Return to Video

汎用麻酔器

  • 0:01 - 0:02
    本日お話するのは
  • 0:02 - 0:05
    資源が乏しい環境での
    医療技術のデザインについてです
  • 0:05 - 0:08
    低資源環境国の医療制度を研究しています
  • 0:08 - 0:09
    全体的にみて例外なく
  • 0:09 - 0:11
    最も大きな差がでる事の一つは
  • 0:11 - 0:14
    安全に手術ができるかどうかです
  • 0:14 - 0:16
    判明した主要なボトルネックのひとつは
  • 0:16 - 0:19
    そもそも手術ができるかどうかと
  • 0:19 - 0:22
    手術できた場合には手術中に
  • 0:22 - 0:24
    安全に麻酔がかけられるかどうかです
  • 0:24 - 0:26
    そこで 私たちに期待されたのは
  • 0:26 - 0:27
    厳しい環境で
  • 0:27 - 0:29
    麻酔をかけられるようにすることです
  • 0:29 - 0:31
    こちらは米国や他の先進国では
  • 0:31 - 0:35
    よく見る典型的な手術室の光景です
  • 0:35 - 0:37
    奥には非常に精巧な
  • 0:37 - 0:38
    麻酔器があります
  • 0:38 - 0:41
    この機械には手術を可能にし
  • 0:41 - 0:43
    人命を救う力があります
  • 0:43 - 0:44
    先進国の環境を前提にして
  • 0:44 - 0:46
    設計されたので洗練されています
  • 0:46 - 0:49
    この機械を動作させるには
    病院側で色々と
  • 0:49 - 0:51
    準備する必要があります
  • 0:51 - 0:54
    この複雑な機械の使用には
    長年に渡る厳しい訓練を
  • 0:54 - 0:57
    受けた麻酔医が必要になります
  • 0:57 - 0:59
    手術中ずっとガスの流れをモニターをし
  • 0:59 - 1:01
    患者を安全に麻酔状態に保てる
  • 1:01 - 1:03
    麻酔器でなくてはいけません
  • 1:03 - 1:07
    麻酔器はコンピュータアルゴリズム制御の
    非常に繊細な機械で
  • 1:07 - 1:09
    簡単に壊れてしまうため長く使用するには
  • 1:09 - 1:11
    特別に優しく配慮する必要があります
  • 1:11 - 1:14
    壊れた時には
    機械の複雑さを知っていて
  • 1:14 - 1:16
    修理でき 修理部品を調達でき
  • 1:16 - 1:18
    生命を救える状態を保てる
  • 1:18 - 1:20
    医用工学技師のチームが必要です
  • 1:20 - 1:22
    麻酔器はかなり高くつく機械なのです
  • 1:22 - 1:24
    麻酔器を1台保守するのに
  • 1:24 - 1:26
    病院予算として
  • 1:26 - 1:30
    5万~10万ドルが必要となります
  • 1:30 - 1:32
    そして その中でもおそらく
  • 1:32 - 1:34
    最もはっきりして最も重要なのは
  • 1:34 - 1:36
    紹介した機能概念からなんとなく
  • 1:36 - 1:38
    お分かりかと思いますが
  • 1:38 - 1:39
    インフラが必要ということです
  • 1:39 - 1:41
    インフラによって
  • 1:41 - 1:45
    絶え間の無い電力供給や 圧縮酸素や
  • 1:45 - 1:46
    医療用品などの
  • 1:46 - 1:48
    麻酔器の稼働に
  • 1:48 - 1:50
    非常に不可欠なものを提供します
  • 1:50 - 1:54
    言いかえれば 麻酔器は
    画像の様な病院では支えきれない
  • 1:54 - 1:56
    多くの資源を必要とします
  • 1:56 - 1:58
    この画像はマラウイの地方病院への
  • 1:58 - 2:00
    電力供給です
  • 2:00 - 2:01
    この病院には有資格の
  • 2:01 - 2:03
    麻酔科医が一人います
  • 2:03 - 2:06
    彼女は 12カ月から18カ月の
  • 2:06 - 2:08
    麻酔研修を受けているので
  • 2:08 - 2:10
    資格があります
