Return to Video

あなたの国の選挙―国外の人なら誰を選ぶでしょうか?

  • 0:00 - 0:02
    さて皆さんもご存じのとおり
  • 0:02 - 0:04
    直近の大統領選挙の結果は
    以下のとおりでした
  • 0:05 - 0:08
    民主党ヒラリー・クリントン候補が
  • 0:08 - 0:10
    総投票数のうち52%を占め
  • 0:10 - 0:12
    圧勝しました
  • 0:13 - 0:15
    緑の党ジル・スタイン候補
  • 0:15 - 0:17
    差をつけられ19%の得票
  • 0:18 - 0:21
    共和党ドナルド・J・トランプ候補は
  • 0:21 - 0:23
    僅差の14%
  • 0:24 - 0:27
    残りの票は2人の禁酒家で
    取り合いになりました
  • 0:27 - 0:30
    そしてリバタリアン党ゲイリー・ギブソン
  • 0:33 - 0:35
    (笑)
  • 0:35 - 0:39
    さて私が住むこのパラレルワールドは
    どんなものなのでしょうか?
  • 0:41 - 0:43
    実はパラレルワールドではありません
  • 0:43 - 0:46
    実際の世界でありこれは
    世界中の人々の投票結果なのです
  • 0:47 - 0:50
    ここで話を戻し説明しましょう
  • 0:51 - 0:52
    今年6月に私は
  • 0:52 - 0:54
    「Global Vote」を
    立ち上げました
  • 0:55 - 0:58
    「Global Vote」は
    その名のとおりの働きをします
  • 0:59 - 1:00
    史上初めて
  • 1:00 - 1:03
    誰でも世界各地どこにいても
  • 1:03 - 1:06
    他国の選挙に投票できます
  • 1:07 - 1:08
    なぜでしょうか?
  • 1:09 - 1:11
    その心は?
  • 1:11 - 1:13
    では実際にお見せしましょう
  • 1:13 - 1:15
    ウェブサイトへアクセスします
  • 1:16 - 1:17
    きれいなサイトでしょう?
  • 1:18 - 1:21
    そして選挙を選びます
  • 1:21 - 1:23
    我々がカバーした選挙は沢山あります
  • 1:24 - 1:27
    1か月に1件程度を実施します
  • 1:27 - 1:30
    ここではブルガリアとアメリカ
  • 1:30 - 1:32
    国連事務総長選挙
  • 1:32 - 1:35
    欧州連合からの英国脱退選挙
  • 1:35 - 1:38
    興味を持った選挙を探し
  • 1:38 - 1:41
    皆さんが候補者から選びます
  • 1:42 - 1:44
    これは最近の大統領選挙の候補者たちです
  • 1:44 - 1:48
    小さな島国
    サントメ・プリンシペ民主共和国の選挙で
  • 1:48 - 1:50
    人口19万9千人
  • 1:50 - 1:51
    西アフリカ沿岸にあります
  • 1:53 - 1:57
    各候補者の簡単な略歴を
    見ることができます
  • 1:57 - 2:00
    うまく中立に書かれていて
  • 2:00 - 2:02
    情報量に富み しかも
    簡潔に書かれていると願っています
  • 2:02 - 2:05
    これはと思った人に投票できます
  • 2:06 - 2:07
    この候補者たちは
  • 2:07 - 2:10
    アイスランド大統領選挙のものです
  • 2:10 - 2:11
    これがこの選挙の仕組みです
  • 2:13 - 2:18
    さてなぜ他国の選挙に投票する
    必要などがあるのでしょうか?
