YouTube

Got a YouTube account?

New: enable viewer-created translations and captions on your YouTube channel!

Japanese subtitles

← Introduction to Transparency

Get Embed Code
2 Languages

Showing Revision 1 created 03/11/2014 by Fran Ontanaya.

  1. ここまでは光が当たるとはね返る
    不透明なマテリアルについて見てきましたが
  2. 透明なオブジェクトの処理はより難しくなります
  3. 光は透明な表面に当たると屈折しその方向を変えます
  4. 例えば鉛筆に反射したこの光は
  5. 水中を通ってグラスに当たり
    別の方向へ進んでいきます
  6. 異なる光線が目に届くと鉛筆が曲がって見えます
  7. このような変化は配光にも影響を与えます
  8. 水晶玉はレンズと同じ働きをし
  9. ライトを集めて様々な光の点を下に作ります
  10. CGではこのような輝点をコースティクスと呼びます
  11. 色や光の強さは透明なオブジェクトを通して
    フィルタがかかります
  12. オブジェクト内を進むほどより多くの光が吸収されます
  13. 薄いフィルタでも光の色は変わります
  14. このような影響については算出することができますが
  15. 光の屈折率を正確に計算するのは手間がかかります
  16. あとのレッスンで説明します
  17. これもまた難しいことですが
    オブジェクトに吸収される光の量も計算できます
  18. 今は薄い透明体による光の吸収に注目しましょう
    この眼鏡のようなものです
  19. 簡単に言えば薄いフィルタを通して見た時の
    オブジェクトへの影響についてお話しします
  20. 光がどのようにフィルタを通過してはね返り
    目に届くのかという話をするのではありません
  21. フィルタを通る光にのみ焦点を絞って説明します
  22. 単純な事のように思えますが
  23. この処理だけでもかなりの効果が表れます
  24. アレクサンドル・ロディックによるこの幻想的なデモは
  25. 透明処理の効果を教えてくれます
  26. 他にもゴッドレイを出すような操作が
    加えられていますが
  27. 輝きを作り出しているのは透明処理です
  28. 私のお気に入りのプログラムです