  • 2:10 - 2:12
    この病院にもこの地域全体としても
  • 2:12 - 2:14
    医用工学技師はひとりもいません
  • 2:14 - 2:16
    麻酔器が故障したら
    使用する麻酔機械が壊れたら
  • 2:16 - 2:18
    なんとか問題を突き止めようと
  • 2:18 - 2:21
    努力しますがほとんどの場合には
    なす術がなくなります
  • 2:21 - 2:24
    故障した麻酔器は地区の
    廃棄場に捨てられます
  • 2:24 - 2:26
    先ほどお話しした麻酔器の価格は
  • 2:26 - 2:28
    おそらくこの病院の年間予算の
  • 2:28 - 2:30
    4分の1ないし3分の1に
  • 2:30 - 2:32
    匹敵します
  • 2:32 - 2:36
    ここまでくれば インフラが
    それほど良くないと分かると思います
  • 2:36 - 2:38
    この病院が使用する貧弱な電源網では
  • 2:38 - 2:41
    頻繁に電源供給が停止します
  • 2:41 - 2:43
    従って 病院全体が1つの緊急発電機に
  • 2:43 - 2:45
    依存することが頻繁に起こります
  • 2:45 - 2:47
    予期した通り 発電機が故障したり
  • 2:47 - 2:48
    燃料が無くなったりします
  • 2:48 - 2:50
    世界銀行の試算によれば
  • 2:50 - 2:54
    低所得国のこのような環境の病院では
  • 2:54 - 2:56
    ひと月に18に及ぶほどの停電が
  • 2:56 - 2:58
    発生する可能性があります
  • 2:58 - 3:01
    同様に圧縮酸素やほかの医療用品は
  • 3:01 - 3:03
    贅沢品の扱いです
  • 3:03 - 3:05
    時には何カ月や一年に渡ってまで
  • 3:05 - 3:07
    在庫が切れることがありえます
  • 3:07 - 3:09
    全くおかしな状況ではありますが
  • 3:09 - 3:11
    現在の援助の仕方では
  • 3:11 - 3:13
    先進国の環境ようにデザインされた
  • 3:13 - 3:16
    麻酔器を乏しい環境にある病院に
  • 3:16 - 3:18
    寄付したり販売しているため
  • 3:18 - 3:20
    不適切でないばかりか
  • 3:20 - 3:23
    安全性も著しく損なわれます
  • 3:23 - 3:26
    1年ほど前にジョンズ・ホプキンス大学病院の
  • 3:26 - 3:28
    共同研究者がシエラレオネの
  • 3:28 - 3:30
    手術を調査しました
  • 3:30 - 3:34
    その日の最初の手術は
    産科の手術でした
  • 3:34 - 3:36
    女性が運ばれてきて
    母子の命を救う為には
  • 3:36 - 3:39
    帝王切開が必要でした
  • 3:39 - 3:42
    手術はさい先良く始まりました
  • 3:42 - 3:44
    外科医は待機して洗浄を済ませ
    入室しました
  • 3:44 - 3:46
    看護師も待機していました
  • 3:46 - 3:48
    看護師は迅速に麻酔をかけました
  • 3:48 - 3:50
    緊急手術を行う性質から考えて
    迅速さは重要でした
  • 3:50 - 3:53
    停電してしまうまでは
  • 3:53 - 3:55
    全てが順調なすべりだしでした
  • 3:55 - 3:57
    手術のまっただなかで
  • 3:57 - 4:01
    外科医はこの手術を終わらせるべく
    一刻を争って駆け続けます
  • 4:01 - 4:03
    頭部の手術灯があるから続けられます
  • 4:03 - 4:05
    看護師は真っ暗になった手術室で
  • 4:05 - 4:08
    患者の麻酔を継続させて患者が
    麻酔状態を保つように
  • 4:08 - 4:10
    正に駆けまわりながら
  • 4:10 - 4:11
    手あたり次第を探します
  • 4:11 - 4:15
    麻酔器は電源が断たれると
    動作しないからです
  • 4:15 - 4:18
    ここにいる皆さんが
    経験したことのある手術 もしくは
  • 4:18 - 4:21
    この術式によって誕生できた人もいる手術が
  • 4:21 - 4:23
    悲劇となってしまいました
