YouTube

Got a YouTube account?

New: enable viewer-created translations and captions on your YouTube channel!

Japanese subtitles

← 06-22 Defect Maps

Get Embed Code
2 Languages

Showing Revision 2 created 06/24/2014 by Fran Ontanaya.

  1. ユーザや開発者が問題データベースに
    問題をレポートする時の話をしました
  2. 必ず最終的に開発者または開発者チームが
  3. 問題を調べてプログラムに
    適切な修正を施すということを
  4. 確認しましたね
  5. このような修正もデータベースに保存されます
  6. バージョンデータベースには
    すべての変更が保存されます
  7. このバージョンデータベースは変更データベース、
  8. レポジトリ、構成管理システム、
    バージョン管理システムとも呼ばれています
  9. 好きなものを選んでください
  10. 最近は多くのバージョン管理システムがあり
  11. 文字列の変更や結果バージョンに役立ちます
  12. バージョンデータベースの活用は
    ソフトウェア開発を進める上で
  13. まず必要となってきます
  14. 私は日常的にこのようなデータベースを
    使用することを考えます
  15. 問題データベースとバージョンデータベースの情報を
  16. 関連付けると面白いことが起きます
  17. 問題データベースに
    問題レポート347番があるとします
  18. それにはremove_html_markup関数が失敗
    と書かれています
  19. バージョンデータベースが"347番は対応終了"として
  20. この場所にremove_html_markup関数に行われた変更を
  21. 記録していると仮定しましょう
  22. これは最初に寄せられた問題の後に
    行われたと思われる変更です
  23. 問題レポートへの実際の変更が分かり次第関連付けます
  24. 変更メッセージには
    実際の問題レポートの番号が入っています
  25. 正確に問題レポートを検索するためにそれを使用します
  26. どこに変更が適用されたのかも分かっています
  27. ファイルのこの部分です
  28. 問題データベースとコード内のある場所を
    関連付けることができました
  29. これで1つ1つのコードを使って関連する問題を
  30. 特定することができるようになります
  31. 私たちができるのは
    コードを使って行われたすべての変更を調べ
  32. 変更の元となる問題を確認することです
  33. そこで例えばremove_html_markup関数が
  34. 最終的に機能するまで
    3回の修正を行った履歴があるのを
  35. 見つけたとします
  36. 3回も修正を行っているのはよくありませんね
  37. コーディングの質を心配しなければいけません