1:45 - 1:46
    私は その図書館で
  • 1:46 - 1:51
    大恐慌の時代精神を見事に捉えた
  • 1:51 - 1:54
    イラストを見つけました
  • 1:54 - 1:58
    それは単に人々の装いや
    自動車のフォルムを
  • 1:58 - 2:00
    描き出すだけでなく
  • 2:00 - 2:03
    人々が何を見て笑い
  • 2:03 - 2:05
    どんな偏見を持っていたのかまで
    表していました
  • 2:05 - 2:08
    1930年代に生きるとは どういうことか
  • 2:08 - 2:11
    本当に知ることができたのです
  • 2:12 - 2:15
    だから私は現代アーティストを
    招きました
  • 2:15 - 2:18
    エイドリアン・トミネはその一人です
  • 2:18 - 2:21
    私はよく 物語を志向する
    アーティスト —
  • 2:21 - 2:23
    漫画家や児童文学作家に声をかけ
  • 2:23 - 2:27
    色々なテーマ 例えば
  • 2:27 - 2:29
    地下鉄に乗っている時の様子とか
  • 2:29 - 2:31
    バレンタインデーといった
    テーマを与えて
  • 2:31 - 2:33
    スケッチを送ってもらいました
  • 2:33 - 2:37
    そのスケッチに
    編集長のデイヴィッド・レムニックから
  • 2:37 - 2:39
    承認が下りると
  • 2:39 - 2:41
    それがゴーサインです
  • 2:41 - 2:43
    私が気に入っているのは
  • 2:43 - 2:49
    そういうイメージが
    考え方を押し付けることなく
  • 2:49 - 2:51
    見る者を考えさせるところです
  • 2:51 - 2:56
    というのも アーティストが…
  • 2:56 - 2:57
    イラストは
    パズル的なのです
  • 2:57 - 2:59
    アーティストが描いた点を
  • 2:59 - 3:02
    読者が結んで
    絵を完成させなければなりません
  • 3:02 - 3:06
    左側のアニタ・クンツや
  • 3:06 - 3:09
    右のトマー・ハヌカのイラストを
    理解するためには
  • 3:09 - 3:12
    間違い探しをしなければなりません
  • 3:12 - 3:15
    そして これは何だか…
  • 3:16 - 3:19
    とてもワクワクするのは
  • 3:19 - 3:25
    いかに読者との
    繋がりができていくか
  • 3:26 - 3:30
    いかに これらのイラストが
    ステレオタイプを使って遊ぶかを
  • 3:30 - 3:32
    目の当たりにすることです
  • 3:32 - 3:33
    それを理解すれば
  • 3:33 - 3:37
    頭の中にあるステレオタイプは
    変化します
  • 3:38 - 3:41
    ただ イラストが表すのは
    人間とは限りません
  • 3:41 - 3:43
    感情を表すこともあります
  • 3:43 - 3:45
    9/11の直後のことです
  • 3:46 - 3:49
    誰でもそうだったと思いますが
  • 3:49 - 3:50
    あの時 私は
  • 3:50 - 3:55
    自分たちが経験したことを
    どう捉えればいいかわかりませんでした
  • 3:55 - 4:01
    その瞬間を捉えるイラストなど
    ありえないと感じて
  • 4:01 - 4:03
    ニューヨーカー誌の表紙を
    真っ黒にしようと思っていました
  • 4:03 - 4:05
    表紙がないみたいに
  • 4:05 - 4:09
    それで 私の夫で漫画家の
    アート・スピーゲルマンに
  • 4:09 - 4:13
    そう提案しようと思っていると
    相談したところ
  • 4:13 - 4:15
    彼は こう言ったんです
  • 4:15 - 4:19
    「表紙を黒くするんだったら
    ツイン・タワーのシルエットを
  • 4:19 - 4:21
    黒地に黒で描いては?」
  • 4:21 - 4:22
    そこで私は机に向かい
  • 4:22 - 4:24
    完成したものを見た途端
  • 4:25 - 4:26
    背筋がゾッとしました
  • 4:26 - 4:29
    その時 気づいたのは
  • 4:29 - 4:32
    イメージを描くのを
    拒否することで
  • 4:32 - 4:39
    喪失感や
    深い悲しみや
  • 4:39 - 4:41
    虚無が表現できる
    ということでした
  • 4:42 - 4:46
    この表紙を作る過程で学んだのは
    とても深いことでした
  • 4:46 - 4:52
    時には雄弁に語るイメージを
  • 4:52 - 4:55
    極めて抑えた手段で
    実現できるということ ―
  • 4:56 - 4:59
    そしてシンプルなイメージでも
    多くを語れるということです
  • 4:59 - 5:03
    さて このイラストは
    ボブ・スタークの作品で
  • 5:03 - 5:07
    バラク・オバマが
    大統領に選ばれた直後の
  • 5:08 - 5:11
    歴史的な瞬間を捉えたものです
  • 5:11 - 5:14
