Japanese subtitles

← 米国でアルコールの禁止を試みた際に何が起こったか ー ロッド・フィリップス

Get Embed Code
27 Languages

Showing Revision 15 created 08/03/2020 by Yoko Emori.

  1. 1920年1月17日 武装した6人の男が
    シカゴの貨物列車に強盗に入りました
  2. 強盗たちのお目当ては
    お金ではありませんでした
  3. 全米でアルコールが禁止されてから
    1時間足らずの出来事で
  4. 強盗たちは 数千ドル相当の
    ウィスキーを持って逃走しました
  5. 禁酒法が引き起こした初めての
    予想外の結果でした
  6. 全米でアルコールの
    製造と販売が禁止されたのは

  7. ロシアで 第一次大戦中の
    施策として始まった
  8. 同様の禁酒令に倣ったものでした
  9. けれども 西洋社会においては
  10. アルコールが社会悪の最大の要因との考えは
    もっと古くから存在しました
  11. この考え方に最初に勢いがついたのは
    産業革命期のことでした
  12. 労働者らは 仕事を求め
    新たに都市部に押し寄せ
  13. 男性は酒場に集い 酒を飲みました
  14. 19世紀に入る頃には「禁酒運動」
    と呼ばれる飲酒に反対する団体が

  15. 米国ならびにヨーロッパの一部で
    台頭しはじめました
  16. 禁酒推進団体が
    アルコールに持っていた認識は
  17. 貧困や家庭内暴力といった
    諸問題の根本要因であり
  18. その考えを 政府に説得しようと試みました
  19. 適度な飲酒を
    呼びかけるものもいる中
  20. 多くは アルコールは
    一切禁止にすべきと考えました
  21. この運動は社会の幅広い層から
    支持を得ました
  22. 女性団体は 初期の段階から
    運動に積極的に参加し
  23. アルコールは 男性による家庭放棄や
    女性虐待の要因であると主張しました
  24. 宗教権力者
    特にプロテスタント教役者らは
  25. 人を誘惑し 罪に導くものとして
    アルコールを非難しました
  26. 進歩主義の労働運動家らは
    アルコールの消費により
  27. 労働組合の力が
    弱まることを懸念しました
  28. 禁酒の考えは 各国政府にも
    馴染みがないものではありませんでした

  29. 米国とカナダでは 白人の入植者が先住民に
    ラム酒などの度数の高い酒を伝えておきながら
  30. アルコールは 先住民居住区の
    秩序の乱れの要因と非難しましたが
  31. 実のところ 入植者により生じた
    混乱の要因は他にも多くあったのです
  32. 米国およびカナダ政府は
  33. 先住民に対して および先住民居住地での
    アルコールの販売を禁止しました
  34. 米国での禁酒運動の勝利は
    地方と州から火が付きはじめ

  35. 1850年には メーン州ほか複数の州で
    アルコールの製造と販売が禁止されました
  36. 合衆国憲法修正第18条が
    1919年に制定され
  37. アルコールの製造 販売 輸送を
    一切禁止することが決定しました
  38. 1年後 ボルステッド法(国家禁酒法)が
    発効されました

  39. 同法は 個人によるアルコール消費は
    禁止していなかったため
  40. 富裕層はこの機会を利用して
    アルコールの備蓄を増やし
  41. レストランやバーは
    こぞって在庫を売り尽くしました
  42. 蒸留酒 ビールやワインの醸造所が閉鎖され
    そこで働く者たちは職を失いました
  43. その一方 犯罪組織らは
    需要の増加に応えるべく
  44. 大挙して実入りの良い闇市場を開き
    アルコールの密造 密輸 密売を行いました
  45. こうした組織にはしばしば
    腐敗した警察官や政府役人らが絡んでいました
  46. 1928年のイリノイ州検事予備選では
    ある派閥の支持者が
  47. 対抗陣営関係者らの家を爆破する
    事件さえ起きたほどでした
  48. 「スピークイージー」と呼ばれる
    潜り酒場が次々とひしめくようになり

  49. アルコールを提供し始めました
  50. 薄暗い地下のバーから
    凝ったダンスホールまで色々でした
  51. 個人的な消費目的で
    家庭でアルコールを製造することや
  52. 医師の診断 または宗教上の理由による
    合法なアルコールの入手は許可されていました
  53. 工業用アルコールを飲めなくするために
  54. 政府が 酒造業者に対し
    製品への有害物質混入を義務付けたことで
  55. 中毒死するものが数千人にも上りました
  56. 禁酒法時代に摂取された
    アルコールの量は正確には分かりません

  57. 密造されたアルコールは
    規制や課税の対象でなかったためです
  58. しかし 1920年も後半になると
  59. 禁酒法が 約束したような社会の改善に
    繋がらないことが明らかになりました
  60. それどころか 政治腐敗や
    組織犯罪を招くこととなり
  61. 多くの市民から
    白い目で見られました
  62. デトロイトで起きたビアホール強制捜査では
    地元保安官 市長 衆議院議員が
  63. 飲酒により逮捕されました
  64. 1929年に世界大恐慌が起きると

  65. 政府は アルコール売上から得られる
    税収入の必要性を痛感し
  66. 禁酒法の廃止は
    景気刺激につながると考えました
  67. 1933年 連邦議会で
    修正第21条が可決されー
  68. 18条は 廃止が決まり
    完全廃止された唯一の修正条項となりました
  69. 禁酒運動推進派らは

  70. アルコールは
    社会の諸悪の根源と考えましたが
  71. 現実は思った以上に複雑なのです
  72. アルコールの完全禁止は
    上手くいきませんでしたが
  73. 現在も 健康や社会への影響が
    依然として懸念されています