Japanese subtitles

← Input events in custom views

Get Embed Code
10 Languages

Showing Revision 6 created 04/26/2015 by Udacity.

  1. カスタムView作成の最後のステップは
  2. 対話性の追加です
  3. キー押下、トラックボールの動作、
    特に画面タッチのイベントなどの
  4. ユーザ入力に対応するイベントハンドラを
  5. オーバーライドすることで
    listenすることができます
  6. Androidは11カ所の接触点までサポートできます
  7. これをjazz hands modeと呼び
  8. 複雑かつ複数の指を使った
    対話モデルを可能にします
  9. 風速計では 対話はまったく必要ありませんが
  10. 入力イベントの扱いについて学べるので
  11. MotionEventの文書や
    開発者用ガイドを確認してください
  12. どちらも下のリンク先で見ることができます
  13. ただし この新しい技術を乱用するのは
    やめましょう
  14. 定義の仕方によっては
  15. 新しいコントロールを
    ユーザが使わないままということもありえます
  16. アプリが使いにくくなる可能性もあるからです
  17. 少なくとも他のシステムと一貫性を保ち
  18. 独自のシステムコントロールは
    作らないようにするべきです
  19. ボタンのような動作をするものを独自に作るより
    既存のボタンを使いましょう
  20. 少しそれましたが このくらいで終わりにします