Return to Video

11-39 Measure Udacity Solution

  • 0:00 - 0:03
    Pythonインタプリタで関数を定義しましょう
  • 0:03 - 0:05
    measure_udacityと名前をつけます
  • 0:05 - 0:08
    またパラメータにpと名前をつけます
  • 0:08 - 0:14
    やっぱりパラメータにUと名前をつけましょう
    大文字Uを使用します
  • 0:14 - 0:18
    パラメータのごく一般的な名前ではありませんが
    この場合は適切です
  • 0:18 - 0:22
    変数countを挿入して
    その最初の値をゼロに設定します
  • 0:22 - 0:26
    UDACITYのプロパティを満たす
    文字列の数値を把握するため
  • 0:26 - 0:29
    countを使用します
  • 0:29 - 0:33
    そしてUのすべての要素を処理するために
    forループを使用します
  • 0:33 - 0:36
    ここでこの要素を数えるかどうか
    決定する必要があります
  • 0:36 - 0:38
    if文を使用してそれを行います
  • 0:38 - 0:43
    文字列の最初の文字が大文字Uかどうか調べるため
    比較を使用する必要があります
  • 0:43 - 0:46
    もしそうであればcountの値に1を加えましょう
  • 0:46 - 0:48
    もしそうでなければ何も行いません
  • 0:48 - 0:53
    リストの現在の要素であるeのゼロの位置にある値が
    大文字のUであるかどうか
  • 0:53 - 0:56
    調べるために等価性テストを行います
  • 0:56 - 0:58
    もしそうであればcountに1を加えます
  • 0:58 - 1:02
    もしそうでなければ何も行う必要はないので
    elseは必要ありません
  • 1:02 - 1:05
    そしてcountの値を返す必要があるだけです
  • 1:05 - 1:07
    関数をテストしてみましょう
  • 1:07 - 1:12
    最初の例の入力文字列は
    Dave、Sebastian、Katyでした
  • 1:12 - 1:15
    結果は予想どおりゼロになることが確認できます
  • 1:15 - 1:21
    文字Uから始まる2つの文字列で
    2つ目の例を試してみましょう
  • 1:21 - 1:25
    出力された2つ目の値の結果が
    2であることが確認できます
  • 1:25 - 1:31
    Uが混じっている文字列もテストする必要があります
  • 1:31 - 1:33
    4つの文字列を渡します
  • 1:33 - 1:36
    すべてUから始まりますが
    そのうちの2つだけが大文字のUから始まります
  • 1:36 - 1:41
    出力された3つ目の数値の結果も2になるはずです
  • 1:41 - 1:44
    予想どおりの結果になることが確認できます
Title:
11-39 Measure Udacity Solution
Description:

11-39 Measure Udacity Solution

more » « less
Video Language:
English
Team:
Udacity
Project:
CS101 - Intro to Computer Science
Duration:
01:45

Japanese subtitles

Revisions