Japanese subtitles

← Looking Ahead

Get Embed Code
9 Languages

Subtitles translated from English Showing Revision 1 created 10/26/2012 by Makoto Kimura.

  1. Mozillaの現状: Mitchell Baker理事からの紹介
  2. Mozillaの使命は、インターネットの自由と
  3. 相互運用性を保ち、ユーザーの権利を守ることです。
  4. 我々はこの使命を、自らのデジタルライフを制御できる
    Firefoxのようなソフトウェアを作ることで果たします。
  5. 我々はこの使命を、そんなソフトウェアを支持してくれる
    全世界のボランティアのコミュニティーにより果たします。
  6. インターネットでの生活は変化しています。
  7. もっと多くのデバイスで接続し、
    ブラウザ以外でも様々なアプリ上で活動しています。
  8. 友人や知り合いと交流をしています。
  9. 私たちはウェブを、高度にカスタマイズされた
    個人的なレンズを通して体験しています。
  10. 我々のこれからの挑戦は非常にリアルです。
  11. Mozillaのプラットフォームは、
    この十数年よりも、閉鎖的で集権的です。
  12. 個々として私たちは、巨大で集権的な管理人達の許可無しに
  13. ウェブ上で行動する能力を失っています。
  14. みんな、追跡され記録されカタログにされ
  15. お金にされ、売り物の製品とされます。
  16. 私たちは普遍的なウェブを、
    異なる様々な言葉に分断し眺めてます。
  17. インターネットの体験が変化するにつれ、
    Mozillaもまた変化しています。
  18. 製品も我々が使用するツールも
    拡張し進化しています。
  19. 現在のブラウザは必需品ですが、まだ十分ではありません。
  20. 同様に重要なのは、我々の価値観とMozillianとしての
    アイデンティティーを理解してくれるような
  21. 人々の数を増やしていくことです。
  22. Mozilaには挑戦と、
  23. 影響力を劇的に広げられるチャンスがあります。
  24. 我々には私たちの価値観を、
    新たな生き方に提供するだけの能力があります。
  25. これらのチャンスを抱くことは、変化を抱き
  26. 希望を抱き、決定を抱えることを意味します。
  27. このように我々は、自らのデジタルライフへの
    最終的な権限を人々に与えるため、活動していきます。