  • 2:19 - 2:22
    他国の選挙に投票する
    必要がない理由といえば
  • 2:22 - 2:23
    皆さんのお考えのとおりで
  • 2:23 - 2:27
    他国の民主主義への内政干渉になるからです
  • 2:27 - 2:29
    そんなことは目的ではありませんし
  • 2:29 - 2:30
    実現も不可能です
  • 2:30 - 2:33
    なぜなら私が結果を公表するのは
  • 2:33 - 2:36
    各国で有権者が投票した後だからです
  • 2:36 - 2:39
    ですから選挙のプロセスに
    干渉することは有り得ません
  • 2:39 - 2:40
    しかしより大切なことは
  • 2:40 - 2:42
    私が各国の内政には
  • 2:42 - 2:44
    特に興味を抱いていないということです
  • 2:44 - 2:46
    この投票はその為ではありません
  • 2:47 - 2:51
    ドナルド・トランプやヒラリー・クリントンの
    アメリカ国民への公約には
  • 2:51 - 2:53
    率直に言ってまったく関心がありません
  • 2:53 - 2:56
    投票の際にアメリカ人が
    気にすればよいことです
  • 2:56 - 2:59
    「Global Vote」では
    これはほんの一面に過ぎません
  • 2:59 - 3:02
    これらのリーダーが世界中の人々に
    何をしてくれるかが大事なのです
  • 3:03 - 3:06
    これが大事である理由とは
  • 3:06 - 3:09
    耳にたこができる程
    聞かされているように
  • 3:09 - 3:13
    グローバル化し密接に繋がり
    高度に相互依存したこの世界では
  • 3:14 - 3:17
    他国の政治的決断が
    我々の実生活に―
  • 3:17 - 3:19
    影響を及ぼす可能性があり
    事実そうなります
  • 3:19 - 3:21
    それは 誰であろうと
    どこに住もうと同じです
  • 3:22 - 3:24
    蝶の羽ばたきが
  • 3:24 - 3:27
    太平洋の片側で起こっても
  • 3:27 - 3:30
    反対側にも波及し
    ハリケーンを引き起こし得るように
  • 3:30 - 3:33
    今日 我々が住むこの世界と
  • 3:33 - 3:35
    政治の世界において
  • 3:35 - 3:39
    国内外を分け隔てる線引きは
    もはや存在しません
  • 3:40 - 3:42
    どんな小国であっても
  • 3:42 - 3:44
    サントメ・プリンシペ民主共和国でさえも
  • 3:44 - 3:47
    次世代のネルソン・マンデラ
    もしくはスターリンを
  • 3:47 - 3:48
    生み出す可能性があります
  • 3:50 - 3:54
    私たちの共有財産である
    大気や海洋を汚染する可能性や
  • 3:54 - 3:57
    責任ある行動をとったり
    支援してくれる可能性もあります
  • 3:58 - 4:01
    一方で既存のシステムは奇妙なことに
  • 4:01 - 4:04
    グローバル化した現実に
    適応できていないのです
  • 4:04 - 4:08
    リーダー達の影響は強大かつ
    ほぼ世界中に波及するのにもかかわらず
  • 4:08 - 4:10
    ごく少数しか
  • 4:10 - 4:11
    リーダーへ投票できません
  • 4:12 - 4:13
    何人でしたっけ
  • 4:13 - 4:16
    1億4千万人のアメリカ人が
  • 4:16 - 4:18
    アメリカの次期大統領に投票しました
  • 4:18 - 4:21
    一方で残り全ての人類は
    数週間のうちに
  • 4:21 - 4:24
    核爆弾の発射コードが
    トランプに移譲されることを
  • 4:24 - 4:25
    知っています
  • 4:26 - 4:29
    もしこれが全人類に影響がないとすれば
    他の何をもってー
  • 4:29 - 4:30
    そう言えるのでしょうか
  • 4:31 - 4:36
    同様に英国の欧州連合脱退の
    国民投票も
  • 4:37 - 4:41
    投票するのはわずか
    数百万人のイギリス人ですが
  • 4:41 - 4:43
    結果がどちらに転んでも
  • 4:43 - 4:45
    甚大な影響を受けるのは
  • 4:45 - 4:49
    世界中の何億もの人々の生活です
  • 4:50 - 4:51
    しかし投票権を持つ人数はわずかです
  • 4:52 - 4:53
    これは民主主義でしょうか
  • 4:55 - 4:56
    全人類に影響を及ぼす決断が
  • 4:56 - 5:00
    極小人数の集団により
    なされているのです
  • 5:00 - 5:02
    皆さんの意見は不明ですが
  • 5:02 - 5:04
    私にはこれは民主主義とは思えません
  • 5:04 - 5:06
    ですからこれを明白にしたいのです
  • 5:06 - 5:08
    しかし
  • 5:08 - 5:09
    内政には不干渉です
  • 5:10 - 5:13
    候補者に問う質問は2つのみです
  • 5:13 - 5:15
    毎回候補者には同じ質問を
    2つ送付しています
  • 5:15 - 5:17
    第1の問い
  • 5:17 - 5:20
    当選の暁には全人類のために
    何をしてくれますか
  • 5:20 - 5:23
    地球上に住む他国の
    70億人のためにです
  • 5:23 - 5:25
    第2の問い
  • 5:25 - 5:28
    世界における貴国の未来を
    どのように展望していますか?
