Return to Video

04-49 Parsing Tags

  • 0:00 - 0:04
    PythonでHTML文法を作る作業を続けましょう
  • 0:04 - 0:11
    HTMLの要素には単純な単語以外に
    タグづけされた単語があります
  • 0:11 - 0:16
    太字のb、アンカーのaや
    色を変えるためのタグもあります
  • 0:16 - 0:19
    HTMLタグについて復習しましょう
  • 0:19 - 0:25
    <で始まり名前が続き
    場合によっていくつかの属性が入ります
  • 0:25 - 0:31
    >のあと任意のHTMLを挟んで
    <、/、名前、>です
  • 0:31 - 0:33
    文法規則を書きました
  • 0:33 - 0:38
    LANGLEが<にwordはspanに対応します
  • 0:38 - 0:42
    そしてtag-argsはcolor=“red”に
  • 0:42 - 0:48
    RANGLEは>、HTMLはText!、
    LANGLESLASHは</と続きます
  • 0:48 - 0:50
    では解析木の作り方です
  • 0:50 - 0:55
    p[2]とspanやb、下線を示すuなどのwordを使い
  • 0:55 - 0:58
    もしあればtag-argsも入れて
  • 0:58 - 1:03
    bやuで表示を変えられる本体と
    最後のwordも含めます
  • 1:03 - 1:08
    spanで始めたらspanで閉じ
    bで始めたらbで閉じてください
  • 1:08 - 1:11
    対になる括弧です
  • 1:11 - 1:16
    入力はhello、baba、yagaで
    babaは太字になります
  • 1:16 - 1:20
    この概念を分解して逆向きに進めてください
  • 1:20 - 1:26
    解析木を書きました しかし3つの空欄があります
  • 1:26 - 1:30
    空欄をそれぞれ1つの単語で埋めて
  • 1:30 - 1:37
    解析木が構文解析プログラムによる処理と
    対応するようにしてください
Title:
04-49 Parsing Tags
Description:

dummy description

more » « less
Video Language:
English
Team:
Udacity
Project:
CS262 - Programming Languages
Duration:
01:38

Japanese subtitles

Revisions