Japanese subtitles

← 02-11 Explore Project Layout and Configuration

02-11 Explore Project Layout and Configuration

Get Embed Code
4 Languages

Showing Revision 1 created 01/13/2015 by Udacity.

  1. 設定したhelloworldプロジェクトは
  2. エンドポイントを使った
    とても簡単なアプリケーションです
  3. 今回は簡単なコードの解説を行います
  4. エンドポイントの定義について理解し
  5. Webページから呼び出すことが
    できるようになります
  6. helloworldエンドポイントのファイルを
    確認してみましょう
  7. srcがあり配下にmainが存在しています
  8. そしてjava、com、google、trainingがあります
  9. helloworldパッケージの配下に
    Javaファイルがあります
  10. Javaファイルは3つ存在します
    Constants.javaとHelloClass.java
  11. そしてHelloWorldEndpoints.javaです
  12. Constants.javaは名前のとおり
    いくつかの値を定義しています
  13. HelloClass.javaはとても簡単なクラスで
    後ほど確認します
  14. HelloWorldEndpoints.javaが定義するのは
  15. アプリケーションで使用するエンドポイントです
  16. srcディレクトリはmainフォルダを保管し
  17. さらにその配下にはjavaと
    webappフォルダが存在します
  18. javaだけを確認してきましたが
    webappも見てみましょう
  19. webappフォルダには静的ファイルが
    保管されています
  20. index.htmlやその他に存在するHTMLファイルです
  21. そしてJavaScriptファイルや
    その他の静的なコンテンツです
  22. また同じくあるのがWEB-INFフォルダです
    このフォルダはすべての
  23. Webアプリケーションに共通していて
    皆さんのアプリでも設定可能です
  24. そのためApp Engineのアプリでは
  25. appengine-web.xmlファイルが必要になります
  26. すでに確認したようにApp Engineアプリに
  27. 定義された数々の項目を設定することができます
  28. appspotにデプロイするのであれば
    app IDを明確にする必要があります
  29. もう1つのファイルがweb.xmlです
  30. こちらも簡単に確認してみましょう
  31. web.xmlは手元にあるサーバの
    設定するためのものです
  32. web.xmlの内部で確認できるのは
    SystemsServiceServletで
  33. ここに紐ついています
  34. このspiとはエンドポイントを意味し
    アプリケーションをエンドポイントで使うのに
  35. このサーブレットは非常に大切です
  36. 基本的に必要になるのはこちらです
    エンドポイントを使う場合のみ必要です
  37. またwelcomeファイルの
    index.htmlはここにあります
  38. これはほとんどデフォルトのままです
  39. その他に目を向けてほしいのがこのファイルです
  40. セキュリティについて定義をしていて
    ここではWebページが
  41. HTTPSである必要性について記載されています
  42. 通信保障の設定についての記載です
  43. そのためweb.xmlにこのような記載がある場合
  44. appspotでアプリを起動すると
    次のような動きになります
  45. もしユーザがHTTPS以外で起動をすると
    HTTPSにリダイレクトします
  46. webappディレクトリに話を戻しましょう
  47. hello.jsがあるのが確認でき
    index.htmlもあります
  48. このアプリではこれら2つのファイルを
  49. ユーザインターフェースや
    Webフロントエンドで使用しています
  50. Hello.jsにはアプリで使用する
    JavaScriptのファンクションが含まれています
  51. そしてindex.htmlは
    アプリのホームページに該当し
  52. 2つのボタンと入力フィールドを表示します
  53. 画面ではこのように確認できます