YouTube

Got a YouTube account?

New: enable viewer-created translations and captions on your YouTube channel!

Japanese subtitles

← 01x-04 戦略

Get Embed Code
14 Languages

Showing Revision 3 created 03/11/2014 by Fran Ontanaya.

  1. これまでの戦略は
  2. スタートアップには運営企画と財政モデルがいる
    ということでした
  3. 運営企画とは?事業計画のことです
  4. まず時間をかけて事業計画を練り
    それを実行する
  5. しっかりした事業計画書を書き
    図書館で十分な市場調査をして
  6. 情報を完璧にそろえればいいという戦略でした
  7. そして5ヵ年計画を事業計画書に書き加えれば
  8. あとはこの事業計画を
    実行してくれる人を雇えばいいのです
  9. おかしいことはない?大丈夫です
    これが過去40年間信じられていた戦略です
  10. これが間違いだと分かったのです
  11. 実際に顧客に会ってみればこの事業計画は
    役に立たないと気づくでしょう
  12. スタートアップ当初は予測不可能なのです
  13. 月曜にしていたことが火曜には間違っていた
  14. そして水曜には新発見をして金曜には破産寸前
  15. しかし月曜には持ち直し10億ドルで売却
    ということもあります
  16. スタートアップ当初は浮き沈みが激しく
    予測など不可能です
  17. ですから5ヵ年計画など立てられるわけがないのです
  18. それでも投資家や教育者は見栄えのいい表に
    まとめることが
  19. 重要で不可欠だと考えたのです
  20. 誰も気が付きませんでしたが
    5ヵ年計画が得意なのはソ連です
  21. 結果は皆さんご存知ですよね?
  22. 事業計画と財務予測について私たちは80年間
    誤解していました
  23. ソ連から学んだことは
    最初に事業計画と財務予測を立てることは
  24. 無意味だということです
  25. 顧客が事業計画通りに行動することはありません
  26. 計画する必要はないと言っているのではありません
  27. 計画の前に計画する必要があるのです
  28. つまり計画の方法を考えた上で
  29. 事業計画書を書くのです
  30. 運営企画や予測を立てる必要がないと
    言っているではなく
  31. 事実を検証する必要があると言っているのです
  32. 実態を把握する方法として使用するのは
  33. アレックス・オスターワルダーの
    ビジネスモデル・キャンバスです
  34. 具体的なことはこれからの講義で説明しますが
  35. ここでは2点取り上げたいと思います
  36. まずビジネスのあらゆる仮説を立て
  37. 考えとまとめるために使います
  38. 次にオフィスを出て仮説を事実と照らし合わせます
  39. どのようにするかは後ほど説明します
  40. 仮説を検証するたびに 定期的にキャンバスを更新します
  41. スコアカードのようになり 進歩が分かる仕組みです
  42. つまり運営企画や財務予測を立てる前に
  43. ビジネスモデルキャンバスを使って
    仮説するのです
  44. まずはビジネスモデルを探索し
  45. モデルを選択後 計画書を書きます