Japanese subtitles

← Two Tone Shading

Get Embed Code
3 Languages

Showing Revision 1 created 03/11/2014 by Fran Ontanaya.

  1. まずフラグメントシェーダで
    ピクセルごとの拡散値を計算します
  2. ここではuBordrと呼ばれる変数を使用します
  3. これは拡散成分を計算する代わりに
    次のように変更します
  4. ドット積がuBorderより大きくなる場合diffuseは1.0
    それ以外を0.5とします
  5. 必ず浮動小数点数を使用し 1の時は1.0とします
  6. 実際の画像はこのようになります
    borderのスライダを動かし効果を見てみましょう
  7. 値が負になり影がつかない時は
    max関数の使用を考えるかもしれません