  • 4:23 - 4:26
    途上国ではこんなことが
    1回限りの偶然ではなく
  • 4:26 - 4:29
    発展途上国全域でに起こっています
  • 4:29 - 4:31
    安全な麻酔が無い中での手術が
  • 4:31 - 4:34
    毎年3500万件も行われています
  • 4:34 - 4:36
    同僚のポール・フェントン医師は
  • 4:36 - 4:38
    こんな状況にいました
  • 4:38 - 4:40
    彼はマラウイの病院で
    麻酔医長をしています
  • 4:40 - 4:42
    この病院は教育病院です
  • 4:42 - 4:44
    毎日働きに行き病院の
  • 4:44 - 4:45
    画面に出ている手術室で
  • 4:45 - 4:49
    毎日麻酔をかけ 研修生を指導します
  • 4:49 - 4:50
    彼の病院にある
  • 4:50 - 4:52
    信頼性の低い 安全でない
  • 4:52 - 4:55
    同じ種類の麻酔器を使ってです
  • 4:55 - 4:57
    数えくれないくらいの手術をして
  • 4:57 - 5:00
    語り切れないほどの悲劇を
    目の当たりにして 彼は言いました
  • 5:00 - 5:02
    「もういい やめだ もうこりごりだ
  • 5:02 - 5:04
    何かもっといい方法があるはずだ」
  • 5:04 - 5:06
    彼は病院の廊下を歩き これまでの手術を
  • 5:06 - 5:08
    台無しにした壊れた機械の
    廃棄所に来ました
  • 5:08 - 5:10
    これは科学的な試みの時間と思いました
  • 5:10 - 5:12
    彼は色々いじりはじめました
  • 5:12 - 5:14
    彼はそこここから部品部品を集めて
  • 5:14 - 5:16
    直面している現実環境でも動作する
  • 5:16 - 5:18
    機械を創りだそうとしていました
  • 5:18 - 5:21
    そして彼が作ったのがこれです
  • 5:21 - 5:25
    「汎用麻酔器」の試作品です
  • 5:25 - 5:27
    どのような病院環境であっても
  • 5:27 - 5:29
    動作し患者に
  • 5:29 - 5:32
    麻酔をかけることができる機械です
  • 5:32 - 5:35
    12年間を経て先程の病院に
  • 5:35 - 5:38
    多少なりとも発展した麻酔機が
    帰ってきました
  • 5:38 - 5:41
    小児科から老年科の患者に対して
    使われています
  • 5:41 - 5:44
    さぁどんな風にしてこの機械が
    働くのかご紹介します
  • 5:44 - 5:45
    ジャーン
  • 5:45 - 5:47
    これがそうです
  • 5:47 - 5:50
    電源がある場合には全ての
  • 5:50 - 5:52
    動作は下の方から開始されます
  • 5:52 - 5:55
    内蔵型酸素圧縮機が
    下の方についています
  • 5:55 - 5:58
    酸素については既に何度か
    言及してきましたよね
  • 5:58 - 6:00
    麻酔をかけるには基本的に
  • 6:00 - 6:02
    できるかぎり純度の高い
    酸素が必要です
  • 6:02 - 6:04
    最終的にはその酸素を麻酔ガスと
  • 6:04 - 6:06
    混ぜて使用するからです
  • 6:06 - 6:08
    患者が吸入する際には
  • 6:08 - 6:10
    酸素濃度が一定値に達していないと
  • 6:10 - 6:12
    患者にとってガスが危険なものにもなります
  • 6:12 - 6:14
    この機械は電源がある場合には
  • 6:14 - 6:16
    酸素圧縮機が部屋の空気を取り込みます
  • 6:16 - 6:19
    部屋の空気は見事なほどに
    無料だと分かっていますし
  • 6:19 - 6:22
    豊富にあり しかも必要な
  • 6:22 - 6:24
    21パーセントの酸素を既に含んでいます
  • 6:24 - 6:26
    圧縮機が行うのは手術室の
    空気を取り込み清浄し
  • 6:26 - 6:29
    濃度95パーセントの酸素を
  • 6:29 - 6:31
    上へ送り ここら辺で
  • 6:31 - 6:33
    麻酔薬と混ぜ合わせます
