Return to Video

Overview of Monetization Models

  • 0:01 - 0:05
    前回のレッスンでは様々な
    収益化モデルについて話しました
  • 0:05 - 0:08
    では最も人気なモデルで
  • 0:08 - 0:10
    記憶をリフレッシュしましょう
  • 0:10 - 0:15
    まず 広告収入です
    アプリや製品を無料で出しても
  • 0:15 - 0:19
    広告を設置することで
    収入を得ることができる方法です
  • 0:19 - 0:23
    広告収入はウェブでは非常に人気の方法ですが
    これが唯一のモデルではありません
  • 0:23 - 0:25
    では他の一般的な
    お金を稼ぐ方法を見てみましょう
  • 0:25 - 0:27
    一度きりの挑戦的な
    モデルもあります
  • 0:27 - 0:30
    このモデルは
    現実の世界で実物を販売する店での
  • 0:30 - 0:34
    買い物の体験に類似しています
  • 0:34 - 0:36
    お店に行き
    決まった金額を店主に払い
  • 0:36 - 0:38
    例えばTシャツを買って帰るでしょう
  • 0:38 - 0:41
    アプリではこれを2つの方法で
    できるんです
  • 0:41 - 0:43
    1つは定価で課金する方法です
  • 0:43 - 0:47
    ユーザーはお金を払って
    アプリをダウンロードできます
  • 0:47 - 0:50
    もしくは試用期間の後で
    課金する方法です
  • 0:50 - 0:54
    どちらのケースでも2つ
    注意しなければならないことがあります
  • 0:54 - 0:56
    1つ 支払い処理はログインを必要とせず
  • 0:56 - 0:59
    素早く簡単にできること
  • 0:59 - 1:02
    2つめは Stripe PayPal GooglePay
    ApplePayなどの
  • 1:02 - 1:06
    確立された決済システムを使うこと
  • 1:06 - 1:09
    ユーザーが使いやすく一貫性のある
  • 1:09 - 1:10
    支払いフローで処理することができます
  • 1:10 - 1:13
    購読モデルはまた別のオプションです
  • 1:13 - 1:18
    月間または年間単位で販売したい
    サービスがあるときに使えます
  • 1:18 - 1:23
    このモデルが流行った大きな利点は
  • 1:23 - 1:27
    ユーザーの有効期間価値を高めることで
    さらに稼ぐことができるからです
  • 1:27 - 1:32
    使った分だけ支払うモデルだと
    ユーザーも支出を管理できるため
  • 1:32 - 1:34
    より快適に使うことができます
  • 1:36 - 1:39
    最後にアプリ内課金があります
  • 1:39 - 1:43
    最近とても流行している方法で
    2つの主なユーザー嗜好を組み合わせています
  • 1:43 - 1:47
    最初は無料アプリとして使い
    その後 ユーザーが支払う価値があると
  • 1:47 - 1:49
    判断したら課金するシステムです
Title:
Overview of Monetization Models
Video Language:
English
Team:
Udacity
Project:
UD518 - App Monetization
Duration:
01:50

Japanese subtitles

Revisions Compare revisions