  • 5:28 - 5:30
    貴国の果たす役割は?
  • 5:31 - 5:33
    全候補者にこれらの質問を送っています
  • 5:33 - 5:35
    全員が返信するわけではありません
  • 5:35 - 5:37
    もし次期米大統領に
  • 5:37 - 5:40
    立候補している人であれば
  • 5:40 - 5:42
    多忙を極めるはずです
  • 5:42 - 5:46
    ですから返信がなくとも驚きません
    しかし多くの候補者が返信をくれます
  • 5:46 - 5:48
    返信率は高まっています
  • 5:48 - 5:50
    単純に返信をくれるだけではなく
  • 5:50 - 5:53
    この上もないほど
    情熱的で熱意ある返信を
  • 5:53 - 5:54
    送ってくれる人もいます
  • 5:54 - 5:57
    セイヴィア・チシンバに
    ついて言及しておきます
  • 5:57 - 5:58
    彼が立候補したのは
  • 5:58 - 6:00
    先日行われたザンビア大統領選挙です
  • 6:00 - 6:05
    2つの問いへの彼の返答は
    18頁に及ぶ論説で
  • 6:05 - 6:09
    ザンビアが世界と国際社会で
    果たし得る役割について
  • 6:09 - 6:11
    彼の展望を述べていました
  • 6:11 - 6:13
    ウェブに上げておきましたので
    どなたでも読めます
  • 6:14 - 6:16
    彼は「Global Vote」に
    当選しました
  • 6:17 - 6:19
    しかし実際の選挙では落選でした
  • 6:19 - 6:21
    そこで私は疑問を抱きました
  • 6:21 - 6:24
    この並外れた人々について
    どうしたものだろうかと
  • 6:24 - 6:27
    「Global Vote」に当選した
    すばらしい人々のことです
  • 6:27 - 6:28
    ちなみに 我々はいつも
    結果を外します
  • 6:28 - 6:29
    我々が選出する人は
  • 6:30 - 6:32
    必ず 国内の有権者が
    選出する人とは違うのです
  • 6:34 - 6:37
    また我々は女性に投票する傾向が
    常にあることも要因でしょう
  • 6:37 - 6:40
    さらにわかるのは
  • 6:40 - 6:43
    国内の有権者はいまだに強く
    国粋主義的な思考をすることです
  • 6:43 - 6:45
    彼らはいまだに非常に国内志向であり
  • 6:45 - 6:49
    「自分は」これでどのように得をするのか?