  • 6:33 - 6:35
    この混合物が
  • 6:35 - 6:37
    患者の肺に入る前に
  • 6:37 - 6:39
    この部分を通って
  • 6:39 - 6:41
    見えませんがここに酸素センサがあり
  • 6:41 - 6:43
    供給されている酸素濃度を
  • 6:43 - 6:46
    画面に映し出して示します
  • 6:46 - 6:48
    もし電気が使えない場合には または
  • 6:48 - 6:51
    起きないと良いですが
    手術中に電源が切れた場合でも
  • 6:51 - 6:54
    何かを操作する必要も全くなく
  • 6:54 - 6:56
    自動的にモードを切り替えて
  • 6:56 - 6:58
    部屋の空気をここから
    取り入れるようになります
  • 6:58 - 7:00
    空気の取入以外は変化しません
  • 7:00 - 7:02
    その唯一の違いは
  • 7:02 - 7:05
    21パーセントの酸素を
    相手にしていることです
  • 7:05 - 7:09
    給気はかつてはあてずっぽうで危険でした
    なぜなら何かが悪化するまで
  • 7:09 - 7:12
    酸素が足りなかったことが
    分からなかったのです
  • 7:12 - 7:14
    大容量バッテリーを
    ここに入れるようにしました
  • 7:14 - 7:17
    ここだけがバッテリを予備電源としています
  • 7:17 - 7:19
    予備で電源を加えましたが濃度計があるので
  • 7:19 - 7:21
    電源が有っても無くても
  • 7:21 - 7:22
    手術中に酸素濃度を見て 給気を制御し
  • 7:22 - 7:25
    患者に与えている酸素濃度を調整できます
  • 7:25 - 7:27
    患者への人口呼吸は
  • 7:27 - 7:29
    電源の有無に関わらず
  • 7:29 - 7:32
    必要になることがあります
  • 7:32 - 7:35
    麻酔の問題の一つとして肺を
    麻痺させてしまうことがあります
  • 7:35 - 7:37
    この手動式の ふいご を加えました
  • 7:37 - 7:40
    3時間も4時間も手動ポンプで呼吸させる
  • 7:40 - 7:42
    手術も見たことがあります
  • 7:42 - 7:45
    これは機構が複雑化されていない
    機械なのです
  • 7:45 - 7:49
    単純というと身震いしてしまいますが
  • 7:49 - 7:51
    もともとの設計がそうなのです
  • 7:51 - 7:53
    こうすれば 麻酔器を使う為の
  • 7:53 - 7:56
    高度な研修も 麻酔専門医も不要になります
  • 7:56 - 8:00
    このことは求められている研修を
    確保できていない
  • 8:00 - 8:02
    地方病院にとっては好都合です
  • 8:02 - 8:06
    麻酔器は使用される環境に合わせて
    作られています
  • 8:06 - 8:08
    この麻酔器は考えられないほど頑丈で
  • 8:08 - 8:11
    地方の地域病院での
    熱や酷使や損傷にも
  • 8:11 - 8:14
    耐えられるようにできています
  • 8:14 - 8:17
    ですからそんなに簡単には壊れません
  • 8:17 - 8:20
    もし壊れた場合でも事実上どんな部品でも
  • 8:20 - 8:22
    6角レンチとドライバーで
  • 8:22 - 8:25
    取り替えられます
  • 8:26 - 8:28
    最後に値段は手頃な設定です
  • 8:28 - 8:30
    麻酔器は先程お見せした
  • 8:30 - 8:31
    従来の機械の
  • 8:31 - 8:34
    8分の1の値段で買うことができます
  • 8:34 - 8:37
    つまりは ここにある機械は
  • 8:37 - 8:40
    最初に紹介した従来の麻酔器と同じように
  • 8:40 - 8:43
    手術を可能にし生命を救える機械なのです
  • 8:43 - 8:45
    環境に合うように作られたからです
  • 8:45 - 8:48
    でもここまででは満足しませんでした
  • 8:48 - 8:49
    きちんと動作するでしょうか?
  • 8:49 - 8:52
    現場で使えるでしょうか?