    ただ 予定稿は準備できません
  • 5:14 - 5:15
    このように描くには
  • 5:15 - 5:21
    出来事の真っ只中で
    皆が感じることを
  • 5:21 - 5:23
    作家も感じなくては
    ならないからです
  • 5:23 - 5:27
    ですから 2016年11月の
  • 5:27 - 5:30
    大統領選 期間中に
  • 5:30 - 5:33
    掲載できたイラストは
    これだけでした
  • 5:33 - 5:37
    これが投票日の週に
    ニュース・スタンドに並んだのです
  • 5:37 - 5:38
    [ああ 神様 やめて]
    (笑)
  • 5:38 - 5:41
    選挙結果が出れば
    こんな風に感じる人も —
  • 5:41 - 5:42
    (笑)
  • 5:42 - 5:45
    いるだろうと思ったからです
  • 5:46 - 5:49
    結果が判明すると
  • 5:51 - 5:52
    私たちは途方に暮れました
  • 5:52 - 5:58
    これもボブ・スタークによる
    イラストですが
  • 5:59 - 6:02
    強く訴えるものがあります
  • 6:02 - 6:04
    それでも
  • 6:04 - 6:10
    今後どうなるかは
    わかりません
  • 6:10 - 6:13
    この時も どうすればいいか
    わからないながらに
  • 6:13 - 6:14
    とにかく私たちは進み続けました
  • 6:14 - 6:20
    これはドナルド・トランプが
    大統領に選ばれた後
  • 6:20 - 6:24
    アメリカ中で女性による
    ウィメンズ・マーチが行われた時に
  • 6:24 - 6:26
    発行したものです
  • 6:26 - 6:28
    さて 私はこれまで
    24年間に渡って
  • 6:28 - 6:33
    千点を超えるイラストが
    毎週生まれるのを見てきたので
  • 6:33 - 6:35
    よく 一番好きな作品を
    尋ねられますが
  • 6:35 - 6:37
    1つに絞るのは無理です
  • 6:37 - 6:43
    私にとって一番の誇りは
    イラストが1つ1つ
  • 6:43 - 6:44
    違っていることですから
  • 6:44 - 6:48
    そして それは寄稿している
    アーティストたちの
  • 6:48 - 6:51
    才能と多様性のおかげです
  • 6:52 - 6:53
    そして現在 —
  • 6:53 - 6:55
    注目の的はロシアです
  • 6:55 - 6:56
    そこで —
  • 6:57 - 6:58
    (笑)
  • 6:58 - 7:00
    バリー・ブリットによる
    この作品では
  • 7:00 - 7:06
    ユースタス・“ウラジーミロヴィチ”・
    ティリーになっていて
  • 7:06 - 7:11
    蝶は 他でもない
    仰天するドナルド・トランプの姿
  • 7:11 - 7:12
    羽ばたきながら
  • 7:12 - 7:16
    「バタフライ効果」を制御する
    方法を見つけようとしています
  • 7:16 - 7:22
    リー・アーヴィンが1925年に描いた
    有名なロゴも
  • 7:22 - 7:24
    キリル文字になっています
  • 7:24 - 7:28
    さて 今 私が本当に
  • 7:28 - 7:31
    ワクワクしているのは…
  • 7:32 - 7:37
    民主主義には
    報道の自由が不可欠ですが
  • 7:37 - 7:40
    崇高なものにしろ
    馬鹿げたものにしろ
  • 7:40 - 7:45
    アーティストには
    今を捉える力があることがわかります
  • 7:45 - 7:47
    アーティストたちが
  • 7:48 - 7:53
    インクと水彩絵の具だけを手に
  • 7:53 - 7:59
    時代を捉え 文化的な対話を
    始めるのです
  • 7:59 - 8:04
    この対話によって 彼らは
    文化の中心に身を置けるのですし
  • 8:04 - 8:06
    そこがまさに
    彼らの居場所だと思うのです
  • 8:07 - 8:10
    今 私たちに必要なのは
    「よい漫画」なのですから
  • 8:10 - 8:12
    ありがとうございます
  • 8:12 - 8:16
    (拍手)
Title:
ニューヨーカー誌、象徴的な表紙イラストの舞台裏
Speaker:
フランソワーズ・ムーリー
Description:

ニューヨーカー誌のアート・ディレクター、フランソワーズ・ムーリーをご紹介します。彼女は過去24年間、この雑誌の名高い表紙の決定に携わってきました。9/11直後の週には黒地に黒で描かれたツインタワー、そして最近はトレードマークの紳士ユースタス・ティリーをロシア風に描いたイラストを手がけました。イメージを回顧しながらムーリーが考えるのは、シンプルなイラストが、いかにして私たちが毎日目にするイメージの洪水を突き破れるか、そしていかにして時代のある一瞬の感覚(そして感性)を上品に捉えることができるかということです。

more » « less
Video Language:
English
Team:
TED
Project:
TEDTalks
Duration:
08:29

Japanese subtitles

Revisions