YouTube

Got a YouTube account?

New: enable viewer-created translations and captions on your YouTube channel!

Japanese subtitles

← The if Statement

Get Embed Code
6 Languages

Showing Revision 1 created 10/29/2014 by K2480.

  1. こんにちは
    このレッスンではどのようにプログラムが
  2. 条件分岐を行うかについて学びます
    例題を見てみましょう
  3. ここに一般的なエレベーターのパネルがあります
  4. 10階、11階、12階のボタンがあることが分かります
  5. 14階もありますが13階のボタンはありません
  6. 世の中には迷信深い人たちがたくさんいて
    ビルの13階にいたくないからです
  7. 一般に信じられていることとは違い
    13階には秘密の公的機関などありません
  8. 実は13階は存在します
    14階と呼ばれているだけです
  9. エレベーターを制御するソフトウェアは
    人間の弱点のために
  10. 調整を施す必要があります
    Javaではどうするか見てみましょう
  11. 例えば変数floorがユーザによって入力され
    10、11、12、14、15、16などとなります
  12. 実際の階数を計算するには
    条件によって分岐を行う必要があります
  13. Javaではif文を使って分岐を行います
  14. 条件を丸括弧に入れて
  15. この条件が真である時に実行させたい
    条件文を波括弧に入れます
  16. 階数が13より大きい場合は
    1を引いて調整します
  17. 反対に条件が偽の場合は
    この条件文のelse節で
  18. 実行します この場合は何の調整も生じないので
  19. 実際の階数=階の数です 難しくはありません
  20. 重要な部分を復習しましょう
    if文は条件文から始まります
  21. 条件はここに収まり丸括弧で括られます
  22. もし条件が真であれば
    if以降の部分が実行されます
  23. もし条件が偽ならば
    else節以降の部分が実行されます
  24. では練習しましょう
    アジア諸国の中には不吉な数は
  25. 13ではなく14だという国があり
    エレベーターに14階がありません
  26. 万全を期すため一部の資産家は13と14の両方を
    階数から除くそうです
  27. ユーザが選んだ数字が実際の階数に
  28. 変換されるようにプログラムを修正するのが
    次の課題です
  29. そして公的機関の秘密のフロアは存在しない
    ということにしておいてください