  • 8:52 - 8:54
    これまでは良い結果が出ています
  • 8:54 - 8:56
    この機械は4ヶ国の13の病院にあります
  • 8:56 - 8:59
    そして2010年から 2000件以上の
  • 8:59 - 9:01
    手術をしてきていますが
  • 9:01 - 9:03
    臨床で有害事象は起きていません
  • 9:03 - 9:05
    大変喜ばしいことです
  • 9:05 - 9:08
    麻酔器は蔓延している問題に対して
    費用対効果が高く
  • 9:08 - 9:11
    拡大してゆける解決策に思えます
  • 9:11 - 9:13
    それでもこの機械が病院で
  • 9:13 - 9:16
    使用する機械として最も効果的かつ
  • 9:16 - 9:18
    最も安全な装置か確信を得たいのです
  • 9:18 - 9:20
    この為に NGOや大学との
  • 9:20 - 9:22
    提携を開始し 操作方法の情報や
  • 9:22 - 9:24
    どんな手術に使用されるのが良いのかや
  • 9:24 - 9:27
    装置そのものを改良する方法を
  • 9:27 - 9:28
    調べてきました
  • 9:28 - 9:31
    提携のひとつにここボルチモアの
  • 9:31 - 9:34
    ジョンズ・ホプキンス大学病院があります
  • 9:34 - 9:38
    病院はボルチモアに
    模擬麻酔訓練施設を持っています
  • 9:38 - 9:40
    なので私達の麻酔器を持ち込んで
  • 9:40 - 9:42
    麻酔器が手術室で直面するであろう
  • 9:42 - 9:44
    危機的な状況を再現しています
  • 9:44 - 9:47
    実際に使用される病院で
  • 9:47 - 9:49
    制御された安全な環境で
  • 9:49 - 9:52
    効果の度合いを評価しています
  • 9:52 - 9:54
    この研究の結果を実際の経験と
  • 9:54 - 9:57
    比較することができました
  • 9:57 - 9:59
    ジョンズ・ホプキンスがシエラレオネで
  • 9:59 - 10:02
    共同研究する病院や 先程の帝王切開をした
  • 10:02 - 10:05
    病院に2台の麻酔器を置いているからです
  • 10:05 - 10:09
    麻酔について多くを語りましたが
    意図したことです
  • 10:09 - 10:11
    麻酔は信じられないくらい興味深く
  • 10:11 - 10:13
    健康の重要な構成要素です
  • 10:13 - 10:15
    周辺要素だと思われていますが
    いざ使えなくなると
  • 10:15 - 10:17
    麻酔は生死を分ける重要な存在だと
  • 10:17 - 10:19
    初めて気づかされるわけです
  • 10:19 - 10:22
    手術を受ける人と受けない人?
  • 10:22 - 10:25
    安全に受けられる人と受けられない人?
  • 10:25 - 10:27
    しかし もちろん 数多くの
  • 10:27 - 10:30
    適切なデザインが健康に
    良い影響をもたらす
  • 10:30 - 10:33
    可能性のひとつにすぎません
  • 10:33 - 10:35
    もし医療業界でより多くの人が
  • 10:35 - 10:39
    低所得国の困難をなんとか
    しようとしている人が
  • 10:39 - 10:40
    デザイン方法を
  • 10:40 - 10:42
    解決策探しを
  • 10:42 - 10:44
    出来合いのものではなく
  • 10:44 - 10:46
    病院の現場からの視点で
  • 10:46 - 10:49
    つまり 願望の対象ではなく
  • 10:49 - 10:52
    実際 世界の多くに存在している
    環境に合うように
  • 10:52 - 10:54
    設計するのであれば
  • 10:54 - 10:56
    多くの命を救うことができるでしょう
  • 10:56 - 10:59
    ありがとうございました
  • 10:59 - 11:02
    (拍手)
Title:
汎用麻酔器
Speaker:
エリカ・フランクル
Description:

手術中に電源を失うとどうなるでしょうか? 光も酸素も、そして麻酔も提供されなくなります。日常的な手術が悲劇に変わるこの現象が世界中で起こっています。エリカ・フランクルが、解決策として「汎用麻酔器」をご紹介します。

more » « less
Video Language:
English
Team:
TED
Project:
TEDTalks
Duration:
11:03

Japanese subtitles

Revisions Compare revisions