    と考えます
  • 6:49 - 6:51
    現代にあるべきなのは
  • 6:51 - 6:53
    「我々」のためには
    どちらか?なのに
  • 6:54 - 6:55
    仕方のないことですが
  • 6:55 - 6:57
    ぜひご意見をお聞かせ下さい
    今でなくとも
  • 6:57 - 6:59
    アイデアが浮かんだ時に
    メールを下さい
  • 6:59 - 7:02
    栄光ある敗者達をどうするか
  • 7:03 - 7:04
    (笑)
  • 7:04 - 7:06
    前述のセイヴィア・チシンバ
  • 7:06 - 7:08
    ハッラ・トーマスドッティル
  • 7:08 - 7:11
    彼女はアイスランド大統領選で
    次点となった人です
  • 7:11 - 7:13
    数週前のTEDWomen での
    素晴らしいトークを
  • 7:13 - 7:15
    ご覧の方も多いでしょう
  • 7:15 - 7:18
    彼女は政界ではより多くの女性が
    必要とされていることを話しました
  • 7:18 - 7:21
    サントメ・プリンシペの
    マリア・ダス・ネヴェス
  • 7:22 - 7:23
    ヒラリー・クリントン
  • 7:23 - 7:25
    彼女が参加してくれるかは
    分かりませんね
  • 7:25 - 7:26
    緑の党ジル・スタイン
  • 7:27 - 7:30
    我々はさらに
  • 7:30 - 7:33
    次期 国連総長選もカバーしています
  • 7:33 - 7:36
    ニュージーランド前首相
  • 7:36 - 7:38
    彼はチームの
    素晴らしいメンバーになるはず
  • 7:38 - 7:39
    こういった人々が
  • 7:39 - 7:42
    栄光ある敗者のチームであり
    選挙がある度に
  • 7:42 - 7:43
    世界を駆け回り
  • 7:43 - 7:47
    教えてくれるかも知れません
    現代ではー
  • 7:47 - 7:48
    もう少し外向的な考えが必要で
  • 7:48 - 7:51
    国際的な影響を考える
    必要があることをです
  • 7:52 - 7:54
    次のグローバル投票は何でしょうか
  • 7:54 - 7:56
    明らかに
  • 7:56 - 8:01
    トランプとヒラリーのショーは
    フォローするには少々困難なので
  • 8:01 - 8:04
    他の重要性の高い
    選挙をカバーする予定です
  • 8:04 - 8:05
    実際そのような選挙は増加しています
  • 8:05 - 8:09
    皆さんもお気づきのとおり
    世界では変化が起きています
  • 8:09 - 8:12
    次にやって来る一連の選挙には
    特に高い重要性があります
  • 8:13 - 8:15
    ここ数日のうちに
  • 8:15 - 8:18
    オーストリア大統領選の
    再投票を行います
  • 8:18 - 8:20
    予想ではノルベルト・ホーファー
  • 8:20 - 8:22
    一般的にいわれる所の
  • 8:22 - 8:25
    欧州における第二次世界大戦以降初の
    極右政党の元首となるでしょう
  • 8:26 - 8:28
    来年はドイツですね
  • 8:28 - 8:29
    そしてフランス
  • 8:29 - 8:31
    イラン大統領選 他
  • 8:31 - 8:32
    10以上が控えています
  • 8:33 - 8:35
    重要性は低下するどころではなく
  • 8:35 - 8:37
    さらに重要性を増しています
  • 8:38 - 8:42
    「Global Vote」は
    単独のプロジェクトではありません
  • 8:42 - 8:44
    単体で存在しているのではなく
  • 8:45 - 8:46
    バックグラウンドがあります
  • 8:46 - 8:50
    遡ること2014年に発足した
    プロジェクトの一部でした
  • 8:50 - 8:52
    「Good Country」です
  • 8:52 - 8:55
    「Good Country」のアイデアは
    基本的に単純
  • 8:56 - 8:59
    世界の課題についての
    私の単純明快な分析であり
  • 8:59 - 9:01
    その改善方法なのです
  • 9:02 - 9:04
    世界の課題については
    既にヒントを出しました
  • 9:04 - 9:07
    基本的に我々が直面しているのは
    巨大で増加の一途をたどる
  • 9:07 - 9:10
    強大で実存的な
    世界規模の問題です
  • 9:10 - 9:13
    気候変動や人権侵害
  • 9:13 - 9:17
    大量の移民 テロリズム
    経済の混乱 兵器拡散
  • 9:18 - 9:21
    こういったことは全て
    人類を滅ぼしかねない
  • 9:21 - 9:23
    本質的にグローバル化された問題です
  • 9:23 - 9:28
    各国が単体で解決しうる
    問題ではありません
  • 9:29 - 9:30
