Japanese subtitles

← 05-11 Using Procedures

05-11 Using Procedures

Get Embed Code
8 Languages

Showing Revision 2 created 07/21/2014 by osawakjvta.

  1. 残念ながらまだ完全なスマイルマークではありません
  2. 数年も経てば私も自動走行車に
    乗れるようになるらしいです
  3. それより関数の実際の使い方について
    まだお話ししていないことが大きな問題です
  4. 関数を実際に使用する前の
    関数の作成について学びました
  5. まだ喜べる状態ではありません
  6. 関数の使い方を学んで笑顔になりましょう
  7. それでは関数の使い方についてです
  8. 関数を使うには関数の名前 それに続く左の括弧
  9. それに続く入力リストが必要となります
  10. 入力の数はいくつでも可能ですが
  11. 関数が要求する入力数と一致しなければなりません
  12. これらの入力はオペランドや引数と呼ばれます
  13. これについては論議せず入力と呼びましょう
  14. これとよく似たことをすでに行っています
  15. レッスン1で文字列にfindを使用することを学びました
  16. findで1つか2つの入力を渡します
  17. 1つ目の入力は文字列つまりその文字列を探します
  18. 2つ目の入力は数値
    つまりその文字列を探し始める位置です
  19. レッスン1では様々な方法でfindを使用しただけでなく
    ホームワークにも使用しました
  20. findは皆さんが定義した関数とは少し異なります
  21. まず初めにこれは組み込みです
  22. その他に異なるのはfindをただ持つだけではなく
    ここに別の入力があることです
  23. findを行う文字列です 変数をpageとします
    これがfindの別の入力です
  24. なぜ別に行われるのかこのあとのレッスンで
    お話ししたいと思いますが
  25. ここにある入力が
    関数を呼び出すこととよく似ています
  26. 別の2つはここです
  27. 少し異なりますがこのコースでは扱いません
  28. あとのコースでこの意味をより詳しく学びます
  29. 自身で定義した関数では
    関数を呼び出すオブジェクトはありません
  30. 呼ぶための関数と
  31. 呼び出して渡す入力があります
    引数またはオペランドと呼んでも構いません
  32. シンプルな関数を使って
    どのように機能するのか確認してみましょう
  33. rest_of_string関数を定義し
    それにパラメータsを与えます
  34. つまり1つの入力で
    その入力の値を参照する名前sを使います
  35. 1つ目の文字から終わりまで返す文字列にします
  36. s[1:]を返すインデックス演算子の文字列を
    使用します
  37. これは削除された1つ目の文字で文字列を評価します
  38. つまり位置1から最後までのすべての文字列です
  39. これが返すものです
  40. ですからrest_of_stringの出力は
    入力文字列の2つ目の文字から
  41. 開始する新たな文字列です
  42. この関数の使い方の例を挙げましょう
  43. 直接関数を呼び出します
  44. print rest_of_stringとします
  45. これが関数です ここで括弧を使い入力を渡します
  46. rest_of_stringの1つのパラメータがあります
  47. 渡すための入力が1つ必要です それは文字列です
    文字列audacityを渡します
  48. このように関数を呼び出すと
    関数の主要部分を直接実行できます
  49. インタプリタが何を行っているのか判断できます
    コードを実行する代わりにインタプリタが作動します
  50. 関数を呼び出すと関数内でコードを直接実行します
  51. パラメータに入力として渡した値を代入します
  52. これをsの値が渡した入力の値になる代入だと考えます
  53. 関数の主要部分を評価します
  54. 唯一の文です
  55. このreturn文の値s[1:]を探します
  56. 結果は文字列udaictyになります
  57. ここでreturnしなければなりません
  58. returnはジャンプするという意味で
    関数を呼び出した場所へ一気に戻ります
  59. しかし実際には結果が分かっています
  60. 何であれジャンプした際評価する値が
    返した値になります
  61. この場合は文字列udacityです
  62. 自動走行車は持っていませんが
    関数を定義し使うことができます
  63. これは本当に強力な概念です
  64. コースで今後行うこと
  65. コンピュータプログラミングで行う中心となるのが
  66. 関数を定義して使用することです
  67. 大きなスマイルマークになりました
  68. 入力を出力に対応づけるという観点で
    関数を考えることができます
  69. 入力を出力に対応づけることは人間にも例えられます
  70. 目を通して入力されます
    口や鼻を通すこともあります
  71. 人間の出力については描きませんが
    関数はこのように重要な概念です
  72. 関数を理解できているか確認するために
    小テストを行います