    とても明らかなことですが
  • 9:31 - 9:34
    我々は国家として協調し協働して
  • 9:34 - 9:36
    問題解決にあたるべきだということが
  • 9:37 - 9:39
    明白なのにいまだ実行されておりません
  • 9:40 - 9:42
    十分に協調できていません
  • 9:43 - 9:46
    いまだに各国はたいがい
    あたかも互いに戦闘中の
  • 9:46 - 9:51
    利己的な部族のように振る舞います
  • 9:51 - 9:54
    確かに国民国家が登場して以来
    数百年にわたって
  • 9:54 - 9:55
    そうしてきたわけですが
  • 9:55 - 9:57
    これは もう変えなくてはなりません
  • 9:57 - 10:01
    政治体制やイデオロギーを変えるのではなく
  • 10:01 - 10:03
    文化を変えるのです
  • 10:03 - 10:05
    国内思考では
  • 10:06 - 10:10
    世界の問題は解決できないことを
    全員が理解する必要があります
  • 10:10 - 10:14
    より大々的に協力し
    協調することを学び
  • 10:14 - 10:16
    競争をほんの少し減らすのです
  • 10:17 - 10:20
    さもなければ物事は悪化の
    一途を辿り
  • 10:20 - 10:23
    想像以上に急速に悪くなるでしょう
  • 10:24 - 10:26
    この流れを変えるには
  • 10:26 - 10:27
    我々普通の人々が
  • 10:27 - 10:30
    政治家に変化を伝えなければ
    なりません
  • 10:30 - 10:33
    文化は変わったのだと
  • 10:33 - 10:35
    国民の要求は変わったのだ
    ということをです
  • 10:35 - 10:38
    古い時代の要求は単純で1つしか
    ありませんでした
  • 10:38 - 10:41
    権力や権威の座に就けば
  • 10:41 - 10:44
    自国民とごくわずかな自国の領土内に
    対してのみ責任をもてばよく
  • 10:44 - 10:45
    それだけでした
  • 10:45 - 10:48
    そして自国民に対し
    最良のことをなすには
  • 10:48 - 10:51
    地球上の他国を欺く必要が
    ありました これはましな方です
  • 10:51 - 10:53
    少々マッチョな一例ですが
  • 10:53 - 10:56
    現代では権力と責任ある座に就く全ての人は
  • 10:56 - 10:58
    2つの使命を担っています
  • 10:58 - 11:01
    もし権力を有し責任のある
    座にあるならば
  • 11:01 - 11:03
    自国民に対し責任が生じ
  • 11:03 - 11:06
    さらには地球上 全ての男性や女性
    子供や動物に対しても同様なのです
  • 11:07 - 11:10
    自国の領土に対する責任が
    発生する一方で
  • 11:10 - 11:13
    地球上すべての土地と
    その上空のー
  • 11:13 - 11:15
    大気に対しても同様です
  • 11:15 - 11:18
    その責務を担うのを厭うのであれば
    権力の座に就くべきではありません
  • 11:18 - 11:20
    私にとっての現代におけるルールであり
  • 11:20 - 11:24
    政治家に理解させるべきメッセージです
  • 11:24 - 11:27
    それが現代の在り方だということを
    知らしめるべきなのです
  • 11:27 - 11:29
    さもなければ人類が困難に陥ります
  • 11:30 - 11:32
    私自身はドナルド・トランプのー
  • 11:32 - 11:35
    「アメリカ第一主義」に不満は
    ありません
  • 11:35 - 11:37
    政治家がこれまでそう発言し
    恐らくいつの時代だって
  • 11:37 - 11:40
    そういわざるを得ない
    非常に陳腐な声明だとは思いますが
  • 11:40 - 11:44
    当然ですが彼らは自国の利益の
    ために選出された人々です
  • 11:44 - 11:47
    しかし私がつまらなく旧式で
    想像力に乏しいと感じるのは
  • 11:47 - 11:50
    トランプ氏にとっての
    アメリカ第一主義とは
  • 11:50 - 11:53
    他の全ての人々を最後尾に
    追いやることだからです
  • 11:54 - 11:58
    アメリカを再び偉大にするということは
    他者を再び矮小にするということ
  • 11:58 - 12:00
    それは真実とは言えません
  • 12:01 - 12:04
    私は政策アドバイザーとして
    過去20年に渡り
  • 12:04 - 12:07
    国際的なニーズや自国内のそれを
    巧みに調和させる
  • 12:07 - 12:11
    政策の事例を非常に多く見てきました
  • 12:11 - 12:13
    するとさらに良い政策が打ち出されます
  • 12:13 - 12:16
    各国に利他的であれとか自己犠牲的で
    あれと言っているのではありません
  • 12:16 - 12:18
    それは ばかばかしい話で
  • 12:18 - 12:19
    そんな国家はありえません
  • 12:20 - 12:24
    新しい統治のあり方が必要であることに
    目覚め 理解を示してほしいのです
  • 12:24 - 12:25
    それで実行可能で
  • 12:26 - 12:27
    以下2つのニーズに調和的な統治です
  • 12:27 - 12:31
    自国民の福利と
    他国全ての民の福利です
  • 12:32 - 12:34
    英米の選挙以降
  • 12:34 - 12:36
    私がますます感じるのは
  • 12:36 - 12:39
    右派と左派という古くさい線引きの
  • 12:39 - 12:40
    無意味さです
  • 12:40 - 12:42
    この型にはめるのは不可能です
  • 12:43 - 12:45
    現代において本当に大事なことは
  • 12:45 - 12:47
    単純なことです
  • 12:47 - 12:49
    皆さんの世界に対する考え方が
  • 12:49 - 12:53
    国内志向かつ古い考えに
    安心を得るのか それとも―
  • 12:53 - 12:57
    私と同じく 新しい考えで国外に
    目を向けることに希望を得るかという違いです
  • 12:58 - 13:00
    これが新しい政治です
  • 13:00 - 13:03
    世界を真っ二つに分断する
    新しい境界線なのです
  • 13:05 - 13:08
    性急な決めつけに思えますが
    そうではありません
  • 13:08 - 13:10
    多くの人が国内志向かつ古い考えに
  • 13:10 - 13:14
    心の安寧を感じていることに対しての
    理解は私にもあります
  • 13:15 - 13:17
    困難な時代で経済的に苦しい時
  • 13:17 - 13:19
    不安定で弱さを実感している時には
  • 13:19 - 13:22
    人が内向的になるのは自然なことです
  • 13:22 - 13:24
    自分の要求ばかりを考え
  • 13:24 - 13:26
    他者のそれを排除し
  • 13:26 - 13:30
    現在や未来よりも
    過去はすばらしかったと
  • 13:30 - 13:32
    夢想するのかもしれません
  • 13:33 - 13:35
    しかし私はそれを袋小路だと考えます
  • 13:35 - 13:37
    歴史がそれを示しています
  • 13:37 - 13:40
    国内志向となり
    過去をふり返るようになると
  • 13:40 - 13:41
    人類は退化し
  • 13:41 - 13:45
    全ての人にとって
    状況が急速に悪化します
  • 13:47 - 13:48
    でも皆さんが私のように
  • 13:48 - 13:51
    未来と国外へ目を向けることの利点や
  • 13:51 - 13:56
    人類にとって最良なのは
    多様性であることを信じ
  • 13:56 - 13:58
    さらに グローバリゼーションの
    最大の利点とは
  • 13:58 - 14:03
    その多様性と文化の混合を
    活性化させることで
  • 14:03 - 14:06
    人類史上かつて無いほど
  • 14:06 - 14:09
    創造的、刺激的になり
    生産性も向上するのだと信じれば
  • 14:09 - 14:11
    皆さん 我々がやるべき仕事は一つです
  • 14:12 - 14:15
    なぜなら内向き後ろ向きの集団は
  • 14:15 - 14:18
    かつてない程 団結しており
  • 14:18 - 14:20
    国内と過去を志向する信条や
  • 14:20 - 14:22
    恐怖 、不安は
  • 14:23 - 14:25
    原始的な本能に訴えるもので
  • 14:25 - 14:27
    世界を席巻してしまっています
  • 14:27 - 14:29
    私と同様の信念を持ち
  • 14:29 - 14:32
    未来と世界を志向する皆さんは
  • 14:32 - 14:34
    一致団結しなければなりません
  • 14:35 - 14:39
    なぜならタイムリミットは
    刻々と迫っているからです
  • 14:40 - 14:41
    ありがとうございました
  • 14:41 - 14:43
    (拍手)
Title:
あなたの国の選挙―国外の人なら誰を選ぶでしょうか?
Speaker:
サイモン・アンホルト
Description:

他の国の選挙で投票ができたらと願ったことはありませんか?サイモン・アンホルトが、世界中のどこでも誰でもが、地球上のあらゆる国の選挙で投票ができる「Global Vote」について解説します。そしてその結末は驚くべきものでした。

more » « less
Video Language:
English
Team:
TED
Project:
TEDTalks
Duration:
14:55

Japanese subtitles

Revisions